巣鴨駅前胃腸内科クリニック

巣鴨駅前胃腸内科クリニック

神谷雄介院長

新規開院

痛い?苦しい?時間がかかる?
患者の不安を一掃!大腸内視鏡検査

巣鴨駅前胃腸内科クリニック

保険診療

Top

大腸内視鏡検査と聞くと、どうしても「痛い」「怖い」「大変」というイメージを持ちがちだ。だが、「巣鴨駅前胃腸内科クリニック」の神谷雄介院長は「実際に受診していただくと、眠っているうちに全部終わっていた、まったく痛くなかったとおっしゃる方がほとんどです」と話す。同院では患者さんの時間的・肉体的なストレスをできる限り軽減し、楽に受診してもらえるよう、さまざまな工夫をしている。それも「早期に病気を発見し、異常がなくてよかったと安心していただきたい」という思いから。希望すれば、同日に大腸カメラだけでなく、胃カメラ、超音波エコー検査も行うことができるのも、忙しい人にとってはうれしいところ。検査の実際をレポートする。(取材日2016年6月2日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

同日に複数の検査を受けるのはどのようなメリットがありますか?

まず患者さんの時間的な負担が少なく、1日ですむという利点があります。働いている方はそのためにお休みをとるのもむずかしく、土曜日曜を利用して1回ですませたいとご希望の方が多いのが実情です。またどこに病気があるかはっきりしない場合、1日のうちにいろいろな部分を検査することができるので、原因がわかりやすいということがあります。例えば胃が痛いと患者さんはおっしゃるけれど、胃ではなく裏側にある膵臓や胃の下側にある横行結腸が原因かもしれません。胃カメラ、大腸カメラを同時に受診なさる方は、鎮静剤の使用が一度ですみますので、体への負担も少なくなりますね。

検査はつらくないのでしょうか?

ご心配なさることはありません。大腸の粘膜にはそもそも痛覚がなく、痛みを感じるのはスコープを挿入するとき無理に押して腸管が引っ張られ周囲の筋肉の神経を刺激するからです。当院では、「軸保持短縮法」といって、なるべく腸を押さずにそのままの形を維持しながら挿入する方法で実施していますので、痛みはほぼありません。また大腸カメラに関しては前処置で飲む下剤がおつらいという方が少なくありませんが、新しい処置薬が出ています。当院で採用している新しい前処置薬は前日の下剤が必要なく、量も従来の2/3から3/4程度ですみます。さらに鎮静剤(静脈麻酔)を点滴すれば、うとうとしている間に検査が終わっています。

どのようなとき大腸内視鏡検査を受けた方がいいのでしょうか。

検診でひっかかった方、下痢、便秘などの便通異常の方、血便のある方は検査なさった方がいいですね。血便は痔である場合も多いのですが、痔だと思い放っておいたら、実は直腸の腫瘍だったというケースもあります。また特に自覚症状がなくても、40代になったら一度検診代わりに受けたほうがいいでしょう。大腸の場合、大体ポリープが大きくなって、がん化していくことが多いのです。何か症状が出る前に、ポリープの段階で切除しておけば、がんの予防にもなります。生活習慣の積み重ねなどでがん好発年齢となる40代に入ったら、一度検査をお勧めします。

検診・治療START!ステップで紹介します

診察室での問診で不安な点を何でも相談

検査の前にまず問診。血便など自覚症状の有無、健康診断での異常など患者の状態を確認。同院では検査に不安を覚える患者には、実際の検査がどのようなものなのか、しっかりと説明して不安をとりのぞいている。またこのとき、鎮静剤の使用量について、ぐっすり眠った状態か、あるいは苦痛を取り除きつつ検査画面が診られる状態かなど相談しながら決めていく。

超音波専門技師による超音波エコー検査

最近はエコーの精度が上がり大きな異常を見つけられるので、最初の検査として超音波検査を行う場合もある。また症状があるから必ず大腸カメラ、胃カメラということではなく、本当に内視鏡検査が必要な状態かを見極めるためにもエコーは活躍している。同院では、見づらい位置にある膵臓を、体位を変え、いろいろな角度から写して、見えやすくするなどエコー検査にも工夫をしている。

大学病院レベルの設備の整った、内視鏡検査

前処置薬を飲んだ後、ロッカールームで検査着に着替え、鎮静剤を点滴。1、2分で効果が現れるのでスコープを挿入する。同院では痛みのない「軸保持短縮法」で挿入。また固さや太さの異なる数種類のスコープを用意し、患者に合わせてカメラを選択している。ハイビジョンスコープは小さな病変や異常も発見し、さらに色素散布やNBIシステムなどの利用で切除が必要なポリープかどうか瞬時に判断できるという。検査時間は約10分。

快適な空間を追求したリカバリールームで休息

検査後は点滴が終わるまで、専用のリカバリールームのベットタイプにもなるソファで安静に。大体20〜30分程度で目覚める場合がほとんど。内視鏡検査は、大腸の中に空気を送り膨らませた状態で行うため、空気によるお腹の張りが検査後もつらいケースが多いが、同院では空気の100倍吸収が早く、お腹の張りが少ないと言われる炭酸ガスを使用しているので、検査後もスムーズに帰宅できる。

検査結果を丁寧に説明

当日、鎮静剤が覚めたら実際の検査画面を見ながら結果を聞くことができる。検査が始まってから結果を聞くまで1時間ほど。ただ大腸カメラの場合、前処置薬を飲む必要があり、自宅で服用する場合は来院して1時間ちょっと、来院後服用する場合には2時間半から3時間ほどで終了する。

ドクターからのメッセージ

神谷 雄介院長

大腸内視鏡検査というと「大変」というイメージがありますが、実際には痛みなく楽に検査を受けることができます。まずは大腸内視鏡検査がどのようなものなのかを知っていただくことが大事だと思っています。実際に内容をご説明すると、それなら受けてみようかという方がほとんどです。検査機器自体の性能もあがっていますし、当院では苦痛を和らげるためのさまざまな工夫をしています。女性は抵抗のある方が多いと思うのですが、私以外のスタッフはすべて女性ですし、鎮静剤で眠っているうちに終わらせることもできます。検査内容やご不安な点はしっかりとご説明します。まずはクリニックまでご相談ください。

読者レポーターのメッセージ

鈴木愛美さん

体にスコープを挿入する内視鏡検査には抵抗があったのですが、先生のお話を聞いて受けてみようかなという気持ちになりました。鎮静剤でうとうとしている間に検査が終わっているそうですし、患者の希望に合わせて量も調節してもらえるとのこと。小さな異常でも発見できるので、検査をしたのに見逃したということもなさそうです。先生の説明がとても丁寧で、これなら不安なく検査を受けられると感じました。また先生以外スタッフの皆さんは女性なので話しやすいし、明るく気持ちのよいクリニックでした。

記事更新日:2016/07/06
Access