全国のドクター9,292人の想いを取材
クリニック・病院 161,124件の情報を掲載(2020年10月22日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 中野区
  4. 東中野駅
  5. いわし歯科
  6. 顔と口もとのバランスを重視審美面に配慮した歯科診療

顔と口もとのバランスを重視
審美面に配慮した歯科診療

いわし歯科

(中野区/東中野駅)

最終更新日:2020/01/27

Top Top
  • 自由診療

前歯に自信がない、もっときれいにしたい、銀歯を白くしたいなど見た目に関する悩みもさまざまだ。最近では、セラミックを用いて美しく仕上げることも普及が進んできている。ただセラミックを使用する診療は基本的に自費診療となるため、不安に思う人も多いだろう。東中野駅前にある「いわし歯科」では、そのような悩みに対して、機能性や顔のバランスを重視しながら審美面に配慮した診療に努めているのだそう。岩本忠士院長に、審美面に配慮した歯科診療の基本的な考え方や具体的な方法などについて話を聞いた。 (取材日2020年1月7日)

機能性をしっかり確保した上で、美しく、かつ顔全体と調和した口もとへ

Q審美面に配慮した歯科診療とはどのようなものとお考えですか。
A
1

▲審美面だけでなく機能面や全体的なバランスが重要となる

単に見た目だけを重視するのではなく、噛み合わせや顎の動きといった口腔機能をしっかり確保した上で、形態的にも美しく、さらに患者さんの骨格の特徴なども含めて顔全体とバランスよく調和した口もとに改善することだと考えています。機能面を疎かにして、安易に審美面だけを追求することに、私は疑問を感じているんです。最も大切なのは、機能性をしっかり担保するとともに、口もとと顔全体とのバランスを整えて美しくすることです。歯列そのものはきれいでも、その方の顔の個性とそぐわなかったり、歯がしみるなどのトラブルが出たりするのであれば、最終的に患者さんの満足は得られないと思います。

Q具体的にはどんなものがあるのでしょう?
A
2

▲患者一人ひとりに合った治療法を提案する

前歯を気にしている方が多く、前歯を白くきれいに整えたい場合には、歯の表面に薄いセラミックを貼りつけるラミネートべニアと呼ばれる方法があります。私の診療の方針は、天然の歯を長く保つことが基本ですので、歯を必要以上に削って、さらに神経も取ってセラミックをかぶせて歯列を整えることは積極的には行っていません。どうしても神経を取らざるを得ない場合は、患者さんとよく話し合い妥協点を探り、最良の方法を提案しています。また詰め物やかぶせ物にセラミックを用いて、白く仕上げる場合もあります。奥歯の場合は、噛み合わせや噛む力、噛み癖、さらに骨格や体格など総合的に判断して使用する素材を決めています。

Qその素材は保険診療と自費診療ではどのように違うのでしょうか。
A
3

▲要望にあった選択肢を提示し、納得して治療に進んでほしいという

自費診療ではセラミックやジルコニアなど、それぞれ特性をもつ素材を選択できます。当院で多く用いるジルコニアは人工ダイヤモンドでできており、非常に硬く、透光性に優れる特徴があります。強い力がかかる奥歯、特に食いしばりの強い人や、歯の表面に山がない人に適しています。また、自費診療の素材には金属が用いられていないため、金属アレルギーの心配もありません。保険診療ではかぶせ物や詰め物は金属素材がありますが、最近では、真ん中の歯から数えて4番目と5番目の上下の歯についてはハイブリッドレジンという白いかぶせものによる治療が保険診療となっています。下の6番目の歯は条件つきで保険が適用されます。

Qこちらではどのように診療の内容を決めているのですか。
A
4

▲歯型を採り、模型を使ってシミュレーションを行う

まず歯型を採り、模型によってどのように変化するのかシミュレーションします。今後はデジタル(光学印象)の型採り機器も導入予定です。患者さんの想像力もお借りしながら、こんな感じになりますよと説明しながら方法を提案していきます。もし削らなくてはならない場合は、削る量を患者さんに確認してもらい、納得いただいています。歯の状態によっては歯列矯正を行い、その後ホワイトニングをしたほうが良い結果が期待できるケースもあり、その方の年齢なども含めて考えます。使用する素材は、ご要望に加えて、歯の場所、噛み合わせや噛む力なども考慮した上で決定します。

Qクリニック選びのポイントを教えてください。
A
5

▲丁寧なカウンセリングによって治療の方法を決定する

初診時に、患者さんによく説明することは当たり前のことですが、2回目、3回目でも丁寧に説明してくれるかどうかが一つのポイントだと思います。初診で聞いた話を持ち帰って、2回目に疑問点を質問して、3回目にも再度質問する、というように、始めるまで少し様子見したほうがよいかもしれません。どうするかの方法だけでなく費用のことまでも患者さんと真摯に向き合って話してくれる歯科医師を選ぶことが大切です。また、実際に担当する先生は説明した歯科医師なのか、あるいは別の歯科医師なのか、担当した歯科医師がその後も長くクリニックに在籍して、何かあった時にすぐに診てもらえるかといったことも大切です。

ドクターからのメッセージ

岩本 忠士院長

審美歯科はまずは患者さんの歯ありきのことです。歯列をきれいにするために、歯をむやみに削ったり神経を取ることは、結果的に歯の寿命を縮めることにつながります。歯を削る、神経を取ることの重大さに患者さんご自身も気づいていただきたいですね。そして実際に診療を受ける時にも注意してください。後に後悔することのないよう診査と診断、シミュレーションをしっかり行って神経を取らずに済むような診療をぜひ受けていただきたいと思います。審美面に配慮した診療を受けようかと思っているなら、まずはコミュニケーションのとれているかかりつけの歯科医師に相談して、アドバイスを受けるのが良いでしょう。

自由診療費用の目安

自由診療とは

詰め物・かぶせ物/ハイブリットセラミックインレー:3万円、ジルコニアクラウン:5万4000円、ジルコニアセラミッククラウン:8万円、ホワイトニング/2万8000円~、ラミネートべニア:8万円

Access