全国のドクター8,863人の想いを取材
クリニック・病院 160,940件の情報を掲載(2022年1月27日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市城東区
  4. 蒲生四丁目駅
  5. むらた歯科クリニック
  6. 村田 淳 院長

村田 淳 院長の独自取材記事

むらた歯科クリニック

(大阪市城東区/蒲生四丁目駅)

最終更新日:2021/10/21

20211013 198366 top 2

蒲生四丁目駅より徒歩10分。にぎやかな駅前の雰囲気とは異なり、静かな住宅街にたたずむ「むらた歯科クリニック」は、2021年3月にオープンしたばかりの真新しいクリニックだ。やわらかい笑顔が印象的な村田淳院長は、地域の子どもから高齢者まで幅広い年齢層の患者を診療するために、あえて専門に特化せず患者の主訴に合わせて診療に対応している。いつも心がけているのは、丁寧なカウンセリングで患者の思いを引き出して、一人ひとりに合わせた治療を提供すること。近年注目を集めている感染症対策にも力を入れて、医療用の空気清浄装置や口腔外バキュームなども導入して、患者の安全と安心を最優先に考えている。希望に満ちあふれた村田院長に、開院のきっかけから今後の展望まで、話を聞かせてもらった。

(取材日2021年4月6日)

数十年後を見据えて選んだ場所。感染症対策にも尽力

この地で開院を決めた理由を教えてください。

1

私は以前、大阪市や和泉市の歯科医院で7年ほど経験を積みました。歯科医師として一人でやっていける自信がつき開院を検討し始めて、20件以上の候補地を見ました。なかなか「ここだ」と思える場所に出会えずにいた頃、偶然この場所を見つけたのです。この場所を訪れたのは2020年の春くらいで、新型コロナウイルス感染症の影響で緊急事態宣言が発令された時でした。学校が休みになった子どもたちが、目の前の通りで元気に遊んでいる様子を見て、このような時代でも、子どもたちが親元から少し離れて安心して遊べる地域だという部分に惹かれました。そして、20年、30年後を見据えて、患者さんの人生に寄り添えるクリニックになりたいと思いこの地を選びました。開業から約1ヵ月ですが、2歳から90歳代まで、幅広い年齢層の患者さんが通院してくださるのがうれしいですね。

とてもきれいなクリニックですが、設計上でこだわった部分はどこですか?

ありがとうございます。どなたでも通いやすいリラックスできる内装で、歯科クリニックらしくない雰囲気にこだわりました。アットホームなイメージに仕上がるように、壁も木のぬくもりを感じられるナチュラルな雰囲気とホワイトを組み合わせ、ライティングもやわらかい印象に。グリーンも取り入れ、特に設計の方からいただいた大きな鉢植えはお気に入りです。ユニットは3台あり、ユニットに対して空間を広く取っているのもポイント。半個室診療室が2つあるほか、個室診療室はユニークな仕様になっており、椅子が90度回転する上にテーブルが出てきて、患者さんが座ったままモニターを見ることができます。お子さんにも好評ですよ。

感染症対策にも力を入れているそうですね。

2

そうですね。近年注目を集めている感染症対策には、特にこだわっています。例えば、医療用の空気清浄装置を導入しており、空気中に浮遊しているさまざまなものを除去し、クリーンな空気を維持できるようにしています。この機械の働きのおかげで、当院では歯医者特有の薬品のにおいがしないと思いますよ。新型コロナウイルス感染症の影響もあり、現在もこれからの時代も換気は大切なポイントになります。ほかにも、口腔外バキュームを導入し、治療中に出る細かい粉塵をしっかりと吸引して、清潔な環境を保てるように心がけています。ほかにも、治療に使用する医療機器は高圧滅菌処理を行って付着した細菌の滅菌も徹底していますので、ご安心いただければと思います。

患者一人ひとりに合わせた治療を提供

患者さんと接する際に、大切にしていることを教えてください。

3

患者さんが理解して、納得してくださった上で治療を進めることです。もし仮に、歯科医師本位で治療を進めてしまうと、患者さんにとって「何々をされた」という気持ちになってしまいますよね。そうならないためにも、まずはきちんとエビデンスに基づいた治療の進め方をご説明して、正しい情報を伝えるようにしています。その後、患者さんのご要望を伺いながら、私自身の知識や経験に基づくアドバイスをすることも。もちろん、そのためにも、常に自分の知識や技術をアップデートし続けるようにしています。理想としては30分予約を取っていただき、ご説明だけで終わっても良いくらい。お子さん場合、保護者の方にも同席していただき、私がどのように説明をして、対応をしているのか見て安心してもらえたらうれしいです。

先生の診療に対するポリシーは何でしょうか?

