全国のドクター9,289人の想いを取材
クリニック・病院 158,664件の情報を掲載(2024年4月16日現在)

  1. TOP
  2. 岐阜県
  3. 岐阜市
  4. 岐阜駅
  5. 高橋デンタルクリニック
  6. 高橋 誠 院長

高橋 誠 院長の独自取材記事

高橋デンタルクリニック

(岐阜市/岐阜駅)

最終更新日:2023/06/27

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック main

岐阜駅から徒歩2分の住宅街にある「高橋デンタルクリニック」は、長年にわたり地域住民の歯の健康を守るため診療を続ける歴史ある歯科医院だ。高橋誠院長が祖父の代から続く同院を継承したのは2015年。高橋院長は勤務医時代、歯科口腔外科を専門に研鑽を積んできた人物で、同院の診療でも培った経験を生かし、一般歯科診療をはじめ、難症例の抜歯、顎関節症治療、インプラント治療などを手がけてきた。全身管理の必要な患者の治療では、医科と連携できるよう体制を整えている。そんな高橋院長が診療にあたり大切にしているのは「まずしっかりと説明すること」。本人には見えない口の中をカメラで撮影し、大きなモニターで丁寧に説明しながら治療を行う。歯科医療に真摯に向き合う高橋院長に、治療にかける思いなどを聞いた。

(取材日2023年3月28日)

地域に根差した歯科医院で精度の高い治療の提供に尽力

院長は3代目とのことですが、長年このエリアで診療を行ってきたのでしょうか?

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック1

私の祖父がこの場所で歯科医院を開業しました。現在の建物は同じく歯科医師の父が院長を務めていた時代に建てたものです。私にとっては生まれ育った地域でもあります。この辺りは駅から近くて便利ですが、一本入ると静かな住宅街で近所には桜で有名な川もあるんですよ。2015年に院長を引き継いだのと併せて院内をリニューアルしました。診療室は半個室に。圧迫感のない開放感のある造りにすることで、患者さんに落ち着いた空間でリラックスしてもらいたいと考えました。最近では歯科用マイクロスコープ、歯科用CT、口腔内スキャナーなどの機器を導入しました。診療機器も日々進歩していて、診療では精度を高めるため活用しています。

歯科医院継承以前のご経歴をお聞かせください。

日本大学歯学部を卒業後、名古屋大学大学院に進み歯科口腔外科で医学博士を取得。愛知県や岐阜県の関連病院、歯科医院などでも多くの経験を積んできました。私は日本口腔外科学会認定口腔外科専門医で、全身管理の必要な患者さんの治療や、顎関節症の治療、親知らずの抜歯、外科手術などを手がけてきました。大学病院ではインプラント治療に携わっていた経験もあり、当院でもインプラント治療を積極的に行っています。インプラント治療は、歯がなくなったときに噛み合わせを回復させるための手段の一つですので、診療では患者さんの歯の状態やニーズに応じて、入れ歯、ブリッジ、インプラントの中から一番良い方法を選択していくことを重視しています。インプラント治療をすることが目的にはならないように、と考えて患者さんとよく話し合って治療を行います。

数ある分野の中で、歯科口腔外科を専門に選んだのはなぜですか?

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック2

歯科の道に進んだのは祖父や父の影響が大きく、開業も視野に入れていたものの、歯学部に入った当初は漠然としていました。将来を思い描く中で、「歯“医者”だから、歯のことはもちろん全身のことがわかる、治せるような人間になりたい」と考えるようになり、それで歯科口腔外科を専門としたのです。現在も、持病のあるご高齢の患者さんに合わせた治療を提案するなど、長年培った専門知識や経験は今も生きていると感じます。必要とあれば患者さんの主治医と連携することもできるので、患者さんも安心なのではないでしょうか。さまざまな診療科と連携して医療に取り組む経験は歯科口腔外科ならではですし、自分にとって大きな財産だと思っています。

バランスの良い噛み合わせを維持し、歯の健康を保つ

患者さんの特徴を教えてください。

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック3

地元のお年寄りのほか、定期的に通われる方もいらっしゃいますし、最近の特徴はインターネットで調べて受診するという人も増えています。学校や仕事の帰りに寄りやすいのも、駅から歩いてすぐの立地の利点ですね。名古屋方面にお勤めの方が帰宅途中、駅に降りてそのまま来院されるというケースが多く見られます。できるだけ患者さんのニーズにお応えできるよう、水・金曜は19時30分まで診療を行っています。あと多いのはお子さんで、親子一緒での受診も少なくありません。

診療を行う際に心がけていることは何ですか?

