全国のドクター9,295人の想いを取材
クリニック・病院 158,642件の情報を掲載(2024年4月21日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 北区
  4. 赤羽駅
  5. 赤羽南口メンタルクリニック

赤羽南口メンタルクリニック

赤羽南口メンタルクリニック 北区 赤羽駅から徒歩すぐのアクセス便利なクリニック
  • 東京都北区赤羽南1-4-8 赤羽南商業ビル5F
    • 精神科
    • 心療内科
  • 感染症対策実施
赤羽南口メンタルクリニック 北区 赤羽駅から徒歩すぐのアクセス便利なクリニック

赤羽駅から徒歩すぐのアクセス便利なクリニック

赤羽南口メンタルクリニック 北区 丁寧な対応で迎え入れる受付

丁寧な対応で迎え入れる受付

赤羽南口メンタルクリニック 北区 患者同士の目線が合わないよう工夫された待合室

患者同士の目線が合わないよう工夫された待合室

赤羽南口メンタルクリニック 北区 しっかりとした説明の上、光トポグラフィー検査を行う

しっかりとした説明の上、光トポグラフィー検査を行う

赤羽南口メンタルクリニック 北区 患者の生活背景に合わせてTMS療法を行う

患者の生活背景に合わせてTMS療法を行う

赤羽南口メンタルクリニック 北区 赤羽駅から徒歩すぐのアクセス便利なクリニック
赤羽南口メンタルクリニック 北区 丁寧な対応で迎え入れる受付
赤羽南口メンタルクリニック 北区 患者同士の目線が合わないよう工夫された待合室
赤羽南口メンタルクリニック 北区 しっかりとした説明の上、光トポグラフィー検査を行う
赤羽南口メンタルクリニック 北区 患者の生活背景に合わせてTMS療法を行う

特徴

赤羽駅前に2018年2月に開院した「赤羽南口メンタルクリニック」。院長を務める石川慧璃(いしかわ・みがき)院長は、高水準の先端医療を積極的に導入し、これまでの精神科診療に一石を投じる治療の「見える可」を実践している。光トポグラフィー検査では脳の血流変化を可視化し、その血流変化を分析することで客観的な治療の指標を得ているという。薬物療法で効果が実感できなかった人や副作用が心配な人には、脳に磁気刺激を加えることによって脳機能の回復をめざすTMS療法(経頭蓋磁気刺激法)を提案。ガイドラインでは週5回/合計30回の通院を要するTMS療法だが、同院では患者負担を考慮し、TMS療法とカウンセリングを併用することで通院頻度を減らし、合計30回を週2回ペースで受けられるようにしている。仕事や家事が忙しく通院が難しいという患者向けに、遠隔診療も実施している。

  • 駅徒歩5分圏内
  • 予約可
  • エレベーターあり
感染症対策実施
  • 同時受診数の制限
  • 完全予約制

ドクター紹介記事

石川慧璃院長 赤羽南口メンタルクリニック

病状の可視化で、これまでの治療に一石を投じる

石川 慧璃 院長

赤羽南口メンタルクリニック

アクセス情報

交通手段
  • JR埼京線 赤羽駅
  • 駐車場 無

診療時間

時間
10:00~18:30
※変更などにより診療時間・休診日等が記載と異なる場合がございますのでご注意ください。

施設情報

施設名 赤羽南口メンタルクリニック
診療科目
  • 精神科
  • 心療内科
責任者 石川慧璃院長
[学歴] 2006年 筑波大学医学専門学群卒業
[開業年] 2018年
電話番号 03-5939-7668
所在地 〒115-0044 東京都北区赤羽南1-4-8 赤羽南商業ビル5F
公式サイト http://akabaneminami-mental.com/
Access