全国のドクター9,191人の想いを取材
クリニック・病院 160,564件の情報を掲載(2023年2月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 渋谷区
  4. 渋谷駅
  5. 医療法人社団MYメディカル MYメディカルクリニック渋谷
  6. 発熱原因は新型コロナウイルス感染症の他にも予約なしでも診療を

発熱原因は新型コロナウイルス感染症の他にも
予約なしでも診療を

MYメディカルクリニック渋谷

(渋谷区/渋谷駅)

最終更新日:2022/12/07

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

職場や学校の要請で、毎朝の検温を欠かさずやっている人も多い昨今。風邪や頭痛によるものも含め予期せず発熱すると受診できる医療機関が限られたり、予約が必要だったりと、ただでさえ体調が悪いのに困惑することも多くなっている。メディアでも一時期、受診難民が報じられていたほどだ。渋谷にある「MYメディカルクリニック渋谷」では、予約優先だが予約なしの発熱患者もしっかりと受け入れ診察をしている。交通の便の良さもあり、頼りにする患者も多いという。発熱の原因となる疾患は新型コロナウイルス感染症だけではなく、検査では陰性で発熱が続くときこそ要注意、と警鐘を鳴らす「MYメディカルクリニック渋谷」の大原慎院長に話を聞いた。

(取材日2022年10月18日)

発熱した患者をいつでも受け入れられる体制を

Q発熱した患者のための外来に力を入れておられます。
A
20221115 1

▲必要に応じて新型コロナウイルスの各検査も実施可能

一時期メディアで大きく報道されていましたが、発熱された患者さんが受診できる医療機関を探しておられる様子を拝見しました。当クリニックでは予約優先ですが、予約なしでも受診していただける体制を整えております。具合が悪いのに遠方から来られる方も多くいらっしゃいますので、できる限り待ち時間を少なく、かつ丁寧な診療と適切な診断を心がけています。新型コロナウイルス感染症に対する検査は、すぐに結果の出る抗原検査と、PCR検査を併用。それぞれの検査のメリット・デメリットをお話しし、患者さんの状況に合わせて適切な検査をご案内しています。

Qどのような時に受診すれば良いですか?
A
2

▲風邪症状があり不安な場合は発熱の外来での受診を勧める

新型コロナウイルスが流行し始めた当初のように高熱が何日も続かなくては受診できないということはありません。昨今は新型コロナウイルス感染症に注意が行きがちですが、発熱症状が出る感染症や疾患は数多くあります。医療機関によっては発熱者のための外来でも、初日は新型コロナウイルス感染症の検査しかしないところもありますが、これは実は危険です。PCR検査は結果が出るのが多くの場合検査翌日となりますが、他の感染症だった場合治療開始が遅れることになります。特に細菌感染症では速やかな抗生剤投与が必要です。従って発熱の外来では丁寧な問診・診察が重要になってきます。

Q受診した場合、具体的にどのように対応していただけますか?
A
3

▲必要に応じて適した検査を提供

まず問診・診察を行い、必要があれば新型コロナウイルス感染症の検査、インフルエンザの流行が始まれば同時にインフルエンザの検査もさせていただく予定です。抗原検査であれば10から15分程度で結果が出ます。血液検査、尿検査、レントゲンなどを必要に応じて行います。当クリニックでは、細菌感染の際に上昇することが多い白血球数や、体の中でどれくらい強い炎症が起きているかの指標となるCRPの数値、生活習慣病の指標となるコレステロール値やヘモグロビンA1c、尿酸値などの結果が採血後20分ほどで出る検査機器を導入しています。クリニックらしい機動力を生かして患者さんにとって利便性の高い診療を行っています。

Q受診の際に気をつけておいたほうが良いことはありますか?
A
4

▲患者とのコミュニケーションを大切にして信頼関係を築く同院

患者さんが現在処方されている薬、過去にかかったご病気がわかる状態で来院していただけるととても助かります。同じ症状で別の医療機関にかかっていたが、診断に納得できず当クリニックにお越しいただく方もいらっしゃいますが、その場合はできる限りで結構ですので、これまでどのような検査を受けられ、その結果をどう説明されたか、何か薬を処方されたり処置を受けられたのか、教えていただきたいです。お薬手帳や各種検査結果もできればお持ちください。皆さまにお気軽にご相談いただけるよう信頼関係の構築に努めています。

Q新型コロナウイルス感染症の場合はどういった対応になりますか?
A
5

▲検査後のフォローも欠かさない

新型コロナウイルス感染症と確定診断した場合、保健所等への報告義務の有無、自宅隔離の期間や濃厚接触者のルール、自治体などのフォローアップ体制、自宅療養する上での注意点やこつなどについてもお話ししています。これは日々変わっていくものなので患者さんが最新情報を自身で得るのは難しいと思います。私たちも常にスタッフ間で最新情報の共有に努めています。また療養解除にあたりPCRの陰性確認は必要ないことなどもお話ししています。最近は療養期間解除後に症状が残っている方のご受診が多くなっています。不安なことや疑問に思うことがあれば何でも相談してください。

ドクターからのメッセージ

大原 慎院長

昨今は新型コロナウイルス感染症かどうか、ということばかり注目されがちですが、発熱症状のある感染症は他にもたくさん考えられます。特に注意したいのは、新型コロナウイルス感染症の抗原検査で陰性だった場合です。抗原検査は特に発症初日は感度が低いためコロナの否定には使えないですし、コロナ以外の発熱の原因について追求しなければなりません。当クリニックは平日夜間や土日も診察しておりますので、ご都合に合わせて受診していただけます。気になることは何でもご相談いただければ幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インフルエンザウイルス検査/4400円

Access