全国のドクター9,122人の想いを取材
クリニック・病院 161,398件の情報を掲載(2020年4月04日現在)

  1. TOP
  2. 埼玉県
  3. さいたま市大宮区
  4. 大宮駅
  5. 大宮静脈瘤クリニック
  6. 見た目や不快感のある下肢静脈瘤日帰り治療でQOL改善をめざす

見た目や不快感のある下肢静脈瘤
日帰り治療でQOL改善をめざす

大宮静脈瘤クリニック

(さいたま市大宮区/大宮駅)

最終更新日:2019/02/27

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

ふくらはぎや膝の裏側、太ももの裏側などに血管がぼこぼこと浮き出たり、クモの巣状に広がった血管が見えたり、足の重だるさや足のむくみにも関わってくる下肢静脈瘤。命に直接関わるような重大な疾患ではないとされているが、見た目の悪さや、足の不快感に悩む患者も多い。自然治癒が望めない進行性の疾患であることから、生活の質への影響をできる限り少なくするためにも早期の治療が重要とされる。最近では、下肢静脈瘤に対する治療方法として、体への負担に配慮した日帰りで受けられる保険適用の治療があり、多くの患者のQOL(生活の質)改善に貢献している。診療や治療法の具体的な手順などについて「大宮静脈瘤クリニック」の橋本千尋院長にわかりやすく教えてもらった。(取材日2019年1月24日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Q下肢静脈瘤とはどのような病気ですか?
A

人間の血管には心臓から血液を送り出す動脈と、末端から心臓に血液を戻す静脈があります。足の静脈では重力に逆らい上向きに血液が流れますので、逆流を防ぐために静脈の内側には静脈弁という弁があります。足の静脈弁が壊れると足の静脈に血液がたまりやすくなり、静脈がこぶのように膨れてくることがありますが、それが下肢静脈瘤です。直接命に関わる重病ではありませんが、進行性の疾患で自然治癒は望めないため、時間経過に伴い、下肢静脈瘤は徐々に悪化していきます。遺伝的要素が強いので、ご家族に下肢静脈瘤の人がいる場合は注意が必要です。また、調理師や美容師など、立ち仕事が多い方も下肢静脈瘤になりやすいので気をつけましょう。

Qどのような時に受診する必要がありますか?
A

静脈がぼこぼこと膨れ上がっている、蜘蛛の巣状に静脈が広がっているのが見えるなど、すでに外見が気になる状態の場合は、早めの受診をしていただきたいです。湿疹や色素沈着などを発症している場合はもちろんですが、見た目には何ともなくても、足が重苦しい、だるい、就寝中に足がつって目が覚める等の不快な症状がある場合も受診しましょう。下肢静脈瘤は、60代以上の高齢女性に多いのも特徴です。患者さんの中には、内科などを受診しても「放っておいて大丈夫」「様子を見ましょう」と言われ、そのまま放置し、症状が悪化してしまったというケースも多く見られます。少しでも気になったら、下肢静脈瘤の専門クリニックをお訪ねください。

Q治療方法にはどのようなものがありますか?
A

大きく分けて、保存的療法、硬化療法、血管内治療の3つがあります。軽症の場合には、根本的治療ではありませんが、保存的療法として生活習慣の改善や、弾性ストッキングを着用して症状の改善や進行抑制を図ります。静脈瘤が蜘蛛の巣状や網目状に広がっている場合には、静脈に薬を直接注射後、弾性ストッキングなどで圧迫し静脈瘤を退化させて消失させる硬化療法を行います。ぼこぼこと膨らんでいる場合には、静脈内に高周波を当ててその熱で静脈瘤をふさぐ血管内治療を行います。硬化療法も血管内治療も保険適用で日帰りが可能です。入院の必要がなく、治療したその日から普段どおりの生活が送れることも大きなメリットです。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診と超音波検査

まずは見た目の症状、足の重だるさなどの自覚症状や家族の既往歴、服薬状況などを丁寧に問診。その後、超音波検査で血液の逆流や滞りがあるかどうかを詳細に検査する。主に足の太ももとふくらはぎの静脈の状態を調べ、疾患の進行程度を判断する。

2診断と治療方針の説明

問診と超音波検査の結果、軽症の場合は生活習慣の改善や弾性ストッキング着用の指導を受ける。外見上の問題がある場合は、静脈瘤の種類と血管の太さにより、硬化療法もしくは血管内治療を行う。同クリニックでは見た目が気になって受診した患者の多くが、血管内治療を受けるそうだ。

3症状に適した治療を実施

超音波で血管の位置や状態を確かめながら治療を行う。静脈に薬剤を注射する硬化療法の場合は、注射のみなので5~10分程度と短時間で済む。血管内治療の場合は、局部麻酔を行うため片側20~30分程度。両足でも40~50分程度で終了。高周波で焼かれた静脈は血液が流れなくなり、その後3~6ヵ月で体に吸収される。治療中は看護師がリラックスできるよう優しく声かけしてくれるそうなので安心して治療を受けられるだろう。

4治療の翌日に検査

治療の翌日、もしくは翌々日に来院して超音波検査を受ける。ほとんど心配する必要はないそうだが、深部静脈血栓症が起きていないかどうか、念のためチェックする。合わせて血液の逆流がないかどうか、静脈がきちんと閉じているかなどを丁寧に検査する。

51ヵ月後、3ヵ月後にも再検査

治療して1ヵ月後にも超音波検査を受ける。血液の逆流がないかどうか、血管が閉じているかどうか再び詳細に検査を行う。血管のぼこぼこの状態もチェックする。さらに3ヵ月後に最終チェック。こぶが消えているか、再発していないかどうか、他の静脈に症状が起きていないかなどを確かめる。何も問題がなければ治療終了となる。

ドクターからのメッセージ

橋本 千尋院長

下肢静脈瘤は、その見た目や不快感などから不安や悩みを抱えている方も多い疾患です。治療を受けたいが専門性の高いクリニックがわからなかった、という声も多くお聞きします。確かに直接命に関わる症状ではありませんが、常に不快感に悩まされ生活の質にダイレクトに影響する疾患です。今は短時間の日帰りで処置が行え、処置後は普段どおりの生活が可能です。当クリニックは北関東のターミナル駅である大宮駅西口から徒歩2分、医師も看護師もスタッフも全員女性のクリニックです。不安や悩みに耳を傾けることも私たちの重要な使命。気になることがありましたら気軽にご来院・ご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

弾性ストッキング(保存的療法の場合)/7000円~

Access