全国のドクター8,985人の想いを取材
クリニック・病院 160,819件の情報を掲載(2021年6月13日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市北区
  4. 加茂宮駅
  5. さいたま市北区 クオーレ歯科・矯正歯科クリニック
  6. 小池 慶 院長

小池 慶 院長の独自取材記事

さいたま市北区 クオーレ歯科・矯正歯科クリニック

(さいたま市北区/加茂宮駅)

最終更新日:2020/07/29

189265 top

「自分の家族にするような治療を患者さんにも提供して差し上げたい」。そんな信念のもと、日々精力的に診療にあたる「さいたま市北区 クオーレ歯科・矯正歯科クリニック」の小池慶院長。加茂宮駅から徒歩2分ほどのクリニックモールに、2018年10月に移転開院したばかりだ。患者の健康を願う強い思いを持ち、そのための知識の習得や技術の向上、院内の整備などは惜しまない。休日は勉強会などに積極的に参加する一方、子どもと一緒に自然に触れてリフレッシュしているという優しい父親の顔も。移転して間もないが、すでに新規患者も多いといい、「地域のホームドクター」として信頼を集めている。そんな小池院長に、診療する際に大切にしていること、力を入れている治療、今後の展望などじっくり語ってもらった。
(取材日2018年10月31日)

自分の家族にしてあげたい治療を患者にも提供

この場所に開院された経緯を教えてください。

1

こちらに移転する前は、2014年からニューシャトル吉野原駅で開院していました。しかし物件の築年数が経過したことにより、そちらでは長期にわたり診療を続けることが難しくなってしまって。僕のところへ来ていただいている患者さんのことはできるだけ長く責任を持って診療していきたいと思っていますので、近くで良い場所がないか探していたところ、同じ沿線でこちらの物件が見つかり移転することに決めました。クリニック名の「クオーレ」はイタリア語で「心」という意味。僕は「患者さんを家族のように思い、自分の家族にするような、痛みの少ない治療を提供したい」と思っています。その「心」を忘れないようにと名づけました。

診療する際に大切にしていることは何ですか?

高水準で長持ちする医療を、妥協することなく提供することです。例えば、歯科治療では技工物の精度は非常に大切ですから、当院では院内に歯科技工所を設置し、歯科技工士が常駐する体制を整えました。これにより、クオリティーの高い詰め物やかぶせ物をよりスピーディーに作製することが可能です。形や色を少し変えるなど簡単な調整であれば30~40分で対応できますし、技工士が患者さんのお口の中を直接確認し技工物を作成することもできます。また、詰め物に関しては、見えないところに段差ができてしまうとそこからばい菌が入り虫歯が再発しやすくなるため、そういったことがないよう丁寧に詰めています。たとえ些細な治療でも、精度の高い医療、長持ちする治療を提供することを常に意識し診療を進めています。

技工物を院内ですぐに作成・調整してもらえるのはうれしいですね。他にもこだわった点などはありますか?

20181128 2

ありがとうございます。特に入れ歯に関しては、噛み合わせが非常に重要です。不具合や違和感があればすぐに院内で対応し、アフターケアもしっかりさせていただけるようにしています。樹脂を使うので寿命はある程度限界がありますが、浮きが少なく快適なつけ心地で、落ちにくく割れづらい、そして何でもおいしく召し上がっていただける入れ歯をめざして、義歯作りに取り組んでいます。他にクリニックづくりでこだわった点としては、診療室はすべて半個室にし、プライバシーに配慮した造りにしました。インプラント治療などの外科的処置のため、オペライトを内蔵した個室も用意しています。加えて、衛生環境は万全にしたいと考えていましたので、性能の高さにこだわった滅菌機器や口腔外バキューム、空気清浄機なども導入しました。おかげさまで、子育て中のファミリーから長くこの地にお住まいの方まで幅広い層の患者さんに通っていただいています。

インプラント治療や小児矯正にも注力

噛み合わせを重視した治療を行っているのですね。

20181128 3

はい。入れ歯だけでなく、どんな良い治療でも噛み合わせがうまくいっていないと長持ちしないと考えています。特にお子さんに関しては、将来を見据えて1歳になる前から定期的に通院していただきたいですね。歯並びが悪いと虫歯になりやすく、虫歯が治ったとしても歯周病になるリスクが高いんです。顎の関節に問題が生じてしまう場合もあります。指しゃぶりや頬づえ、口をずっと開けているなどの癖によって歯並びが悪くなることもありますので、早めに対策することをお勧めしています。また、矯正を行う場合、年長さんから小学校低学年までに始めるのが良いかと思います。人の上顎は小学校低学年の頃にほぼできあがるといわれていますから、早くから矯正を始めることで、お子さんの骨格の成長を生かして歯並びを最適な状態に持っていきやすくなります。お子さんの矯正を考えている方は、ぜひ早めにご相談ください。

もしも歯を失ってしまった場合はどんな治療がお勧めですか?

