全国のドクター9,137人の想いを取材
クリニック・病院 159,055件の情報を掲載(2024年2月26日現在)

  1. TOP
  2. 香川県
  3. 丸亀市
  4. 丸亀駅
  5. 医療法人社団 みらい歯科クリニック
  6. 治療の怖さや苦手意識に配慮する負担の少ない静脈内鎮静法

治療の怖さや苦手意識に配慮する
負担の少ない静脈内鎮静法

医療法人社団 みらい歯科クリニック

(丸亀市/丸亀駅)

最終更新日:2023/01/30

医療法人社団 みらい歯科クリニック 治療の怖さや苦手意識に配慮する 負担の少ない静脈内鎮静法 医療法人社団 みらい歯科クリニック 治療の怖さや苦手意識に配慮する 負担の少ない静脈内鎮静法
  • 自由診療

うとうとと眠ったような状態で治療を受けられ、歯科治療に対する不安や恐怖、苦手意識を抱えている患者の負担軽減に有用な静脈内鎮静法。通常は大学病院などで用いられることが多い手法だが、「みらい歯科クリニック」の高畑和路院長は基幹病院勤務の経験を生かし、親知らずの抜歯やインプラント治療など、侵襲性の高い治療において静脈内鎮静法を提案する。香川県でこの治療法を活用する歯科医院は限られており、みらい歯科クリニックには静脈内鎮静法を求める患者が県内外から訪れているという。今回は高畑院長に、静脈内鎮静法を用いるケースや実施する際の注意点、みらい歯科クリニックならではの静脈内鎮静法の特徴などについて詳しく聞いた。

(取材日2023年1月10日)

患者に寄り添い、不安や恐怖に配慮した治療に力を尽くす

Q貴院では歯科治療が怖い方や苦手な方にどう対応されていますか?
A
医療法人社団 みらい歯科クリニック 静脈内鎮静法について語る高畑院長

▲静脈内鎮静法について語る高畑院長

恐怖の種類や度合いは人によってまちまちです。そこでまずはカウンセリングを行い、歯科治療に対する過去のトラウマなどを伺って、患者さんの状況を見極めています。痛みが伴わないよう配慮するだけで恐怖を乗り越えられるのであれば、局所麻酔の痛みを少なくするだけで十分です。しかし、いわゆる嘔吐反射が出る方や口の中で何かされるのが嫌な方、処置時間の長さによって緊張度が増してしまう方など、「根本的に無理」という方はいらっしゃるので、こうした方々には静脈内鎮静法をご提案しています。一般的には笑気鎮静という方法もありますが、効力が強いものではないので、恐怖の度合いが大きい方には静脈内鎮静法が適切だと考えています。

Q静脈内鎮静法は、誰でも受けられるものなのでしょうか?
A
医療法人社団 みらい歯科クリニック 不安を持つ患者に対して、丁寧な説明を実施

▲不安を持つ患者に対して、丁寧な説明を実施

意思疎通が取れることが大前提ですので、高校生以上の方を基本としています。一般的には12~13歳から使用できますが、小学生のお子さんですと、苦しいという状況を自分で伝えられない場合もありますので、当院では精密に診断できるよう適応の基準を高めに設定しています。同様の理由で知的障害のある方にも適さず、また静脈内鎮静法は薬剤を使用しますので、妊娠中や授乳中の方にもお勧めしません。さらに年齢の上限はありませんが、ご高齢になると透析をされている方や、心筋梗塞の既往がある、重い心疾患があるといった重篤な基礎疾患をお持ちの方がいらっしゃいますので、そうした方は受けることが難しいですね。

Qどのような治療において利用するケースが多いですか?
A
医療法人社団 みらい歯科クリニック 親知らずの抜歯やインプラント治療などに静脈内鎮静法を提案する

▲親知らずの抜歯やインプラント治療などに静脈内鎮静法を提案する

最も多いのは親知らずの抜歯です。特に複数本を同時に抜きたいという方には、こちらから静脈内鎮静法をご提案するようにしています。例えば4本の親知らずを1回の手術で抜こうとすると、どうしても治療時間がかかりますし、患者さんの負担やストレスも増えてしまいがちです。患者さんがなるべく緊張せずに治療を受けていただけるよう、ご提案の際には静脈内鎮静法の有用性や費用面についても丁寧にご説明しています。次いで多いのが、インプラント治療です。こちらも手術に1〜2時間を要しますし、中にはインプラント体を埋入することに恐怖心を持たれる方もいらっしゃいますので、自由診療のオプションとしてお勧めするようにしています。

Q静脈内活用法を利用する場合の流れについても教えてください。
A
医療法人社団 みらい歯科クリニック うとうとと眠ったような状態で治療を受けることができる

▲うとうとと眠ったような状態で治療を受けることができる

まずは静脈内鎮静法を受ける上での注意点のご説明を行います。静脈内鎮静法の薬剤には食物由来の成分が含まれますので、食物アレルギーや全身疾患の有無を確認するとともに、平常時の血圧や心拍数も計測します。食事に関しては厳密なルールを設けていませんが、治療の1時間半前までには朝食を済ませていただきます。飲水は30分前まで可能です。受付後は処置室に移動し、モニターで血圧や心拍数を計測しながら点滴で鎮静剤を注入します。その後治療を行い、鎮静剤の作用が切れたら帰られるという流れです。術後の車の運転は厳禁です。微熱が出る場合もありますから、なるべく体調を整えて、ご家族の車などで来院するようお伝えしています。

Q貴院の静脈内鎮静法における特徴は何ですか?
A
医療法人社団 みらい歯科クリニック 歯科治療に対する不安や恐怖、苦手意識を抱えていたら相談を

▲歯科治療に対する不安や恐怖、苦手意識を抱えていたら相談を

多くの歯科医院で用いられる静脈内鎮静法の薬剤は、手軽に鎮静が行える一方で、治療中の管理が難しいという印象があります。そこで当院では、医科で広く用いられる薬剤を使った静脈内鎮静法にこだわっています。この薬剤の最大の利点は、精密な管理ができること。専用のポンプによって、患者さんの年齢や体重に見合った流量を細かく調整することができ、薬剤の働きが悪い時も、ダイヤル一つですぐに対処できます。また一般的な薬剤ですと、術後1時間程度は起き上がれませんが、当院の薬剤であれば20分程度と短時間で起き上がることが可能です。細心の注意を払うため、施術中は3~4人と多めにスタッフを配置していることも特徴ですね。

ドクターからのメッセージ

高畑 和路院長

自分では見えないところを触れられる上、痛みや音を伴う歯の治療に恐怖や不安を持つ方は少なくありません。そこで当院では、開業当初から「美容院のように通える歯医者さん」をコンセプトとしてきました。患者さん一人ひとりに寄り添った診療を心がけ、美容院のように楽しみな気持ちで通える歯科医院づくりに力を尽くしています。不安を持つ患者さんに対しては、スタッフ全員での配慮を徹底しています。そうした配慮の表れの一つが、静脈内鎮静法です。必要性を感じながらも、嘔吐反射などによって歯の治療ができず、真剣に悩まれてはいませんか。当院はそうした方々のお力になれると思いますので、ぜひお気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

静脈内鎮静法/4万円~、静脈内鎮静法を用いた親知らず抜歯/5万5000円、インプラント治療/35万円〜

Access