全国のドクター12,623人の想いを取材
クリニック・病院 158,564件の情報を掲載(2024年6月18日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 東大阪市
  4. 鴻池新田駅
  5. はせがわ整形外科
  6. MRI検査も治療も1ヵ所で完結質の高いリハビリの提供をめざす

MRI検査も治療も1ヵ所で完結
質の高いリハビリの提供をめざす

はせがわ整形外科

(東大阪市/鴻池新田駅)

最終更新日:2022/12/26

はせがわ整形外科 MRI検査も治療も1ヵ所で完結 質の高いリハビリの提供をめざす はせがわ整形外科 MRI検査も治療も1ヵ所で完結 質の高いリハビリの提供をめざす
  • 保険診療

スポーツによるけが、高齢になって現れた体の痛み……。地域の整形外科を受診したものの「精密検査やリハビリテーションは高度検査機器のそろう医療機関で」などと言われた経験はないだろうか。「はせがわ整形外科」は、検査・治療・リハビリが1ヵ所で完結できるクリニックだ。地域密着型のクリニックながらMRIなどの検査機器を導入し、広いリハビリテーション室を設け、専門性の高い診療を提供している。腱鞘炎など日常生活でも生じる症状、アキレス腱断裂・外傷性肩関節脱臼・捻挫・テニス肘(上腕骨外側上顆炎)といったスポーツでのけがなど、幅広い整形外科領域の患者を受け入れている同院の長谷川太郎院長に、クリニックの特長やリハビリへの取り組み、骨粗しょう症検査、MRI検査、スタッフについてなど幅広く話を聞いた。

(取材日2022年11月19日)

MRI・超音波なども導入し、整形外科領域の幅広い検査・治療からリハビリまで1ヵ所で完結

Qこのクリニックの検査・診療・リハビリの特長を教えてください。
A
はせがわ整形外科 他の病院に行かなくて済む治療を提供したいと話す長谷川院長

▲他の病院に行かなくて済む治療を提供したいと話す長谷川院長

当院ではMRIをはじめ、整形外科では必須のエックス線や超音波検査、血管の硬さや詰まり具合を計測できる血圧脈波検査などの機器がそろっており、必要な検査をひと通り院内で行うことができます。手術を除き整形外科領域で受け入れできない患者さんはいないと自負しています。また広いリハビリテーション室を設けており、それぞれ得意分野を持つ複数の理学療法士が在籍して、術後の患者さんやご高齢の方、スポーツでのけがなどに対応したリハビリを提供しています。2人の整形外科の医師に加え、現在は皮膚科の医師も診療を行っており、共通点ある疾患を医師同士が連携しながら、当院1ヵ所で診られるというのも強みだと考えています。

Qリハビリはどのように取り組まれているのですか。
A
はせがわ整形外科 理学療法士が一人一人に合わせたリハビリをサポート

▲理学療法士が一人一人に合わせたリハビリをサポート

例えばスポーツ障害の場合は、けがに対するリハビリはもちろん、筋肉や関節の硬さ、スポーツ特有のフォームをチェックしながら、けがの予防もめざします。特にお子さんや若い方には薬や注射を使わなくて済むように、リハビリをメインに。動作や筋肉・関節の状態を確認しながら進めるとともに、復帰後によりパフォーマンスレベルが上がるようにリハビリを行っています。当院の理学療法士は若く、スポーツ経験者。悩みをお聞きしながら体の使い方を指導しています。ご高齢の方であれば例えば腰・腰・膝の痛みなどへの治療を行いつつ、機械を使ったリハビリと理学療法士による運動療法を組み合わせ、痛みが出にくいしなやかな体づくりをめざします。

Q骨粗しょう症の検査について教えてください。
A
はせがわ整形外科 先進機器による的確な検査が可能

▲先進機器による的確な検査が可能

骨粗しょう症予防・治療ガイドラインで推奨されるDXA法を用いて、骨密度といわれる骨の硬さを測って数値化し、診断基準にのっとって骨粗しょう症を診断します。女性であれば閉経により女性ホルモンが低下して骨粗しょう症が進む50代以降、男性であれば70歳以上は、受検が必須だと考えます。骨粗しょう症の診断がつけば、患者さんとご相談しながら投薬などで治療し、治療対象ではないけれど骨密度が減ってきている方には食事や運動、日光浴など生活指導を行います。高齢者の骨折は要介護になる確率が高くなるため、将来のけが予防のためにも検査はとても重要ですし、早くから適切な対処をすれば骨密度の改善もめざせます。

QMRI検査にも対応しているとお聞きしました。
A
はせがわ整形外科 患者の不安を和らげるオープンタイプのMRIを導入している

▲患者の不安を和らげるオープンタイプのMRIを導入している

MRIは、エックス線ではわからない骨折のほか、骨以外の靱帯・軟骨・椎間板・神経などを診ることができるもので、長引く痛みがある場合、靱帯など組織の損傷が疑われるケースでとても役立ちます。MRIでの画像診断が必要なとき、その場で撮影が可能で、すぐに診断もつけられるのが当院の強み。別日に病院などMRIの予約を取り、画像を持ってまた当院に戻ってくるなど移動は必要なく、1ヵ所で完結できるのは患者さんにとってメリットであると考えています。なお、当院のMRIは従来のドーム型ではなくオープンタイプを導入しており、検査中の音が静かで、狭いところが苦手な方、お子さんやご高齢の方にも安心していただけると思います。

Qスタッフさんの取り組みについて教えてください。
A
はせがわ整形外科 スタッフは明るく丁寧に対応してくれる

▲スタッフは明るく丁寧に対応してくれる

当院の理念は「親切・元気」。痛みや日常生活に支障がある患者さんに前向きになっていただくには、スタッフたちが元気に明るい笑顔でお迎えすることが大切だと考えています。若いスタッフも多いので元気よくテキパキしていますし、さりげなく手を添えたり患者さんが落とした物をさっと拾ったりと優しさを持った人物ばかり。医師は治療で、スタッフは対応で、患者さんを笑顔に、元気にしていけたらと常に伝えています。また月1回は勉強会を実施し、治療薬に関する知識も含めて病気の理解を深められるよう取り組んでいます。みんなで勉強して、患者さん一人ひとりに対して集中して治療できているなと感じていますね。

ドクターからのメッセージ

長谷川 太郎院長

当院ではMRIも含めた各種検査、診断・治療、ご高齢の方や術後の患者さんのリハビリからスポーツリハビリまで整形外科領域全般に幅広く対応しています。また整形外科と似通った疾患もある皮膚科も設置し、日本皮膚科学会皮膚科専門医を有す医師も在籍しておりますので、整形外科の医師と互いに足りないところを補いながら、連携して診療にあたっています。検査も2診療科の受診も、1ヵ所で完結できるのは当院の強みだと考えます。困っていることがあれば当院でできることはもちろん全力で対応させていただきますし、万が一できないことであれば信頼できる病院にご紹介もいたします。まずはお気軽にご相談ください。

Access