その他の健康な天然歯をできるだけ残すこと考えると、インプラント治療は良い選択肢だと思っています。というのも、歯を失ったときにどう治療するかで残りの歯の寿命が決まってくるんです。例えば、ブリッジだと支えとなる周りの歯に負担がかかって寿命が短くなることが多く、入れ歯だと引っかけられた周りの歯が揺さぶられてしまい悪影響を被ることにつながりかねません。インプラント治療であれば、周りの歯を健康なまま残しておくことができます。保険外治療なので無理にお勧めすることはしませんが、ほかの歯を悪くしないためには一つの有効な方法だと考えています。治療期間もかつては1年ほどかかっていましたが、現在では2~3ヵ月でできますので、早く治療をしたいという場合にも対応できます。

印象に残る患者さんとのエピソードはありますか?

20181127 4

歯周病が原因で、40代で歯がぼろぼろになってしまった方がいらっしゃいました。入れ歯とインプラントを併用して治療したところ、「あの時よりも年は取ったけれど、歯が丈夫になって、お肉を食べたり、リンゴを丸かじりしたり、前は諦めていたものが食べられるようになってうれしい」と言っていただけたときは、僕もとてもうれしかったですね。歯を治療したことで健康になっただけでなく、生活が変わって、笑顔も明るくなって、歯が人に及ぼす影響はとても大きいことを改めて感じました。それから、歯の黄ばみを気にされていた高齢の患者さんにホワイトニングを提案したところ「私が今さら?」という反応だったのですが、実際やってみると「勧めてもらってよかった」と喜んで帰られたのも良い思い出ですね。ご自分ではなかなか言い出せないような思いまでくんで、患者さんが望む姿にして差し上げる、それも歯科医師の大切な役割だと感じた出来事でした。

自分の歯で長くおいしく食べられるようサポート

歯科医師を志した理由を教えてください。

5

もともと細かい作業が好きなことに加えて、人に「ありがとう」と感謝していただけるような仕事がしたかったんです。そこで、人と接する仕事がいいなと思ったときに、歯科医師が浮かんできたのがきっかけです。また、僕の祖父は最期寝たきりになって食事をすることもできなくなってしまったのですが、胃に直接栄養を与える胃ろうをする姿を見て、自分の歯でご飯を食べられないのはすごくつらいだろうなと感じたんです。その経験から、自分の歯で長くおいしく食べてもらうために貢献したい、そう思ったのも理由の一つですね。

それが先生がめざすクリニックの形でもあるそうですね。

そうですね。高齢化が進む中、介護を受けたり寝たきりになったりせず日常生活を送ることができること、いわゆる健康寿命を延ばすためには、歯の健康もとても大切です。自分の歯で噛めない人は認知症になりやすかったり、歯の治療を放置することによって糖尿病や心臓疾患が重症化するケースもあることが知られてきています。反対に、食事がおいしく食べられれば、それが生きがいになって健康寿命が延びることもあると思うんです。ですから、地域の皆さんがご自分の歯で長く快適に暮らせるようサポートする、それも僕の使命の一つなのではないかと思っています。

今後の展望について教えてください。

20181128 6

治療が終了すればそれで終わりではなく、治療した後も長期にわたって患者さんをフォローアップしていきたいです。治療後は、治療した歯を長持ちさせたり病気を予防したりと歯を守るケアが大事になります。歯が痛くなる前に来院し、予防ケアを続けていただくことをお勧めします。また、当院に来ていただいている方は、求めてくださる限り、僕がずっと診ていきたいと考えています。そのために、今後は訪問診療も視野に入れていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

小児矯正/35万円~、セラミックの詰め物/5万円~、ホワイトニング/3万円~、インプラント治療/35万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access