全国のドクター8,943人の想いを取材
クリニック・病院 160,842件の情報を掲載(2021年6月24日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 市川市
  4. 行徳駅
  5. リムデンタルクリニック行徳駅前
  6. 綿密なカウンセリングから始めるホワイトニングとセラミック治療

綿密なカウンセリングから始める
ホワイトニングとセラミック治療

リムデンタルクリニック行徳駅前

(市川市/行徳駅)

最終更新日:2021/01/25

Top Top

口元はその人の第一印象を決定づけるポイントの1つ。だからこそ、自身の歯の色や金属の詰め物がコンプレックスになってしまっている人も多いのではないだろうか。「リムデンタルクリニック行徳駅前」では、綿密なカウンセリングで患者の求める口元のイメージを見極め、ホワイトニングやセラミックを用いた補綴治療など、患者のニーズに応じた適切な診療を提案している。「歯を長持ちさせることと口元の美しさ、双方のバランスが取れた処置を施すことが大切です」と語るのは、院長の栗林理夢先生。ホワイトニングやセラミックを用いた治療によって、虫歯や歯周病の予防も期待できるという。栗林院長にこうした審美歯科にあたってのカウンセリングの進め方や、方法を選択する際のポイントなどについて詳しく聞いた。(取材日2020年6月12日)

見た目の美しさにとどまらず、健康な歯を守ることにもつながる審美歯科のメリットを広く知ってもらいたい

Q近年、審美歯科のニーズが高まっているそうですね。
A
1

▲審美歯科の相談は男女問わず増えているという

男女問わず、30~40代を中心にご相談が増えています。歯をきれいにしたいと思われるようになったきっかけは患者さんによってさまざまですが、接客業や営業職の方など仕事柄、人に会う機会が多いためにご自身の口元が相手にどう見えているのか気になって、審美歯科に興味を持たれる方が多いように感じます。あるいは、歯の痛みや虫歯などまったく別の治療で通院されていた方が、納得のいく治療を受けられたことを機に、「この際だから気になるところを全部診てもらいたい」といったご相談の中で、ずっと気になっていた歯の色や過去の治療で施した金属の詰め物を何とかしたいと打ち明けてくださる患者さんもいらっしゃいます。

Q審美歯科は自費で高額なイメージがあります。
A
2

▲自費治療は健康な歯を維持するためにもメリットがある

保険診療と比較すると確かに高額です。では、少し長期的な視点で考えてみましょう。保険診療で用いる金属などの詰め物は、現時点での経済的負担こそ小さいですが、接着剤の劣化やご自身の歯との相性などが原因で外れやすかったり、中には金属アレルギーを引き起こしてしまうなど、再治療が必要になるケースも少なくありません。一方、自費の治療ではセラミックのようにより歯の硬さに近い材料を用いることによって、歯と詰め物の間に隙間ができにくく、再治療のリスクを低減させることができます。自費治療は見た目の美しさだけでなく、生涯にわたって健康な歯を守るためにもメリットがあるということを広く知っていただきたいですね。

Qカウンセリングはどのように進めるのでしょうか?
A
3

▲患者一人ひとりの希望に近づけるため対話を重視

口腔内の写真を撮影し、気になる箇所の画像を一緒に見ながら対話を重ね、患者さんのご希望を見極めていきます。見た目のきれいさにこだわりたいのか、それとも白くて違和感がなければいいという考えなのか、予算面も考慮に入れつつ、口元の状態をご希望のイメージに近づけるために、考え得るすべての方法の選択肢を提示します。ただし審美的なことを求めるあまり、歯そのものに負担をかけてしまっては本末転倒ですから、歯を長持ちさせることと美しさ、その双方のバランスが取れた施術になるように心がけています。

Q施術を選ぶ際のポイントを教えてください。
A
4

▲歯科医師に希望するイメージを率直に伝えることが大切

歯の色は個人差や好みがありますから、自然に見せたいのか、白さを際立たせたいのか、ご自身のイメージを歯科医師に率直に伝えていただくといいと思います。歯は着色汚れの蓄積や神経の働きの衰えによって、年齢とともに徐々にくすんでいきますから、若々しく見せたい方にはワントーン明るい白色をお勧めしています。また、セラミックを用いた治療でも、天然歯に限りなく近づけたものから、費用面に配慮したものまで、バリエーションが幅広くありますから、金額や色合いなどご自身が重視したい優先順位に従って選んでいただけます。

Q施術後のメンテナンスで気をつけることはありますか?
A
5

▲定期的なメンテナンスとセルフケアの大切さを伝えている

ホワイトニング、あるいはセラミックを入れたからといって、通院回数を増やす必要はなく、基本的に3ヵ月に1度の歯石除去や定期チェックで構いません。ただし、人は人生のうちで何万回と飲食を繰り返す中で、熱いものや冷たいもの、アルコール、炭酸など多様な食べ物、飲み物を口にするわけですから、歯に施した材料は多かれ少なかれ膨張や収縮を繰り返し、食べ物による着色も日々進みます。日々のブラッシングを中心としたメンテナンスがあってこそ、施術後の状態を長持ちさせることができます。終わったからと安心するのでなく、フロスや歯間ブラシなどの補助具も組み合わせながら、積極的なセルフケアを心がけていただきたいですね。

ドクターからのメッセージ

栗林 理夢院長

せっかく歯科医院に来てくださるなら、患者さんが納得して満足できる診療を提供したいというのが私の率直な願いです。当院では、歯科医師のカウンセリングに先立ち、歯科衛生士による簡易カウンセリングの時間を設け、2段構えで患者さんのニーズを漏れなく拾えるように努めています。そのかいあって、「どんな方法があるのか詳しく聞けて良かった」と満足してくださる方がほとんど。歯科診療について「もっと知りたい」という意識の高さを感じています。審美歯科にあたっても、まずは口の中の健康を保つことが大前提。健康を保つ上で必要な情報を提供し、当院でできる限りのことをさせていただきます。どうぞお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

ホワイトニング/オフィスホワイトニング2万円、ホームホワイトニング2万5千円、セラミックを用いた補綴治療/インレー5万円、クラウン6万円(税抜)

Access