全国のドクター9,350人の想いを取材
クリニック・病院 161,011件の情報を掲載(2021年3月03日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 松戸市
  4. 北小金駅
  5. なないろ歯科クリニック
  6. 七條 優理子 院長、七條 正清 理事長

七條 優理子 院長、七條 正清 理事長の独自取材記事

なないろ歯科クリニック

(松戸市/北小金駅)

最終更新日:2020/10/30

195400 top

北小金駅から車で7分の場所にある「なないろ歯科クリニック」。七條優理子院長と七條正清理事長が、夫婦で2020年に開業したクリニックだ。あらゆる年代に向け、幅広い治療を提供している。正清理事長は、インプラントの治療経験が豊富ではあるが、患者に治療方法を押しつけず、「治療のメリットもデメリットもお伝えします。決めるのは患者さんです」と話す。優理子院長は小児歯科を得意としている。「嫌な思いをして帰ってほしくない」との想いから、院内には子ども向けの工夫が盛りだくさんだ。「身構えずに、もっと気軽にクリニックを利用してほしい」と話す優理子院長と正清理事長に、同院ならではのインプラント治療の特徴やこだわりの院内レイアウトについて話を聞いた。
(取材日2020年10月16日)

「高い技術力」と「優しさ」お互いが感じる魅力とは

先生はなぜ歯科医師をめざしたのですか?

1

【優理子院長】大学卒業後は臨床検査技師として勤務していたんです。歯科医師をめざすきっかけになったのは社会人になってから受けた矯正治療。「何で歯って動くんだろう」という興味から、歯や骨の仕組みに興味を持ちました。出身が東京医科歯科大学ということもあり、歯科医師の友人が多く「歯科」が身近だったのも影響していたのかもしれません。歯科への興味が高まり、広島大学に入りなおしたのが、歯科医師への第一歩でした。
【正清理事長】両親が医療に携わっていたことと、手先を使うことが好きだったからです。歯科医師をめざす前は柔道の選手になろうと思っていたんですよ。しかしオリンピックの選手との合同合宿で、力の差を思い知らされました(笑)。歯科医師を選んだのは正解でした。歯科医師歴20年になった今も歯科治療への興味は色あせることなく、技術力もアップし進化し続けていると実感しています。

院長のこれまでのご経歴を教えてください。

【優理子院長】大学卒業後、日本大学松戸歯学部で1年間の研修を経て、一般の歯科クリニックに就職しました。勉強熱心なクリニックで、テレビ番組でも取り上げられたほどです。診療後のミーティングでは、あらゆるテーマや症例について日々勉強会が行われました。治療計画の立て方やチーム医療の考え方を学べたのも、新人だった私には貴重な経験です。出産をきっかけに退職し、子育てがひと段落したところで他院に就職。一般歯科に広く携わった後、2020年に夫である理事長と一緒に開院しました。

ご夫婦で開院されたんですね。お互いが感じる「先生の魅力」をお聞かせください。

2

【優理子院長】理事長は幅広く診療に対応できて、しかも丁寧なんです。テクニックを要する根管治療もスピーディーで仕上がりもいいです。
【正清理事長】何事も中途半端で終わらせない、意志の強さと探究心が院長の魅力です。歯科治療の現場でも、うまくいかないからといって放置するようなことはありません。必ず改善策を見つけ出して実行しています。深い「優しさ」も持っていて、患者さん皆さんに丁寧に接しています。院内の温かい雰囲気は、私だけではきっと出せなかったでしょう。

歯で苦労しないために、歯が生えたらクリニックへ

どのような治療が受けられるのでしょうか?

