全国のドクター9,096人の想いを取材
クリニック・病院 160,835件の情報を掲載(2021年5月10日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 寝屋川市
  4. 香里園駅
  5. 医療法人 育歩会 香里園かほりまち歯科
  6. 坂井 秀明 理事長

坂井 秀明 理事長の独自取材記事

香里園かほりまち歯科

(寝屋川市/香里園駅)

最終更新日:2020/04/02

186564 %e9%a6%99%e9%87%8c%e5%9c%92%e3%81%8b%e3%81%bb%e3%82%8a%e3%81%be%e3%81%a1%e6%ad%af%e7%a7%91 2

1階は虫歯・歯周病の治療から歯列矯正・インプラント治療などあらゆる診療を提供する診療フロア、3階は歯科医院らしさを完全に排除した予防特化フロアを持つ「香里園かほりまち歯科」。京阪本線・香里園駅から徒歩1分の便利な場所にあり、連日多くの患者が訪れる。2020年より院長も兼任する坂井秀明理事長は、「大人になってからでは遅い」と“生まれる前”からの予防を推奨し、産婦人科に出向いて講演を行うなど妊婦への歯の健康の大切さを伝えている。歯の生える前の乳幼児から、小児、成人、高齢者の訪問歯科診療まで全世代を網羅する同クリニックの取り組み、診療スタンス、予防の大切さ、スタッフの育成についてなど、坂井理事長に話を聞いた。
(取材日2020年3月12日)

生まれる前から高齢者まで、全世代対応のクリニック

クリニックのコンセプトを教えてください。

Df 1

当クリニックは1階・3階の2フロアで、1階は歯科治療、3階は予防に特化しています。まず1階は「歯の総合病院」として、“生まれる前”を含め乳幼児からご高齢の方まで、すべての患者さんを受け入れて虫歯や歯周病の治療、歯列矯正やインプラント治療などを行うフロアです。そこで治療を終えたら、今度は3階の予防特化フロアで歯のお掃除などのメンテナンスを行います。一番大切なことは虫歯や歯周病にならないための予防とその継続ですから、3階は歯を削るなど歯科医院独特の音が出る器具や特有のにおいがする薬剤を一切使わず、誰もが通い続けたくなる空間をめざしました。内装は、木の根っこや流れる水、鉱物など地中である1階から、3階に向かって植物が伸びていく「治療から予防へ上がる」イメージです。キッズルームは自然の中で遊び、トンネルをくぐって診療室に入れる楽しい造りにしました。

“生まれる前”のお子さんの歯科診療とはどういったものですか?

本当の意味での予防を追求していくと、生まれる前を含めた「歯が生える前」から取り組まないといけません。当クリニックでは産婦人科に伺い、妊婦さんの歯の健康を守ることが生まれてくる子どもにいい影響を与えるということを講演させていただき、出産後はお子さんとともにご来院いただいて、歯が生える前からケアをしていきます。そして歯が生え始めたら小学校低学年くらいまでの間は、MFTと呼ばれるお口の筋肉のトレーニングを行い、舌の正しい動かし方を覚え、口呼吸など健康に害を及ぼす習慣を改善していきます。当クリニックでは生まれる前から、小児、成人、そして高齢になり通院できなくなった場合には訪問歯科診療を行うなど、全世代を対象に歯科医療を提供しています。

お子さんも楽しんで通院できるよう工夫されていますね。

Df 2

当クリニックでは年1回、地域の子どもたちを集めて歯科について知ってもらうお祭りを開催していて、毎年300人くらいのお子さんにご参加いただいています。これを機に子どもたちが歯科医師・歯科衛生士らスタッフと仲良くなれば、お子さんも保護者の方も含めて来院しやすいですよね。歯に関するクイズほか、歯科に関心を持ってもらうため歯型を採るのと同じ方法で型採りした指の石こう模型を作るコーナーもあるんです。10年以上もこのお祭りをしていると、毎年参加して指の成長記録として残している子もいます(笑)。

希少な歯周病ケアも提供。矯正・インプラントも予防に

北欧式予防管理型の根本的歯周病治療も行っていると伺いました。

Df 3

歯周病の予防目的で提供している自由診療の北欧式予防管理型の根本的歯周病治療は、歯石を取り去ると同時に、歯周病菌の増殖を根本的に抑制します。簡単に言えば、口の中の歯周病菌を悪玉菌だとすると、それを善玉菌に置き換えるんです。20年以上前に論文を読んで知り、独自に試行錯誤していたところ、体系的にまとめて実践している先生に出会って本格的に取り入れました。この歯周病治療の技術を習得するためにはたいへん厳しい訓練や特別な機器も必要で、まだまだ導入している歯科医院は少ないですね。当クリニックは育成にも力を入れていて、現在5人の歯科衛生士がこの北欧式予防管理型の歯周病治療を患者さんに提供しています。