当院では歯科・小児歯科・歯科口腔外科全般を診療しますが、どんな診療でも常に意識しているのが「健康な歯を守ること」です。例えば、実際の診療でも患者さんによくお話をするのですが、虫歯になって痛くなってから来院されると、治療のために多少なりとも痛い思いをすることになり、治療の時間も費用もそれなりにかかります。一方で、定期的に歯科医院でメンテナンスしていただければ、トータルで一生涯をみると、医療費も診療にかかる時間も違いが表れると思います。何より、痛い思いも少なくて済むでしょう。生涯自分の歯でおいしい食事ができたらそれが一番いいことですから、予防歯科に取り組むメリットはとても多いんですよ。また、何らかの理由により歯を失ってしまった場合には、それを補うこともとても大切です。そのままにしていると噛み合わせのバランスが崩れ、健康だった歯にも影響が及び、歯をどんどん失うことにもつながりかねませんからね。

残された健康な歯を守るためにも、適した方法で補うことが大事なのですね。

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック4

そのとおりです。当院でインプラント治療に力を入れているのも、健康な歯を守るのに役立つ治療だと実感しているからです。ただ悪くなった場所の処置をして終わり、ではなく、なぜ悪くなったのか、どうすれば良い状態を保てるのかを患者さんに理解していただくことも重視し、定期検診やメンテナンスによる予防の取り組みにつなげるよう努めています。「食べたいものを食べられる」というのは、人生においてとても大事なことだと思います。

時間をかけて、患者の理解を深めることに注力

患者さんと接する際にいつも心がけていることは何ですか?

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック5

やはり説明をしっかりとすることだと思います。患者さんが納得して治療を受けられ、その結果に納得して帰っていただく、ということを大事にしています。ですから時間をかけて丁寧な説明を心がけています。特に初診の際には多めに時間を取りますね。説明するときには専門用語は使わないようにして、できるだけわかりやすい言葉で話すようにしています。それから、なるべくまとめて話すようにも気をつけています。治療の説明には口腔内カメラを使って、実際に口の中の画像を撮って、それを大きなモニターで見ながら説明します。口の中のことはご本人には見えませんから、歯石なども「こんなに汚れてますよ」とお見せすると納得していただきやすいと思います。例えば虫歯の治療なら、治療前、治療途中、治療後でそれぞれ撮影し、その都度ご本人にも画像を見てもらうようにしています。

スタッフの皆さんとの連携体制についてはいかがでしょうか。

頻繁に情報共有するようにしています。歯科衛生士さんは技術も経験も持っている方々なので信頼して任せています。スタッフ間では何でも言える環境にあるんじゃないでしょうか。あと、患者さんにとっても私より歯科衛生士さんのほうが話しやすいと思います。患者さんのお人柄などをつぶさに観察して、自然と寄り添う応対を心がけてもらっています。

今後の展望と読者へのメッセージをお願いいたします。

高橋誠院長 高橋デンタルクリニック6

インプラント治療などさまざまな選択肢の中から、患者さんにとってメリットとなる治療を提案し、健康的な口元を守っていくことにこれからも力を尽くしていきたいです。当院は駅から近いので「困っているから何とかしてほしい」という患者さんも少なくありませんが、そういったきっかけの患者さんとも関係性を築き、長くお付き合いできたらと思っています。定期メンテナンスの理想は3ヵ月置きくらいですが、学生さんなどには春休み、夏休み、冬休みが4ヵ月置きにありますから、長期のお休みになったら遊びに来てね、と話します。定期的なメンテナンスをしていれば、もし虫歯になっても初期状態で治療でき、患者さん自身も口の中がきれいになったという実感が持てれば、それを維持しようという気持ちになってくるのではないでしょうか。セカンドオピニオンとしての相談もお受けしていますので、気になることがあったら何でも相談していただきたいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/33万円程度

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供をしております。
マウスピース型装置を用いた矯正については、効果・効能に関して個人差があるため、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access