プルミエール歯科クリニック

プルミエール歯科クリニック

原田 茂院長

186639 %e3%83%95%e3%82%9a%e3%83%ab%e3%83%9f%e3%82%a8%e3%83%bc%e3%83%ab%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

阪急千里線豊津駅から歩いて3分ほどの場所にある「プルミエール歯科クリニック」。一見すると美容室やサロンと見間違うほどおしゃれな外観だ。受付や待合室も広々としており、歯科医院に来ていることを忘れそうである。院長の原田茂先生は、患者が予防のために気楽に通える歯科医院にしたいと願い、あえて歯科医院らしさのない雰囲気づくりを心がけたそうだ。設備だけでなく、初診時に撮影するエックス線写真や口腔内写真などをきれいなファイルにとじて患者に渡すことで予防意識を高める取り組みも行っている。マイクロスコープを使った治療やその後のメンテナンスまで、幅広い治療を行っている原田先生に、同院のこだわりや診療で心がけていることを語ってもらった。
(取材日2018年4月12日)

楽しい気持ちで通える歯科医院をめざし開業

―こちらの医院を設計する際にこだわった部分を教えてください。

気軽に通いたいと思える歯科医院をめざしました。歯科医院は、歯の治療ではなく良い状態を保つために通うことが最も良い通い方だと思います。でも、歯科医院という雰囲気があると、どこも悪くないときに通いづらいですよね。これまで患者さんと話していると、歯科医院が好きじゃなかったという意見をよく耳にしました。待合室が狭かったり、掲示板に歯科医院っぽいポスターが貼ってあったりするのも重い雰囲気になってしまいがちです。それで、美容室やエステティックサロンのような雰囲気をめざしました。そういうお店に行くときは楽しい気分になると思います。当院にメンテナンスで通う患者さんが楽しい気持ちになってほしいと願い、内装や照明、香りにはこだわりました。

―患者さんはどんな症状で来院されますか?

一般的な治療よりもメンテナンスのために通っておられる方が多いですね。開業前に内覧会を開いたんですが、その時にご自身やお子さんのメンテナンスの予約を取っていかれた方もいました。男女比は圧倒的に女性が多いです。当院は夜9時まで診療しているので、日中仕事をしている方も通いやすいかと思います。僕自身、どこか病院に行こうと思っても、自分の休みの時に診療している病院が見つからなかった経験があります。なので、夜遅くまで診療することで、これまで通えなかった人たちでも気軽に通えるようになればいいですね。年配の方も結構通っておられます。メンテナンスや入れ歯の修理など、通院理由はさまざまですが、大がかりな治療が必要な方はそれほど多くありません。

―先生が得意とする治療は何ですか?

マイクロスコープを使った歯内治療です。大学卒業後も歯内治療科の講座を受けていましたし、これまで勤務していた歯科医院でもマイクロスコープを使って治療していました。マイクロスコープは、肉眼の数倍に拡大して患部を見ることができます。特に歯の奥深くの治療や診断になると、肉眼とマイクロスコープを使った治療では、精度に大きな差がでます。歯科医師になった時からマイクロスコープを使ってきたので、逆に使わないで治療すると不安ですね。さらに当院では、笑気麻酔を使った治療も行っています。低濃度の笑気ガスを吸引してもらうことで、リラックスした状態で治療を受けられます。歯科治療に対して不安の大きい方や口を長時間開けているのがつらい方などには笑気麻酔を使った治療を提案しています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細