全国のドクター9,182人の想いを取材
クリニック・病院 158,625件の情報を掲載(2024年4月25日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 茨木市
  4. 茨木市駅
  5. 広田歯科クリニック
  6. 廣田 陽平 院長

廣田 陽平 院長の独自取材記事

広田歯科クリニック

(茨木市/茨木市駅)

最終更新日:2023/04/28

廣田陽平院長 広田歯科クリニック main

阪急京都線茨木市駅より西へ300mほどの場所に、「広田歯科クリニック」はある。シックなトーンの壁にシルバーの文字が特徴的な外観は、一見すると高級な洋菓子店や宝飾店のようなたたずまいだ。院内もすべての空間がゆったりと造られており、落ち着いた雰囲気が広がっている。「お気に入りのショップに服を見に行くように、格好良い歯医者に歯をきれいにしに行く。僕はこの歯科医院をそういう場所にしたいんです」と話しながら豪快に笑うのは廣田陽平院長。きらきら光る大きな目と鋭いトークが持ち味の廣田院長に、同院の特徴や今後の展望などを話してもらった。

(取材日2020年10月30日)

「歯医者に行くぞ」と気負う必要がない歯科医院

まるで宝飾店のような、高級感のある歯科医院ですね。

廣田陽平院長 広田歯科クリニック1

ありがとうございます。「歯科医院を開業するならこだわりたい!」と思ってきましたので、この歯科医院には僕のこだわりがたくさん詰まっているんです。僕は歯科医院を「怖いけど行かなくちゃいけない」という場所から、もっと気軽に行く場所になってほしいと思っています。例えば、別に目的がなくてもふらっと好きなショップに立ち寄って服を見ますよね? まさにその感じをめざしています。ですから、外観にもこだわりました。格好良い外観だったら、「良い治療をしてくれそう!」と患者さんに思ってもらえるんじゃないかと考えてのことです。ただ、この外観にしたため、何をやっているところかわかってもらえていない可能性もあるので(笑)。皆さんに歯科医院だと認知していただくための取り組みにも注力しています。

院内で特にこだわったところを教えてください。

待合室や診察室など、それぞれのスペースの広さにこだわりました。当院は働き世代の方が多く受診されていますが、車いすの方やご高齢の方も気軽に来ていただけるようにスペースを広く、バリアフリー設計にしたのです。また、お子さまをお連れの方も気兼ねなく受診できるように、キッズスペースも用意したんですよ。それと同時にプライバシーも確保したかったので、パーティションは高めにしました。廊下や待合室から、診療中の姿が見えないようになっています。地域のクリニックですから、知り合いや顔見知りに出会うこともあると思いますが、治療に関することは大事なプライバシー。そこには細心の注意を払って、患者さんが嫌な思いをしないように工夫してあります。

得意な分野はありますか?

廣田陽平院長 広田歯科クリニック2

開業前に大阪歯科大学の保存修復科に在籍し、診療と研究、そして教育に従事していたことから、審美歯科やレーザー治療、スポーツ歯科を得意としています。また、一般歯科や小児歯科がメインの歯科医院での勤務経験もありますので、保険診療から自費診療まで幅広く対応できることが強みですね。当院は一つの分野に特化するのではなく、何でも相談できる「よろずや歯科医院」をめざしています。「奥歯が痛い」でも「歯の着色が気になる」でも、どんな理由でも大歓迎です。なんなら「暑いから涼みに来た」でも大丈夫。そのついでに「歯を診てもらおう」となればなお良いのですが、何も「歯医者さんに行くぞ」と気負って来る必要はありません。小さなお子さんからご高齢の方まで、いろいろな方が来ていただけたらうれしいです。

患者に魅力的だと思ってもらえる歯科医師になりたい

診療の際に大切にしていることは何ですか?

廣田陽平院長 広田歯科クリニック3

ちゃんと話をすることを大切にしています。僕は患者さんのためにならないことはしないように心がけているので、伝えるべきことははっきり言います。また、患者さんの疑問や不安に対して、納得していただけるまで丁寧にお話しすることも徹底しています。もちろん、押しつけにはならないように。どんな治療でも最後に選ぶのは患者さん自身であるべきだと思うので、どんな時でも選択肢は複数提示しています。それぞれの選択肢のメリット・デメリットについて、何度でも説明させていただきますので、気になることがあれば何でもお聞きください。僕たちの仕事は患者さんの「こうなりたい」をサポートすること。それを忘れないように、これからも努めてまいります。

患者さんに接する際に、気をつけていることはありますか?

