全国のドクター8,910人の想いを取材
クリニック・病院 160,934件の情報を掲載(2021年10月27日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 吹田市
  4. 千里丘駅
  5. きくち皮ふ科クリニック
  6. 菊池 麻衣子 院長

菊池 麻衣子 院長の独自取材記事

きくち皮ふ科クリニック

(吹田市/千里丘駅)

最終更新日:2021/10/12

20201201 197106 top

JR千里丘駅西口より徒歩約10分。クリニックが集まっているグランドセンター千里丘の2階にある「きくち皮ふ科クリニック」は2020年10月に新規開院したクリニックだ。院長を務める菊池麻衣子先生は大学病院や地域の基幹病院から地域のクリニックまで豊富な経験を持つ日本皮膚科学会認定皮膚科専門医。症状の重い皮膚疾患から、日々の小さな症状、さらには美容皮膚科まで皮膚のことならなんでも相談してほしいと話すドクターだ。プライベートでは一児の母として子育てにも奮闘している菊池先生。人を温かく包み込むような優しい笑顔が印象的な菊池先生に、クリニックの展望や治療方針について話を聞かせてもらった。

(取材日2020年11月10日)

皮膚疾患に悩む人がホッとする空間をめざして

開院おめでとうございます。優しい色合いで居心地の良いクリニックですね。

20201201 1

ありがとうございます。クリニック開院にあたり「ここにきたらホッとする」という空間をつくりたいと思いました。医療機関はできれば行きたくないところだと思いますが、同時に悩みを解消する場所でもあると思います。悩みを抱えて、時には勇気を出して来てくださる人を、温かくお迎えする場所でありたいという気持ちが大きかったので、クリニックロゴの黄色に合わせて優しい色合いでまとめてコーディネートしました。クリニックまではエレベーターをご利用いただけますし、院内はすべてバリアフリーです。トイレも広くとってありますので、車いすやベビーカーでの来院もお気軽にどうぞ。

千里丘は先生にとって所縁のある場所なのですか?

実は、私は秋田の出身で、弘前大学を卒業した後は大学病院や青森県立中央病院で皮膚科の医師として勤務していました。結婚を機に大阪へ引っ越し、産後は吹田市で暮らして子育てもしていますので、この辺りは自分にとっては第3の故郷になっていく場所だと思っています。引っ越してきた当初は「本当に“あめちゃん食べる?”ってあめをくれるおばちゃんがいるんだ!」とか、お店の店員さんとお客さんが世間話をしている姿を見て「知らない人同士なのに、なんであんなに話が続くんだろう?」なんてカルチャーショックもありましたけれど(笑)。今ではそういった人の温かさに助けられているなと、とても居心地良く感じています。

クリニックを開院しようと思ったきっかけはなんですか?

2

大学卒業後は、大学院で研究にも携わっていました。けれど、私はやっぱり臨床が好きだという気持ちが強く、それは変わることがありませんでした。患者さんにお会いして、診療をしていくことが皮膚科医としての自分の生きがいだと感じていましたし、子どもに恵まれたこともあり、仕事をしながら子育ても大切にしたいと思うようになりました。限られた時間の中でどちらも両立していくには、自分のペースで自分が大切にしていることを伝えられる場所が必要だと考えました。自分のクリニックを持ちたいと思っていた時にこの場所に出会い、思い切って開院を決めました。

焦らず時間をかけ、患者との信頼関係を構築する

先生が医師をめざしたのはなぜですか?

3

私がめざしたのは、医師というよりも皮膚科の医師なんです。というのも、私は小さい頃アトピー性皮膚炎がとてもひどかったんです。そんな私をなんとか治したいと、母は私を連れてたくさんの病院を受診したり、さまざまな民間療法を試したりしてくれたほどでした。それでもなかなか良くならず、年頃になれば友人の目が気になったり、男子にからかわれてつらい思いをしたこともあります。アトピー性皮膚炎は命を脅かすものではないけれど、かゆみで夜も眠れないことがありますし、見た目によるストレスも非常に大きい疾患です。だから私は皮膚科の医師になって、そんなつらい思いをしている人の助けになりたいと思いました。

そんな先生が、診療の際に大切にしていることはなんですか?

