全国のドクター9,322人の想いを取材
クリニック・病院 161,128件の情報を掲載(2020年10月30日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 柏市
  4. 柏駅
  5. 医療法人社団 秀和誠宏会 柏東口駅前歯科 ジャパンデンタルクリニック
  6. 大学病院並みの診療体制をめざしチームで総合的な歯科医療を提供

大学病院並みの診療体制をめざし
チームで総合的な歯科医療を提供

柏東口駅前歯科 ジャパンデンタルクリニック

(柏市/柏駅)

最終更新日:2020/10/30

Top Top
  • 保険診療
  • 自由診療

常勤・非常勤を含めて歯科医師8人が診療にあたる「柏東口駅前歯科 ジャパンデンタルクリニック」。全8室ある診療室を歯科医師らと歯科衛生士、歯科助手がそれぞれ担当し、一人ひとりの患者に真摯に対応している。バックヤードを支えるのは、歯科技工士や受付スタッフ。「矯正や口腔外科など専門性を持った先生が集まり、患者さんに対して、より最善と思われる治療を提供できるのが特徴です」と話すのは、田名網宏樹(たなあみ・ひろき)院長。同院の診療が実際にどのように行われているかを田名網院長をはじめ、佐藤隆先生、スタッフの吉澤幸恵さん、大塚仁美さんに語ってもらった。 (取材日2020年9月25日)

めざすは「小さな大学病院」。専門性を持ち寄って、患者一人ひとりに合った歯科治療をチーム医療で提供

Q歯科医師が多数いるそうですが、診療体制を教えてください。
A
1

▲チーム医療で一人ひとりの患者のニーズに幅広く応える

【田名網院長】診療のコンセプトは「小さな大学病院」です。歯科医師は常勤3人、非常勤5人で、矯正や口腔外科、麻酔科など専門性を要する領域については専門の歯科医師がおります。それ以外の歯科医師も、私であれば虫歯や歯周病を扱う保存科など、各自が専門領域は持ちながら幅広い領域に柔軟に対応。クリニックとしての総合力を重視し、一般歯科から小児歯科、予防歯科、審美歯科、インプラント治療などの診療を行っています。歯科技工士も1人常駐し、詰め物やかぶせ物、義歯を製作。そのほか、3人の歯科衛生士に歯科助手、受付が常に院内無線で連絡を取り合い、患者さんにスムーズに対応できるよう、チーム内で連携しています。

Q佐藤先生に伺います。診療で心がけていることは何でしょうか?
A
2

▲口腔内カメラ等を使い、患者にわかりやすく伝えることを心がける

【佐藤先生】患者さんの希望に沿った丁寧な診療を心がけています。要望に応えるよう努め、もしできないことがあれば、なぜできないのかをご説明し、納得いただくことが大事。理解してもらうための一例として、ご自身のお口の中の状態を「見て」わかっていただくよう工夫しています。鏡で見ていただいたり、ペン状の口腔内カメラで撮影してお示しすることもありますね。その上で、これからこういう治療をしていくのだとお話しすると、理解が深まり、患者さんの意識も高まるのではないでしょうか。歯茎の専門家である歯科衛生士の意見も、診療方針を決める上で重要ですね。連携をとりながら、患者さんのために最善の治療ができるよう努めています。

Qスタッフの吉澤さんが、患者さんに対して心がけていることは?
A
3

▲定期的なメンテナンスと日々のホームケアが大切と話す吉澤さん

【吉澤さん】やはり歯周病ケアや、その後の定期メンテナンスをしっかり行うことで、患者さんにはお口の中の健康を保っていただきたいと思っています。それには、通い続けていただくことと、セルフケアも含め、きちんとお口のケアを続けてもらうことが大切。ですから、患者さんにその方の歯やお口の状態を正しく伝え、理解していただいた上で意識を高めてもらうことを重視しています。また、患者さんの炎症の様子や唾液の状態を見ると、血糖値が高いのではないかなど、体調面もわかるもの。必要に応じてそうした質問もしています。最近はマスク生活で自分のお口の臭いも気になりやすいですが、当院では口臭測定もできるので、ぜひ聞いてください。

Qスタッフの大塚さんには患者さんへの気遣いについて伺います。
A
4

▲一人ひとりの患者に寄り添い、丁寧な対応を心がける

【大塚さん】当院では、なるべく「抜かない」「痛くない」「怖くない」治療をモットーにしていますので、要望に応えられるよう努めています。例えば、他院で抜くように言われた歯でも、患者さんが抜きたくないとお考えの場合は歯科医師が診させていただき、今すぐ抜かねばならないのか、痛みが出るまではその歯を使い続けられないかなどと、あらゆる可能性を考えて患者さんとご相談いたします。歯科衛生士としても、日頃から患者さんと世間話やちょっとしたことの積み重ねで信頼関係を築き、親身になって考えるよう心がけています。私の場合は自分のことも話すので、娘や孫のように気遣ってくれる患者さんもおられますね。

Qチームで行う治療で、大切にしていることを教えてください。
A
5

▲受付スタッフ、歯科医師、衛生士がチームとして患者を迎え入れる

【田名網院長】歯科医師は確かな診断と治療方針の策定で、チーム医療を引っ張っていく存在です。それに対して、歯科衛生士は歯茎の専門家として意見を出してくれますし、その他の職種からも、その人の目線で気づいた患者さんのことなどを常にカルテとCT、エックス線などのデータで共有し、誰もがその患者さんに対して最善の治療ができるよう努めています。当院では診療室が、大きな仕切りでプライバシーに配慮した形の半個室で8室あり、常にインカムで連絡を取れるようにして、どの診療室の患者さんのことも把握してスムーズに治療を進めています。長く勤めるスタッフが多く、その雰囲気の良さが患者さんにも伝わるのではないでしょうか。

ドクターからのメッセージ

田名網 宏樹院長

当院では年中無休の365日体制で、平日は20時まで、土曜は18時まで、日曜も13時まで診療を行っています。それを支えてくれるのがスタッフたちで、8つある診療室の間を行き交い、患者さんをできるだけお待たせしないよう、効率的、かつ丁寧に対応をしてくれています。患者さんの情報も、どの診療室でもすぐに見られるようなカルテシステムで、状況を把握して対応ができる体制を構築してあります。通常なら大学病院を紹介されるような難症例でも、当院で診られるものは多々ありますので、ぜひ頼っていただきたいですね。駅から徒歩3分という立地で、少しでも通いやすいと思っていただければ幸いです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/25万円~、矯正/60万円~、審美歯科(セラミックインレー)/2万9160円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access