勤務医時代にお世話になった院長先生が「誰に対しても、同じ治療をするな」と教えてくださいました。学校や一般的には「誰に対しても同じ治療をしなさい」と教えられるイメージがあると思いますが、その逆。しかし、この教えが今の自分の「軸」になっています。患者さん一人ひとり歯科治療に対する興味や、求めている治療の度合いが異なります。例えば、歯科に対する興味や求めている治療が5の患者さんに対して、10では多すぎますよね。逆に10の患者さんに対して5では足りません。そのためにも、教科書どおりに決められた治療を行うのではなく、私自身ができる限り幅広い知識を吸収して、その内容をかみ砕いてご説明して、いろいろな選択肢の中からご自身に合う治療を選んでいただくように努めています。

スタッフ間での連携も大切にされていると伺いました。

4

私の妻も当院で一緒に勤務しており、歯列矯正を中心に治療を行っています。ほかにも、お子さんの定期検診などにも携わり、ゆっくり経過をみても構わない症状に関してはそのまま担当してもらい、口腔外科などの視点が必要な場合は、私が治療を行います。まだ、オープンして間もないのでいろいろ考えている最中ですが、今後は2人体制を有効活用して、上手に診療を進めていきたいですね。信頼できるスタッフがいるのも、当院の魅力だと思っています。歯科で勤めていた経験者のほかに、接客の現場で経験を積んだスタッフもいるので、患者さんに対する接遇面も安心して任せられています。私がスタッフを指導するというより、みんなから教わることのほうが多いですね。

患者の一生に寄り添うクリニックをめざして

歯科医師として、やりがいを感じる時はどんな時ですか?

5

私自身、歯科医師として働き始めて3~4年目くらいから、この仕事が楽しいと思えるようになりました。ちょうど自分一人の力である程度の治療ができるようになったタイミングですね。この仕事の魅力は、患者さんの喜びをダイレクトに感じられることでしょうか。ほかにも、お子さんを担当する場合、保護者の方から信頼していただき「私が言っても聞かないので、先生から言ってください」などと頼られると、信頼されているという実感がわきます。このようにご家族の中に自分の存在が入り、ご家族の成長を支えていけたらうれしいですね。

今後の展望を教えてください。

まだ開業して1ヵ月ほどですが、おかげさまで地域の幅広い年齢層の患者さんに来ていただいています。私自身が開院に踏み切ったのは、患者さんの一生に関わっていきたいと思ったからです。例えば勤務医の場合、同じ患者さんをずっと担当することはできません。小学生だったお子さんが大学生、社会人になり、結婚してお子さんができた時も主治医として親子2世代を診る。一度インプラントを入れた患者さんをずっと担当して、メンテナンスを続けることも、自分が開業したクリニックならかなえられるでしょう。このように人生に寄り添う歯科クリニックになることが目標。あとは、院内にまだ使用していないカウンセリングルームなどもあるので、今後うまく活用する予定です。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

当院は今年3月にスタートしたばかりの新しいクリニックです。これからたくさんの患者さんと出会い、地域に根差したクリニックになっていきたいと思っています。当院の治療はしっかりしていますが、歯科医師もスタッフも人と接するのが好きでアットホームな雰囲気ですよ。「何年も歯科に行っていなかった」「昔、歯科で怖い思いをしたから行きづらい」と悩んで二の足を踏んでいる方も、まずはお話だけでも構いませんので、ぜひ気軽にご相談ください。当院はあえて専門に特化せず、幅広い治療に対応しているのも特長です。お子さんからご高齢の方まで、皆さんが通えるクリニックとして、地域の患者さんと一緒に長い年月を歩み続けていきたいと思っています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

歯列矯正/70万円~、インプラント治療/40万円~

Access