立川静脈瘤クリニック

糸原孝明 先生

173345 df 1 main 1436754485

足の血管に瘤がたくさんできたり、細い血管が網目のように浮き出てきたりして、気になっている人は多いのではないだろうか。これは下肢静脈瘤という病気で、見た目が悪いだけではなく、足が重い、つるなどの症状が出ることもある。この下肢静脈瘤を専門に診療する「立川静脈瘤クリニック」が、立川駅から徒歩3分の地にオープンした。院長の糸原孝明先生は、心臓血管外科医として10年以上、この領域の治療で有名な病院で勤務し、その経験を同じ血管系の疾患である下肢静脈瘤の治療に生かそうと開業した。丁寧な話しぶりからは誠実な人柄が伝わってくる。下肢静脈瘤という病気と治療法、そして院長の診療方針について、わかりやすく説明していただいた。
(取材日2015年2月24日)

下肢静脈瘤は女性に多い疾患で、妊娠、出産、立ち仕事などと関連

―このクリニックを開設されるまでの経緯をお聞かせください。

私は医師になってから、京都大学医学部附属病院を振り出しに10年以上、心臓外科医として全国的に有名ないくつかの病院で勤務してきました。競争の激しい心臓外科で執刀医となるためには、傑出した知識と技術、海外留学なども含めた豊富な経験が必要になってきますし、なかなか家にも帰れないようなハードな世界です。静脈瘤の手術も心臓血管外科の一領域ですから、将来を考えたときに、自分の技術を生かして地域医療に貢献したいと考え、2015年にこのクリニックを開院しました。開設に当たっては、協力医療機関を経営しているグループに入り、そこでしばらく実地に診療して学びました。現在、協力医療機関は船橋、大船、表参道と当院があり、相互に協力し合っています。

―下肢静脈瘤はどんな病気なのでしょうか。

足の静脈の弁が悪くなって、心臓に戻り切れない血液が静脈に溜まって風船のように膨らんでしまう病気です。特に女性に多い疾患で、妊娠、長時間の立ち仕事、遺伝的な素因などが発症に関係してきます。女性に多いのは、女性ホルモンであるエストロゲンに、血管を太くする作用があるからです。妊娠、出産が発症に関係するのもそのためです。手術の対象となる太い血管が4本あります。左右の足にある大伏在静脈と小伏在静脈で、太ももから足首くらいに病変が表れます。見た目が瘤のようになり、ボコボコと浮き出てきます。より細い血管が網目状、クモの巣状に浮き出てくる場合もありますが、これらは比較的軽症です。患者さんの年代は圧倒的に50〜70歳代が多いのですが、若い年代で発症する方もいます。稀に20歳代でなられる方もいますし、30代歳で出産後に太もももの血管に瘤が浮き出てきたという人はけっこういます。見た目以外の症状は、足がだるい、つる、むくむといった訴えが多いですね。

―下肢静脈瘤に対する治療法には、どんなものがあるのでしょうか。

この疾患はメインの血管の弁に問題があって、その影響で枝分かれした静脈のあちこちに血液が溜まって瘤などができます。血管がどんな形で枝分かれして、どんな太さになっているかは個人個人で違いますから、症状の出方は個人差が大きいのです。検査では対象となる血管の太さや血液の逆流の有無を調べますが、早ければ翌日に結果が出ますので、通常は検査から1週間〜1カ月くらいの間で日帰り手術をするという流れになります。網目状やクモの巣状のものは、見た目だけの問題ですので、硬化療法といって、浮き出た細い血管に硬化剤を注射して血流を止めて目立たなくする治療を行います。当院でも実施しています。一方、血管に瘤ができて変形してしまったような静脈瘤に対しては、問題のある太い血管に対して、ストリッピング術という切開手術やレーザー治療が行われます。当院ではいわゆるレーザー治療を行っています。当院で採用しているのは、正確にいえば、高周波アブレーションという医療用の電磁波で行う血管内焼灼術です。

記事更新日:2016/01/24

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細