よく話を聞くこと。そして、私自身はぶれることなく、大切なことをしっかりとお伝えすることですね。たとえ同じ症状であっても、患者さんの思いはさまざまです。気にしている人、気にしていない人、痛みや不快感がなくなればいい人、美容的な面まで気になる人など、千差万別なんです。時には、患者さん本人であるお子さんと引率されるご両親の間にも治療に関する温度差があることもあるくらいなんですよ。だから、まずは患者さんの本当の声に耳を傾けていくことが大切だと思っています。皮膚科は1回来て終わりという診療科ではなく、長くお付き合いすることも多いですので、焦らず時間をかけ、患者さんとの信頼関係を構築していくことを大切にしています。

治療について患者さんとの温度差を感じた時、先生はどうやって解決していくのですか?

20201201 4

私は、1回の治療ではすべてを解決することはできないと思っています。皮膚疾患の中には原因がはっきりしないものも多く、慢性的なものも少なくありません。治療の過程でもいろいろなことがありますので、特にアトピー性皮膚炎などでステロイドの外用剤を使いたくない患者さんなどは「私とは合わない!」と思われる場合もあるかもしれません。そんなときは、まずは患者さんがなぜそう思っているのか話を聞くようにします。その上で、私の考えや治療方針もきちんと説明して、時には私の経験をお話しすることもあります。そうやってお話ししたことが、別の治療を求めて当院を離れることになったとしても、患者さんの中に小さくでも残ってくれたらいい。そして、いつか困った時に「あの先生がこんなこと言っていたな」と次の治療に向かうきっかけになってくれたらいいなと思います。

アトピーに悩んだ経験を生かし、患者の味方でありたい

皮膚科を受診するタイミングはどんな時ですか?

5

どんな時でもいいんですよ。かゆい、痛い、赤い、ブツブツができた……いろいろありますが、自分が気になったら、それがひどくてもひどくなくてもいいんです。受診いただくことで解決したり、心が軽くなったりするのであればそれでいいんです。ご来院いただいた患者さんに対して「たいしたことないんだから来なくてもいいのに」なんて思いません。だから「これは困ったぞ」「気になるぞ」と思ったら、気軽に来ていただけるとうれしいです。間違った自己ケアを繰り返したことで症状がひどくなってしまうと、治るまでに時間もかかってしまいますし、何よりも毎日憂鬱な気持ちになってしまいます。どうぞ、気軽に相談に来てください。

わが子の皮膚疾患に悩むご両親にメッセージはありますか?

愛するわが子の皮膚のことですから、思い悩んでしまう気持ちはよくわかります。しかし、そのことに夢中になりすぎないでほしいなと思います。薬のこと、食事のこと、生活習慣のことなど、もちろん気をつけなくてはいけないことはありますが、完璧を求めすぎて、大きすぎるプレッシャーを抱えてしまっている様子を見ていると心が痛みます。私自身も皮膚疾患で悩んでいたのですが、治療を熱心に探してくれる母を見て「ありがたいな」という気持ちと同時に「こんなにしてもらっているのに、治らなくて申し訳ないな」という気持ちがどこかにありました。ですから、親子だけの世界に閉じこもらず、私たち皮膚科を上手に使ってほしいんです。私たちは敵ではなく、きっと味方になれると思います。

それでは最後に、地域の皆さんにメッセージをお願いします。

6

皮膚疾患のほとんどは、ただちに命を脅かすものではありません。しかし、かゆみで眠れない夜はつらいものですし、見えやすい部分の症状はもっとつらいものです。私がアトピー性皮膚炎に悩み、時には涙を流したように、どこかで皮膚のことで悩んでいる人がいたら、心からその人の力になりたいと願っています。一人で悩むことなく、当院に足を運んでいただき、なんでもご相談いただければと思います。これから地域の皆さんにとって「気軽になんでも相談できるクリニック」になっていきたいと思っています。どうぞ末永くよろしくお願いいたします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

Qスイッチレーザーを用いたしみのケア/5000円(0.5cmまで)~

Access