求人情報ON
のざきはちまん前内科

のざきはちまん前内科

前原 光治郎院長
新規開院
頼れるドクター掲載中

188809 %e3%81%ae%e3%81%96%e3%81%8d%e3%81%af%e3%81%a1%e3%81%be%e3%82%93%e5%89%8d%e5%86%85%e7%a7%91

武蔵境駅からバスで10分ほど。「のざきはちまん前内科」は閑静な住宅街の中にある。院長の前原光治郎先生は丁寧なふるまいと、はきはきとした言葉づかいが印象的。広くすっきりとした待合スペースには座り心地の良い椅子にデジタルサイネージ、キッズスペースなどもあり、待ち時間のストレスが軽減されるような工夫がほどこされている。そして数ある院内設備のこだわりの中でも、特に注目すべきはCTスキャンの機械である。前原院長の診療は「スピードと柔軟性」を大事にしており、CTスキャンを導入した理由もその診療方針がもとになっているそう。そんな前原院長に、開業の経緯や診療に対する想いを話してもらった。
(取材日2018年9月22日)

「好きではなかった」呼吸器科配属から始まる医師人生

―はじめに、先生が医師をめざすようになった背景についてお聞かせください。

小学生の時は誰しも、「◯◯になりたい」という願望があったと思います。ただ、その夢は結局、大人になるにつれて変わっていくものでもあると思うのですが、僕の場合、小学生の時の漫然とした目標が大人になってそのまま今の職業になっているという感じです。あとは、僕は小学校の時に体が弱かったのでことあるごとに病院に行っていました。それで医療業界が身近になっていて、自然と医師をめざすようになっていたのかもしれない、と感じます。

―内科の中でもなぜ呼吸器科を選んだのですか?

実は、大学の時に内科の勉強をしていた中で、一番やりたくなかったのが呼吸器なんです。なんで嫌だったのか、今考えてもよくわかりませんが、とにかく「肌に合わないな」と思っていました。ところが東京慈恵会医科大学の研修医時代に配属されたのが、なんと呼吸器科。これがすべての始まりですね。それで、「やるからにはしっかりやろう」と思って勉強したのですが、実際に勉強してみるととても奥が深く面白い。当時は知識が追いついていない状態でしたが、現場に立ってみると、とにかく面白いんです。このギャップもあって、「呼吸器を専門にやっていこう」と考えるようになりました。

―その後、総合病院をいくつも経験し、今年開業されたのですね。きっかけは何だったのでしょうか?

昔から開業を考えていたわけではありませんが、縁とタイミングがあったからです。勤務医もサラリーマンみたいな職業ですから「自分が患者さんだったらこうしてほしいのに」っていう思いを持ちながら診療にあたる部分が多かれ少なかれあります。自分でできる範囲は広いほうが、自分の納得いく医療を提供できますよね。その思いが強くなっていたときに、ちょうど知り合いから開業の話をいただいたんです。それで「じゃあ一気に開業に向けて走ってみようかな」と思いました。開業してみると、ゼロから考えないといけないことばかりでものすごく大変ではありますが、つくりあげる楽しみもありますね。

―ちなみに、三鷹市で開業したのは何か理由があるのでしょうか?

実家がすぐ近くにあり、研修医時代まで住んでいたのでこの地域には親しみがあります。また「地域に根差した医療」を提供したい、と考えていたことも理由の一つです。その地域に合わせた医療を提供するためには、どんな人が住んでいて何を望んでいるのかを知っている必要がありますよね。そのためには自分になじみのある地域の方がその地域の患者さんのニーズに合わせた医療を提供できると考えたため、ここで開業することを決めました。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 after
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e after
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細