全国のドクター8,912人の想いを取材
クリニック・病院 161,010件の情報を掲載(2021年12月04日現在)

  1. TOP
  2. 福岡県
  3. 糸島市
  4. 筑前前原駅
  5. べっぷ内科クリニック
  6. 日帰りで大腸ポリープ手術も可能患者の負担を軽減した内視鏡検査

日帰りで大腸ポリープ手術も可能
患者の負担を軽減した内視鏡検査

べっぷ内科クリニック

(糸島市/筑前前原駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療

大腸がんが男女ともに悪性腫瘍の死因の上位を占めるようになり、早期発見の重要性がより一層高まっている。そんな中、「べっぷ内科クリニック」では患者の負担を軽減するために、鎮静剤を用いた苦しさを軽減した検査を実施している。これまでは検査への不安や苦痛から足が遠のきがちだったが、ウトウトしたリラックスした状態でポリープ治療も終えられるといい、「以前受けた検査が痛くて二度と受けたくないと思っている方ほどお勧めします」と別府孝浩院長。人目を気にせずに済む個室の前処置室も設け、患者の心理面にも配慮しているという。しかも大腸ポリープの日帰り治療も可能とあれば、気持ちが少し前に動く人も多いはずだ。そんな同院の大腸内視鏡検査の流れについて詳しく聞いた。

(取材日2021年3月30日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q大腸内視鏡検査の対象となる方を教えてください。
A

健康診断で便潜血検査が陽性になられた方や血便のある方が対象となります。その他、急な便秘、便が細くなった、おなかが張る、腹痛、下痢、体重減少などの症状のある方は一度検査をお勧めします。このような症状のある方の中には大腸がんがみつかることがあるので注意が必要です。さらにご兄弟やご両親などで大腸がんの方がいらっしゃる方は、40歳頃から大腸内視鏡検査を受け始めることをお勧めします。大腸がんの発症には遺伝的な背景もあるからです。また、初期の大腸がん、大腸ポリープは症状がでないこと、便潜血検査が陰性である場合もあることから、早期発見のためには無症状でも継続して検査を受けることをお勧めします。

Q大腸ポリープができると、どんな症状があるのでしょう。
A

隆起した病変のことをポリープというのですが、その中でも良性と悪性に分かれます。ポリープは小さなうちはまったく症状がありませんが、2cmくらいになると、腸の中でこすれて出血することがあり、血便につながります。一般的には、ポリープが1cmを超えるとがんの確率が急に高くなり、2cmだとその確率はさらに上がります。大腸がんには、最初は良性のもの、または最初からがんのものといった、2種類の発生の仕方があるといわれています。一般的に大腸ポリープはサイズが大きくなるとがん化し、早期がんから時間経過で壁の深くに浸潤していき進行がんとなることが知られています。進行したがんでは腹痛、血便などの症状が出たりします。

Q大腸内視鏡検査は、つらい、痛いというイメージがあります。
A

検査前の処置として、大量の下剤を飲まなければなりません。それが大腸内視鏡検査へのハードルを上げている要因だと思うのですが、当院ではリラックスした状態で飲んでいただけるよう、トイレつきの前処置室を3部屋用意しています。個室なので感染症対策にもなりますし、人の目を気にせず、ゆったりとした気持ちで過ごしていただけるよう工夫しました。痛みや苦しさなどに不安を持っている方もおられるのですが、鎮静剤を用いた内視鏡検査はウトウトと眠ったような状態で受けられるのが特徴。さらに内視鏡検査の送気を体に吸収されやすい炭酸ガスで行うので、検査後、治療後のおなかの張りがほとんどありません。

検診・治療START!ステップで紹介します

1予約して受診

大腸内視鏡検査を受けるには、事前に医師の診察が必要。まずは電話もしくはインターネットで受診予約をする。受診の際は不安なことや、既往歴や飲んでいる薬、体調で気になる点など、小さなことであってもしっかりと伝えよう。その上で、医師と検査日程を決める。検査に関する注意事項を受け、最後に前処置の下剤と検査食を受け取る。便秘がひどい場合は、検査前日ではなく、数日前から下剤を飲み検査に備えることもある。

2検査当日、前処置室で準備

リラックスできるホテルのような内装の個室で腸管洗浄液(下剤)の服用開始。消化管洗浄液は2リットル用意されているが、一般的には1‐1.5リットルくらい服用した時点で腸管内がきれいになり、検査を開始できるそう。トイレつきの個室なので、周りの人を気にせずテレビや本を見ながらゆっくり過ごせる。前処置に要する時間はおよそ2時間なので、朝9時来院の場合、遅くとも昼前には検査に入ることができるという。

3大腸内視鏡検査開始

検査では鎮静剤を使用。体格や緊張の度合いを考慮し鎮静剤の量を調整していく。安全に検査が進められるように呼吸、血圧や脈拍などのバイタルサインもモニタリングする。同院では高解像度のカメラとモニターで大腸内部を鮮明な画像で観察できるうえに、特殊な光で病変を拡大観察でき質的診断が可能という。ポリープがあった場合は治療も一緒に行えますので、検査と治療が一度で終えられます。検査のみであれば15分前後で終了。

4リカバリールームで休憩

カーテンで仕切られたリカバリールームで休憩。目が覚めるまで十分に体を休める。早ければ検査終了から30分程度だが、鎮静剤を使用していることから体のためにも1時間くらいしっかり休憩するのが望ましい。少しでも体の不調を感じる場合は、遠慮せず看護師に伝えること。また、鎮静剤を用いた検査後は、当日中の車や自転車の運転は控え、家族による送迎やタクシー、公共交通機関を利用しよう。

5診察室で検査結果の説明を受ける

リアルな検査画像が映し出されたモニターを見ながら、病変の有無や、摘出したポリープなど検査結果、生活上の注意点について詳しい説明を受ける。ポリープの切除や病変採取を行った場合は、3‐4週間後に病理検査結果がわかるそう。次回行うべき検査時期もその日に伝えられる。万が一、がんなど専門機関での処置が必要となる病気が見つかったケースでは、最寄りの連携病院が紹介される。

ドクターからのメッセージ

別府 孝浩院長

内視鏡検査は、鎮静剤の使用と検査機器の進化、体に負担をかけにくい手技のおかげで、以前より楽に検査を受けられるようになったと思います。2019年の厚労省の統計では、大腸がんは女性の悪性腫瘍の死因の1位で、男性では3位と死因の上位となっており誰もが注意すべき疾患です。がんへの進展を予防するためには、やはり早期発見が大切。鎮静剤を用いた検査をまだ受けられたことがない方は一度お試しください。これまでの「痛い」「苦しい」といったマイナスイメージが変わると思います。大腸がんはポリープや早期がんの段階で対きちんと対処すれば、決して怖い病気ではありません。ぜひ多くの方に大腸内視鏡検査を受けてほしいと思います。

20210409 dr
Access