柏東口駅前歯科 ジャパンデンタルクリニック

田名網宏樹 院長

174479 df 1 main 1436442841

「柏東口駅前歯科 ジャパンデンタルクリニック」は、JR・東武線柏駅東口から徒歩5分ほどの、アーケード街を通り抜けたところにある。同院は2015年6月に開院したばかりだが、院長の田名網(たなあみ)宏樹先生が以前勤めていた病院から引き続き通い続けている患者も多い。もちろん、その腕前と人柄を慕ってのことだ。本人もその信頼を受けて、とても自信に満ちたドクターである。現在も日本大学歯科治療管理学講座に在籍しており、新しい技術や知識への意欲も高い。「歯科に対する、怖い・痛い・黙って治療をされるという悪いイメージをなくしたいんです」と熱く語る田名網先生に、開院に至る経緯や、治療中に心がけていること、現在の歯科治療に関する印象などを語ってもらった。
(取材日2015年7月1日)

あえて歯科激戦区で開院した理由

―開院にあたり、この地を選んだ理由をお聞かせください。

私はずっと「世の中の歯科に対する悪いイメージを壊したい」と思ってきました。皆さん10代くらいの若い頃から、歯科は痛い・怖い・先生が話を聞いてくれない、というイメージをお持ちですよね。あとは「すぐ歯を抜かれる」とか。それをどうしても改善したくて、そのためには人口と歯科医院の多い場所で開業するのが一番だと思ったんです。いわゆる激戦区と呼ばれるエリアですね。そして、柏市には200件以上の歯科があり、また交通の便も良いということでここを選びました。

―こちらにいらっしゃる患者さんの年齢や性別、症状に傾向はありますか?

6月に開院して、既に200名以上の方にいらしていただいているのですが、老若男女の偏りはないと思います。下は2歳くらいの小さなお子さんから、上は90代のシニアまでいらしていますね。以前勤めていた歯科の頃からずっと通ってきてくださっている患者さんもいます。そうした方のクチコミで遠方からいらっしゃる方もおられますね。県内ですと千葉市や市原市、県外では群馬や横浜から何時間もかけてきてくださっている方もいます。ほとんどの方は他の歯科から転院されているようなので、そこは特徴かなと思います。

―転院してこられる理由としては、どういったものが多いのでしょう?

これは私の想像になってしまうのですが、患者さんが話しにくい雰囲気になってしまっているんじゃないかと思いますね。虫歯にしろ歯周病にしろ、患者さんは不安な気持ちで来て、何とかしてほしいわけです。医師であればどこがどうなって痛いのか、トラブルになっているのかがわかりますが、患者さんにはわかりません。ですから、痛みの原因は何か、これからどうやって治療していくのか、もし放っておいてしまったらどうなるのか、といったこともきちんと説明することが大切だと思います。もちろん私もそのようにしていますし、患者さんに説明するときには、CGを使って指し示しながらお話しします。

―先生が歯科医師をめざしたのは、どのようなきっかけからでしょうか?

受験のときに、医療系にしようと考えたタイミングで親知らずが痛みまして、勉強が手につかなくなってしまったことがあったんです。歯が痛いだけでこんなにつらいものなんだと。すぐに抜いてもらったのですが、そのときに「こんなに痛くなく治療ができるものなんだ」と感動したのが大きな決め手でした。今改めて考えてみると、その先生にも少しコミュニケーション不足な面はあったのですが、それは良い参考にさせていただいて、自分はもっと患者さんが話しやすいような歯科医師になろうと思いましたね。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Odakyu after
Musa after
Taito after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細