全国のドクター9,005人の想いを取材
クリニック・病院 160,876件の情報を掲載(2021年8月05日現在)

  1. TOP
  2. 千葉県
  3. 松戸市
  4. 矢切駅
  5. 医療法人あおば会 松戸やぎり歯科・矯正歯科
  6. 阿部 伸太郎 院長

阿部 伸太郎 院長の独自取材記事

松戸やぎり歯科・矯正歯科

(松戸市/矢切駅)

最終更新日:2021/03/01

174249 top

北総鉄道北総線・矢切駅のすぐそばにある「松戸やぎり歯科・矯正歯科」。2015年に同じ駅前に開業し診療を続けてきたが、院内の老朽化に伴い2020年11月に移転、リニューアルオープンした。待合室はブラウンを基調にシックな雰囲気。一方、診療室は白で統一され清潔感が漂う。2017年から院長を務めているのが阿部伸太郎先生だ。阿部院長は、東京歯科大学を卒業後、埼玉の歯科医院で一般歯科や小児歯科、マウスピース型装置を用いた矯正など幅広い診療経験を持つ。「子どもの頃からなぜか歯科医院が大好きだったんです。ここに通う子どもたちの中から歯科医師をめざす子が出てくればいいなと思います」とにこやかに話す阿部院長に、クリニックの診療の特徴や歯科医療への思いについて話を聞いた。
(取材日2021年2月9日)

理事長のゆかりの地である矢切で地域貢献を

開業の経緯を教えてください。

1

このクリニックは当法人の亀山哲郎理事長が、ゆかりの地である矢切で地元の方々に歯科医療を通じて地域貢献したいとの思いから、2015年にすぐ近くのビル2階に開業しました。そこで約5年診療していたのですが院内の老朽化が進んだため、2020年11月にここに移転しました。私は2017年から院長を務めています。リニューアルにあたっては、 患者さんのプライバシーとスタッフの動線を考慮して、個室の診療室1室と半個室の診療スペースをつくりました。近い将来、もう1つの個室にユニットを設置する予定で、そこを手術室にしようと考えています。診療スペースは白を基調にしてシンプルにかつ清潔感が感じられるようにしています。

患者さんの層について教えてください。また地域性など何かお感じになりますか?

開業以来、地域に密着してこの町に暮らす方々を歯科医療の面からサポートしていきたいと診療を続けてきています。患者さんもこの地域の方が中心で、小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年齢層の方に来ていただいています。矢切は下町らしい雰囲気で、皆さん気さくですね。道で会うと「おぅ先生、元気か?」などと声をかけてくださいます。夜は8時まで診療していますので、夕方から夜にかけて来られる方も多いですね。自宅近くの歯科医院に通う人も増えています。歯科に対する意識はご高齢の方でもかなり高い印象です。事前にいろいろ調べてこられますし、メンテナンスにもきちんと通ってくださいます。

先生のご経歴を簡単に教えてください。

2

東京歯科大学を卒業後、埼玉の歯科医院で勤務医、分院長、副院長を務めた後、2017年から当院の院長を務めています。虫歯や歯周病、入れ歯やインプラント治療、矯正など幅広い診療を行っています。当院は患者さんの年齢層が広いので、さまざまな悩みやトラブルに対応しています。

痛みに配慮した治療やストレスの少ない矯正に注力

診療の際はどんなことを心がけていますか?

3

診療の時は、こちらからよくお話するようにしています。今、社会的に話題になっていることや、子どもだったら流行っているゲームやアニメの話をしたりして、患者さんにリラックスしていただけるようにしています。いきなり治療のことばかりお話するともっと緊張してしまうでしょうから。患者さんもお話好きの方が多いようです。治療についてはいろいろな方法をご提示し、こちら側からだけでなく、患者さんのご要望をよく伺い、最終的なゴールを患者さんとともに決めています。また、治療を行う時はできるだけ痛みを感じることのないよう配慮しています。

具体的にはどのように痛みに配慮しているのですか?

