全国のドクター9,191人の想いを取材
クリニック・病院 160,564件の情報を掲載(2023年2月09日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 神戸市灘区
  4. 西灘駅
  5. 青野クリニック
  6. 青野 悟志 院長

青野 悟志 院長の独自取材記事

青野クリニック

(神戸市灘区/西灘駅)

最終更新日:2022/11/09

20221102 189657 top

JR神戸線の摩耶駅から徒歩2分ほどの距離にある青野クリニックは2018年に開業した。院長の青野悟志先生は、大阪大学医学部を卒業後、大阪警察病院や大阪大学医学部附属病院などで消化器内科医師として研鑽を積みながら、緩和ケアにも積極的に取り組んできた経歴を持つ。「当院では急性期の疾患や内視鏡検査などの専門性の高い診療に対応するためにも各種検査機器をそろえていますが、一方で訪問診療での緩和ケアなどにも力を入れており、救急病院と専門病院のハイブリットのような存在をめざしています」と青野院長は話す。そんな青野院長に、患者との向き合い方、緩和ケアへの思い、地域医療についてなど、さまざまなテーマで語ってもらった。

(取材日2019年10月10日)

症状や訴えに親身になって寄り添う

開業までのご経歴について教えてください。

1

2005年に大阪大学医学部を卒業後、大阪警察病院、大阪大学医学部付属病院、県立西宮病院で消化器内科医として勤務しました。消化器内科を志望した理由は、胃潰瘍や十二指腸潰瘍、胆石発作などの急性期疾患から、食道がん、胃がん、大腸がん、すい臓がん、肝臓がん、小腸がん、胆管がん、胆のうがんなど幅広いがんの治療を行いたいという思いからでした。また、このように多くのがん診療を行う中で、緩和ケアの重要性を強く認識し、警察病院時代には消化器内科だけではなく、全科目の緩和ケア回診を担当しておりました。

先生の得意分野はなんですか?

消化器内視鏡を専門としていますので、胃カメラ、大腸カメラはもちろんですが、大学時代、県立西宮病院時代の外来では、主に肝臓病の方を多く診察し、エコーによる肝臓がん、胆道系疾患の治療にも携わっておりました。ですから、肝機能障害の診察、腹部エコーの手技にも自信があります。また一般内科としては、心筋梗塞、脳梗塞の発症を予防するため、高血圧、高脂血症、糖尿病の治療についても力を入れています。

緩和ケアに力を入れる理由を教えてください。

2

まだまだ緩和ケアのすそ野は広がっておらず、在宅診療における緩和ケアを担う医師が少ないと感じております。大きな病院からホスピスを紹介されたけれども入院するまで不安という方や、できるだけ長くおうちで過ごしたい方のサポートを積極的にしていきたいと思っております。また青野クリニックでは、がん患者さまがご自分で操作して適した量の鎮痛薬を投与できる携帯型ポンプを貸し出せるようにしており、飲み薬では対応できないような急な痛みにもホスピス病院と同じように自宅で対応できるようにしております。

症状の原因を突き止めるため、丁寧な検査を行う

青野院長が診療で大事にされていることはありますか?

3

症状の原因をなるべく早く見つけることが大切と考えております。例えば胃が痛いと言って来られて、胃薬を飲んだり、胃カメラをしても原因がわからず、後になってその他の臓器のがんであったりすることも経験しますが、通院が中断してしまうと残念ながら治療のタイミングを逸してしまうこともあります。そうならないように、十分必要性を説明した上で、検査や治療を適切なタイミングでお勧めしていきます。

患者さんと接する時に気をつけていることはありますか?

皆さん、それぞれがつらい症状をなんとかしたいという強い気持ちを持って受診されます。それに対して、一人ひとりの患者さまがきっちり聞いてもらえたとご納得いただけるように、真摯に向き合いたいと思っております。外来混雑時は、お時間の加減でなかなかすべてを聞ききれない場合もございますが、その際はまた別のお時間をお取りして、聞くようにさせていただくようにしております。

こちらで受けられる検査について教えてください。

4

消化器内科の検査は、胃カメラ、大腸カメラ、腹部エコー、腹部レントゲン検査を行います。循環器領域の検査は、心電図、ホルター心電図に加えて、女性技師による心エコー、頸動脈エコー、下肢動静脈エコーを行っております。呼吸器領域は、胸部レントゲン検査や在宅での睡眠時無呼吸検査を行っております。また血液、尿検査は、炎症反応だけではなく、肝機能、腎機能、膵炎酵素などの項目も院内で1時間以内に、出すことができます。特に腹痛症状の原因は多岐にわたるため、救急病院と同程度の検査機器をそろえ、しっかりと診断できる体制にしております。もちろん、特定健診や肺がん検診、後期高齢者健康診査もお受けしております。

地域のニーズに幅広く応えられる診療を

医師として心がけていることは何ですか?

5

最近の医学の進歩は目覚ましく、少し前の常識が、今は違うということも多々あります。常に最新の医療情報を学び、知識をアップデートをすることが医師の使命であり、最新の医学的根拠をもとに治療を行うことを心がけています。また、このこととも通じますが、自分の専門分野外でわからないことは、患者さまに正直にお伝えし、しかるべき専門科を受診するように説明しております。

今後クリニックをどうしていきたいですか?

まず、日々の診察を丁寧に行い、私が遠い先に医師を辞める時に地域の患者さまに困ると言ってもらえるような、地域にとって欠かせないクリニックになるようにしたいと考えております。また、高血圧や高脂血症など比較的症状が少ない方でも、毎回の診察を漫然と診ることなく、些細な体調の変化にも気づくことができるように心がけたいと思っています。摩耶駅や西灘駅など、この地域の皆さまの健康維持に尽力します。

読者にメッセージをお願いいたします。

6

青野クリニックは、救急病院のような素早い診断能力、大学病院のような高い専門性、また人生の最期を迎えるときに安心して自宅で過ごすことができるサポート体制、これらをすべて兼ね備えたクリニックです。ただ、普段の診療は和やかに、笑顔で、患者さまの健康管理をサポートし、いざという時に今申し上げた医療を提供できるよう心がけております。恩師の言葉の中に、「患者さんが歩いて診察室を出ていくところまでが診察である」というものがありました。常に患者さまお一人お一人の状態をしっかりと観察し、病気のことだけでなく、日々の生活のこともお聞きしながら、皆さんの健康寿命を延ばすため、適切なアドバイスや治療を行っていきたいと思います。本日はありがとうございました。

Access