身だしなみを整えることですかね。不潔な料理人が作る料理は食べたくないし、身なりに気を使っていない美容師に髪を切ってもらいたいたくないように、歯科医師もそれと同じだと思っています。歯は顔の中心にあり、その人の印象を左右するような場所。その部分を任せるわけですから、僕だったら清潔感のある、「この人だったらきれいな歯にしてくれそう」と感じられる人に診てもらいたいです。説明だって、暗くて何を言っているのかわからない人より、明瞭で快活な人のほうが理解しやすいかもしれません。内容も大切ですが、まず「この人の話を聞いてみたい」と思われる人になることが大切ですから、患者さんにとって魅力的な歯科医師をめざし、努めています。

セカンドオピニオンや予約のない患者さんにも積極的に対応されているそうですね。

廣田陽平院長 広田歯科クリニック4

「歯医者は予約が取りづらい」という話をよく聞きます。もちろん、時間には制限がありますし、歯科医院のマンパワーにも限界はあります。でも、当日かかってくる電話は、急いで診てほしいからかかってくるのではないでしょうか。頭が痛くてしょうがないというとき、内科で受診を断られるなんてあまり聞きませんよね。同じように、歯科医療でも当日の受診を断られることがないようにしたいんです。だから、当院では患者さんをお断りすることは基本的にありません。もちろん予約の方が優先となるのでお待ちいただくことになりますが、患者さんが困っているのであれば、僕はできる限り対応したいです。また、「予約したけれど都合が悪くなって行けなくなった」ということもあるでしょう。そんな時は空いた時間で他の方を診てあげられることもあるので、行けないとわかった時点で気兼ねなくご連絡くださいね。

患者にとって「地域のお気に入りの場所」をめざして

先生が歯科医師をめざしたのはなぜですか? また、いつ頃からでしょうか?

廣田陽平院長 広田歯科クリニック5

父も兄も歯科医師なんです。でも、一度も父に「歯医者になれ」と言われたことはありません。それどころか、僕自身は小学生の頃からプロ野球選手をめざしていました。幼い頃から大学までずっと野球を続けており、高校時代には大学のスカウトに声をかけていただいたこともあります。ですが、いざ大学へという段階で自分の人生を真剣に考えたところ、野球で生計を立てていく難しさに不安を抱くようになりました。そんな時、父の職業である歯科医師の道を考えるようになったのです。高校時代は勉強をサボったこともあり浪人生活を送ることになりましたが、今となっては良い思い出。野球で学んだ「チームワークの大切さ」を、患者さんに提供できるよう精進していきます。

歯科医師として、今のやりがいはなんですか?

歯科医師は本当に良い仕事だと思うんですよ。自分の仕事の結果を、患者さんを通して実感することができますし、何よりもお金を頂いているのに「ありがとう」と言っていただける。そんな仕事、そんなにたくさんはないでしょう。さらに、日々多くの患者さんに出会い、さまざまな考え方、感情、愛情にふれながら仕事ができる。年齢も性別も関係なく、それこそお子さんからご高齢の方まで、治療を通して笑顔を交換できるこの仕事が僕はとても好きです。だから、この地域に根づいて、この地域の人々にとって頼れる場所になりたいと思っています。ちなみに、この場所は僕の祖父母が自動車整備工場を営んでいた場所なんです。場所だけではなく、地域の人々のことを大切にしながら働いてきた祖父母の思いも引き継ぎながら、日々診療にあたっています。

それでは最後に、皆さんにメッセージをお願いします。

廣田陽平院長 広田歯科クリニック6

一人でも多くの患者さんに来ていただきたいです。子どもから大人まで、誰でも大歓迎ですよ。新型コロナウイルスの流行もあったので、歯科医院の受診を敬遠している方もいらっしゃると思いますが、当院ではクラスBオートクレーブという滅菌器やディスポーザブル品を使用して、衛生管理を徹底しているので安心して受診していただけるでしょう。虫歯や歯周病に悩む人、審美歯科に興味がある人などお口の悩みがある人はもちろん、今は何の悩みもない人も散歩のついでに気軽にいらしてください。僕は当院を皆さんにとって「地域にあるお気に入りの場所」の一つにしたいと思っています。怖くない、痛くない、楽しく話ができる歯科医院をめざし頑張っていくので、どうぞよろしくお願いします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

オールセラミッククラウン/8万円~、ホワイトニング/1万5000円~

Access