九段下駅前ココクリニック

九段下駅前ココクリニック

石井聡院長

先進の「オンライン通院」なら
自宅や職場ですき間時間に受診可能

九段下駅前ココクリニック

保険診療

自由診療

Main

「自宅や職場、あるいは出張先から、隙間時間を活用して医院に赴くことなく信頼できる医療サービスを受けることができたら……」そんな願いを叶えるのが、「九段下駅前ココクリニック」が導入している「オンライン通院」システム。予約から診療、会計、処方箋発行やアフターフォローまで、すべての流れをインターネットを活用したオンラインで完了できる遠隔診療の仕組みだ。「オンライン通院」は通院時間や診察の待ち時間の負担が軽減されることで、忙しく通院時間の確保が難しい都市部の患者のニーズにマッチングしており、すでに同院の患者に好評を持って迎えられているという。医療現場のあり方を変える可能性を秘めた、画期的な「オンライン通院」について、「九段下駅前ココクリニック」の石井聡院長に話を聞いた。(取材日2017年5月11日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

「オンライン通院」とはどのような医療サービスですか?

お手持ちのスマートフォンやPCから、オンラインのビデオチャットで診療を受ける仕組みです。初診時には来院いただく必要がありますが、以降の診察は必要に応じて「オンライン通院」で行うことが可能となっています。「オンライン通院」ではご自宅はもちろん職場や出張先でも、ちょっとした空き時間を利用して診察を受けることができますので、忙しい都会の働き盛り世代には適しているのではないでしょうか。診察が終了すると、事前にご登録いただいたクレジットカードに自動的に請求が行われ、ご指定の住所にお薬や処方せんが配送されます。

「オンライン通院」を受けるにあたり必要なことはありますか?

「オンライン通院」で健康保険の適用を受けるためには初回のご来院が必須です。自費診療の場合はこうした初診の縛りがありませんので、初回から「オンライン通院」ということも可能です。ただし症状を的確に掴むためには対面での診療も重要となりますので、よほど通院が難しいというケースを除き、初回と数ヵ月おきのご来院をお勧めしています。システムをご利用いただくためには、カメラ・マイク付きのスマートフォンもしくはタブレット端末が必要です。(スマートフォンは無料アプリをダウンロードする事でご利用可能です)また、決済をシステム上で行うため、クレジットカードのご用意と、薬の処方を郵送で受け取れる国内の住所も必要です。

「オンライン通院」はどのような症状の方に利用されていますか?

症状が刻々と変化する急性期の疾患ではなく、ある程度安定している慢性疾患の継続的な治療に有用だと思います。具体的には、糖尿病や高血圧、高脂血症、喘息といった生活習慣病や、花粉症、うつ病、不眠症など継続的な投薬治療が必要な患者さんへのメリットが大きいと思います。また、「忙しすぎて病院なんて通えない」とおっしゃる若い世代にこそ「オンライン通院」はマッチするものと考えています。実際、普段は通常通り通院による受診ですが、お仕事などが忙しく、薬を切らせてしまいそうな時だけ「オンライン通院」で常用薬の処方を受けるというように、上手に使い分けていただく働き盛りの患者さんもいらっしゃいます。

検診・治療START!ステップで紹介します

初回来院

その後オンラインに移行することもふまえて、初回の来院時には症状が表れている患部のみに限らず全身の状態についてくまなくチェックを受ける。糖尿病なら採血と足の指の状態のチェック、花粉症なら血液検査でアレルゲン(原因物質)の特定をしたりと、必要な検査も行う。抜かりない視診、聴診、触診で、「オンライン通院」希望者の初診には特に時間をかけて丁寧に行うという。

情報登録

「オンライン通院」システム上にアカウントを作成し、各種情報を登録する。システムを利用するには、一般的なOSが作動するスマートフォンやタブレットもしくはパソコンが必要となる。また、決済までをシステム上で行うため、登録にはクレジットカードが欠かせない。登録が完了すれば、次回の診察はシステム経由で予約することが可能だ。

オンライン通院

予約した時間になったら「オンライン通院」システムにログインして、ドクターからの呼びかけを待つ。ビデオチャットが開始したら、あとは通常通り医師の質問に答えたり、逆に質問したりと自由に対話することができる。システムでは、検査結果や患部を撮影した画像などのデータも送信することが可能。自宅や職場など、自身のテリトリーで、リラックスして診療を受けることができる。

薬処方

現状の「オンライン通院」システムでは、処方箋は郵送が基本。オンライン通院を受けた当日の発送で、早ければ翌日に自宅など指定した場所で受け取ることができる。通常の処方箋は4日が期限となっているが、「オンライン通院」では処方箋期限を7日間に延長してくれる。自宅や職場の近くなど、全国どこの調剤薬局でも薬を受け取れる。

次回診療計画策定

「オンライン通院」の最後には、症状やライフスタイルに合せて、ドクターと次回診療のタイミングと方法を協議する。月に1度の「オンライン通院」を受けながら、病状に応じて、3~4ヵ月に1回は通院して対面診察を受けるのが一般的だ。とはいえ、「忙しいときだけオンラインで」「遠方出張が続くのでその期間はオンラインで」など、患者の都合に合せて診療計画を組むことができる。

料金の目安

オンライン通院予約料1000円〜

ドクターからのメッセージ

石井 聡院長

当院のコンセプトは「働く人が通いやすく、しかも最新の医療が受けられるクリニック」です。千代田区「九段下」駅から徒歩0分という立地ですので、近隣の方のみならず、乗り換えで駅をお使いの遠方の方などにも「オンライン通院」はお勧めです。働き盛りの若い世代の受診率、通院率が高いとはいえない今の医療状況だからこそ、そのような若い世代へ、数か月に一度の対面診療と月に一度の「オンライン通院」を組み合わせていただくことで、よりよい継続的な治療をご提供できると考えております。

読者レポーターのメッセージ

渡邊 峰穂さん

「オンライン通院」での診察には不安があったのですが、ドクターもしっかり説明してくれて通常の診察と遜色ない内容なのだとわかりました。病院やクリニックに通うと、診察から支払い、処方箋受領、調剤薬局での薬の受け取りなどで最低半日仕事を休む必要があるのが悩みでした。その点「オンライン通院」では受診に関わる時間を圧倒的に短縮でき、自宅で診察を受けられるし、薬も職場や自宅近くで受け取り可能でたいへん便利だと感じました。高血圧などの慢性疾患の継続治療にはもちろんですが、花粉症など季節的な疾患にも、症状のない夏場に診察を受けて、ピーク時には「オンライン通院」で薬を処方していただけるのはとても良いと思いました。

記事更新日:2017/06/16
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細