治療の時に感じる痛みや不快感は麻酔を打つ時に感じることが多いと思います。当院では、まず表面麻酔をしてから注射針を刺しています。注射針は細いサイズのものを取り寄せ、麻酔液も電動麻酔器を用いて一定の圧力、一定の速さでゆっくりと注入しています。手で注射するとどうしても速さが変わったり、歯肉の抵抗を感じるとついぐっと圧をかけたりして、それが痛みの原因となります。麻酔液が冷たいとそれも痛みとして感じますので、人肌に温めて刺激を緩和しています。クリーニングの時も、歯肉の深い部分まで汚れていたら麻酔をし、できるだけ苦痛を感じさせないように工夫しています。

特に力を入れている治療はありますか?

4

マウスピース型装置を用いた矯正に力を入れています。ワイヤー装置を用いた矯正と比べると、見た目にも目立たず、取り外して歯磨きができるので、口腔内をより清潔に保てます。装置が頬の内側に当たって痛いなどといった悩みが少ないことも特徴です。矯正期間中は3ヵ月に1回程度通院していただきますが、その都度コンピューターによるシミュレーションデータで進捗状況を確認し、モチベーションが維持できるよう配慮しています。矯正後は後戻りを防ぐために一定期間保定装置をつけるのですが、矯正が終わってほっとするのでしょうか、その部分をおろそかにするケースも見受けられます。ですので、保定装置の期間中も高い意識が維持できるようこまやかにサポートしています。そのほか、当院では小児歯科やインプラント治療にも熱心に取り組んでいます。

定期的なメンテナンスで大きな治療が不要な歯に

歯科医師をめざされたのはどんなきっかけだったのでしょうか。

5

子どもの頃からなぜか歯科医院が大好きだったんです。祖父が医師で開業していたのですが、母親と祖父の家に遊びに行くと、祖父のところへは行かず、すぐに近くの歯科医院に遊びに行っていました。理由はよくわからないのですが、歯科医院で歯科衛生士さんと話したり、治療風景を眺めたりするのがとても楽しかったのです。治療も受けましたが、怖いとか感じたことはなかったですね。先生が上手だったのかもしれません。それで将来は歯科医師になるというイメージが膨らんできたのです。私はもともと子どもが好きですが、ここに通っている子どもたちの中から、将来、歯科医師をめざす子が出てくるとうれしいなと思います。

お休みの日のリフレッシュ方法や、健康維持のために気をつけていることなどあれば教えてください。

休みの日は3人の子どもたちとカードゲームをしていることが多いですね。あとは一緒に体を動かしながらいろいろ遊んでいます。健康のために気を使っているのは食事でしょうか。朝と昼にがっつり食べることが多く、2食で1日に必要なカロリーを取ってしまうので、夜は食べないようにしています。 食べても月に数回程度でしょうか。機会があればゴルフをしたいですね。学生時代はテニスをしていたのですが、今はもうそんなに走って動き回れないですし、ゴルフなら一打打ったら歩いて移動できますからね(笑)。

最後に、今後の展望と読者へのメッセージをお願いいたします。

6

今後ユニットを1台増設し、歯科医師ももう一人増える予定ですので、さらに医療体制が充実すると思います。地域に密着した歯科医院として、地域の方々の健康を歯科医療を通じてサポートしていきたいですね。歯科医院は行きづらいと思っている人も多いと思いますが、定期的にメンテナンスを受けていただければ、将来的に大きい治療をせずに済ませることも可能です。ですので痛みがない時も定期的に通っていただきたいですね。セルフケアの方法も歯の状態によって向き不向きがあり、それは歯科医院に教えてもらわないとわからないと思います。それぞれの方に適したケア方法を指導いたしますので、ぜひ一度相談にいらしてください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

マウスピース型装置による矯正/80万円~、インプラント治療/35万円~、クラウン/8万円~、インレー/4万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access