3

【優理子院長】一般歯科に幅広く対応しています。まずは虫歯・歯周病といった痛みや不調の原因を治し、歯や歯茎の状態を整えていきます。インプラントや矯正も、歯茎の状態が悪いままだと長持ちしないんですよ。お口の状態をきちんと把握し、お口全体を診ながら治療計画を立てていきます。その後は状態に合わせて、歯列矯正や噛み合わせの調整、クリーニングなどで歯の健康を保っていきます。自分の歯を保つのが理想ですが、さまざまな理由で歯を失うこともあります。当院ではインプラント・入れ歯・ブリッジに対応しており、特に理事長はインプラント治療を得意としています。

こちらのクリニックならではの、インプラント治療の特徴を教えてください。

【正清理事長】歯科麻酔が専門の先生とタッグを組んで治療にあたっています。患者さんの状態や治療内容を伝えれば、適した強さで治療時間に合った麻酔を処置してくれるので心強いですね。患者さんの心や体への負担も最小限になるように配慮してくれますし、治療後にボンヤリしてしまうこともないようです。学生時代からの旧知の仲で信頼できる先生ですし、毎回同じ先生が麻酔を担当するのは、患者さんにとっても安心ではないでしょうか。もう一つ、骨造成まで可能なのも当院の特徴です。インプラント治療では歯を支える骨が必要です。これがなかったり少ない場合に「骨を足す」処置が必要なのですが、経験と技術を要するので、すべての歯科医師が対応可能なものではないでしょう。当院では私が培ってきた20年以上の経験を生かし、骨が足りない場合でも院内で対応しています。

院長は小児歯科が得意なのですね。

4

【優理子院長】患者さんには「歯で苦労しない人生を送ってほしい」と思っています。歯が生えたら虫歯になる前に来てください。泣いてしまっても大丈夫、急を要さない限り無理に治療することはありません。歯医者さんに慣れるところから始めましょう。最初は泣いて嫌がっていた患者さんも、次第に治療やおもちゃを楽しみに通ってくれるようになる子が多いですよ。そんな時は成長を感じるようで、思わずうるっときてしまいますね。

カウンセリングだけでも大歓迎。気軽に利用してほしい

院内設備やインテリアで工夫されていることを教えてください。

5

【優理子院長】レイアウトのポイントは「リラックス」。色合いはアースカラーを基調にナチュラルな木目を生かし、外壁にも石を使っています。入り口から院内すべてバリアフリーで、ベビーカーや車いすで移動可能です。各ユニット横に空気清浄機を置き、窓を開けてこまめに換気をしています。空気清浄機は定期的にフィルター交換しているので常に清潔です。診療が終わるごとに消毒清掃を行い、滅菌機はクラスBのものを使っています。2階は個室になっており、今後さらに診療室を増やす予定です。部屋ごとにテーマカラーが違って楽しい造りですよ。2021年には駐車場や診療室の拡大と合わせ医師・スタッフの増員も予定しており、そのための「働きやすい環境づくり」にも取り組んでいます。

キッズルームは広々としていますね。

【優理子院長】兄弟でも楽しく遊べるように、キッズルームは広めに作りました。幼稚園教諭の免許を持つスタッフが常駐しており、お子さま一人での待ち時間も安心いただけるかと思います。キッズルームと小児歯科専用ユニットはつながっているんですよ。キッズルームで遊んで、楽しい気分のまま診療に入ってほしいという工夫です。もし治療途中で泣いてしまったら、また隣のキッズルームで遊びに行けますしね。小児歯科の診察台はフカフカで寝心地も良く、診療後のおもちゃも用意しています。子どもの患者さんにも、嫌な思いをして帰ってほしくないんです。少しでも「歯医者さんは楽しいところ」と思ってもらえるとうれしいですね。

最後に読者へメッセージをお願いします。

6

【優理子院長】不安を少しでも取り除けるよう、口腔内カメラとアニメーション動画を使ったわかりやすい説明を心がけています。カウンセリングだけでもお気軽にいらしてください。歯医者さんらしからぬリラックスできる雰囲気のクリニックです。トイレも充分な広さを取り、お子さま専用トイレやおむつ交換台を設置しています。かわいらしい水道の蛇口も好評です。ご来院の際は、ぜひトイレもチェックしてくださいね。
【正清理事長】「歯医者さん」に苦手意識を持っている方も多いでしょう。ですが、お口の状態は自分では確認できないものです。自覚症状のない症状もたくさんありますから、身構えずに気軽に「お口のチェック」にいらしてください。院内に一歩入ってもらえれば、雰囲気・スタッフの対応・歯科医師の治療方針が見えて、きっと「歯医者さんは怖い」のイメージが吹き飛ぶと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/25万円~、骨造成/10万円~、歯列矯正/18万7500円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access