歯列矯正、インプラント治療にも力を入れているそうですね。

歯列矯正は、主に審美的な面でご希望される患者さんがほとんどです。しかし歯並びが悪いと、歯ブラシが届かず虫歯や歯周病になったり、噛み合わせが原因で口呼吸になってしまったりと、さまざまな問題が出てきます。当クリニックでは従来のワイヤー矯正はもちろん、透明で目立たないマウスピース型装置による矯正もご用意しています。またインプラント治療は、残っているご自身の歯を守るためもの。歯を失った際の治療の選択肢にはブリッジや部分入れ歯もありますが、そのデメリットは、周辺の歯を削ったり酷使したりと他の歯に負担をかけてしまうことです。1本の歯が失われることで次々と歯がダメになる「欠損ドミノ」を防ぐのが、インプラント治療だと私は考えています。

患者さんに接する際に心がけていることを教えてください。

Df 4

一番大切にしているのは、患者さんの気持ちに寄り添うということです。医学的に歯を抜かなければならない状況でも、患者さんがどうしても歯を抜きたくないのであれば可能な限りその意見を尊重し、抜かない方法を考えます。そのための選択肢をなるべく多く提示する、そしてその治療が長く保てる方法を考えるのも歯科医師の務めです。また、スタッフ間の風通しを良くし、空気のいいクリニックをめざしています。例えば私たち歯科医師がスタッフに対してきつい態度を取ると、スタッフも患者さんも委縮してしまうでしょう? 明るく楽しい雰囲気なら、それが患者さんに伝播し来院しやすくなるのではないかと考えて実践しています。

患者の健康のため。「仕事がなくなっても」予防を推進

スタッフ教育にも注力していると伺いました。

Df 5

同じエリアで35年以上続く本院と、分院である当クリニックを合わせて、スタッフは総勢70人。スタッフの行き来もあり、連携しながら日々診療にあたっています。職種ごとに定期的に勉強会やセミナーなどを行うほか、歯科衛生士やアシスタント、受付事務は接遇研修も実施しています。歯科衛生士に関してはスタッフ育成プログラムを導入していて、歯科衛生士学校から視察にお越しいただくこともありますね。また年1回は丸一日かけて行う全体研修を開催しています。女性スタッフが多い職場ですので、女性のライフステージに寄り添い、より働きやすい職場づくりをめざしていけるよう取り組んでいます。

今後の展望を教えてください。

当クリニックに長年勤務したスタッフが、全国にデンタルフロスの価値を伝える活動を始めました。デンタルフロスは歯ブラシでは届かない歯と歯の間をきれいにする細い糸で、歯間ブラシなども同様の機能があります。予防への重要性の周知をさらに推進するために、私もそういった新しい切り口での活動も後押ししていくつもりです。かつて予防の大切さに気づいてその取り組みを始めた時、「虫歯がなくなったら、歯科医師の仕事がなくなってしまう」と考えました。しかし、世界的に見ても予防をすれば虫歯が減るのは当たり前で、「患者さんが健康になるならそれでいい。それが私の仕事だ」と思ったんです。長年通ってくださる患者さんが「昔はこうだったのよ」と若いスタッフに話してくださるような、地域の温かなつながりを大切にしながら、今後も予防への取り組みに力を入れていきます。

読者へのメッセージをお願いします。

Df 6

患者さんが歯科医院に来られる大きな理由は、虫歯や歯周病をはじめ「噛めない」「痛い」という症状があるからです。それを治療するのももちろん大切ですが、本当に必要なのは予防です。痛みなどのトラブルが何もなくてもまずは健康診断としてご来院いただき、予防への取り組みを継続していただきたいと考えています。ご自身で“歯を磨いている”と思っていても、実際に“磨けている”かどうかはまったく別の話です。歯ブラシで6割程度、残り4割は歯科衛生士らの使う補助道具を使用するといった考えです。近年、歯周病が全身の健康に大きな影響を及ぼすことがわかってきました。全身の健康に関係することなので、ぜひ歯のケアをしっかりと行っていただきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

【矯正歯科】精密検査/3万7000円、マウスピース型装置を使った矯正/(上下両顎)69万8000円、期間中の調整料金/5000円(1回)、保定装置・リテーナー制作/6万~8万円
【インプラント治療】フィクスチャー(インプラント体)/20万〜30万円 上部構造/8万円〜10万円
【北欧式予防管理型の根本的歯周病ケア】14万円、メンテナンスは1回につき1万~1万5000円)
【セルフホワイトニング】5000円~
【オフィスホワイトニング】1万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access