求人情報ON
医療法人社団祐希会 ひまわりクリニック

医療法人社団祐希会 ひまわりクリニック

山田 智子院長
頼れるドクター掲載中

20181214 bana%e3%83%bc

2014年に開院した「ひまわりクリニック」は外来と在宅に対応し、患者をトータルに診るクリニック。山田智子院長は以前勤めていた病院のときから、在宅医療での対応がスムーズでなかった患者など、難しいケースも数多く経験してきた医師で、最近は同院でも在宅医療の相談が増えているという。「在宅ならご自宅など患者さんがリラックスできる環境で受診でき、治療法や薬の選び方などをご本人やご家族とご相談しながら細かく対応していけるんです」と語る山田院長に、診療で大切にしていること、患者や地域全体への思いなどを聞いた。
(取材日2018年7月2日)

外来から在宅までトータルに診ていくクリニック

―こちらは外来と在宅の両方に対応されるそうですね。

ええ、開院時から地域のかかりつけ医として、外来から在宅までトータルに診るクリニックが目標でした。当初は平日の午前が外来、午後が在宅でしたが、在宅医療のご希望が増え、対応できる医師も私を含め常勤医2人・非常勤医数人と充実してきたので、今は外来の時間帯は平日午前のまま、在宅は午前午後を問わずご提供しています。エリアは当院のある浦安市全域と隣接する市川市の一部で、個人のご自宅と高齢者施設が半々くらい。患者さんのご家族や担当のケアマネジャーのご相談、それまで患者さんを診ていた病院の地域連携室からのご紹介がほとんどです。ご家族から在宅医療についてのご相談も増え、全国平均に比べて高齢化率の低い浦安市でも在宅医療に対するニーズの高まりを実感しています。

―診療で大切にされていることを教えてください。

患者さんやご家族が「何を望まれているのか?」を早く知り、実行することです。そもそも患者さんやご家族の言葉と本当の希望が違うのはよくあり、その典型が「もう死んでもいい」「いつ亡くなっても構わない」といいつつ、実際はまだ死にたくない、亡くなってほしくないといった状況でしょうか。そういう本音をうまくすくい上げて、本当の願いをかなえたいと思いますし、もし患者さんとご家族の考えにズレがあるようならうまく折り合いをつけ、どちらも幸せになれる在宅医療を実現したいですね。特にご家庭の内情にも詳しいケアマネジャーの協力は大きく、よく相談に乗ってもらいます。そのほか介護スタッフや訪問看護師、薬剤師など多職種の協力を得て、地域包括支援センターや病院の力も借りながら、地域全体で患者さんとご家族を支えている感じです。

―患者だけでなく、家族へのケアやサポートも重要なのですね。

とても大事です。病院に入院していた患者さんが退院して在宅医療を希望されるとき、「病気やけがは治ったけど、昔のようには体が動かない。自宅に戻ると家族に迷惑がかかるのでは」と悩まれることはよくあるんです。そうした場合も、ご自宅に手すりなどの環境を整備し、ヘルパーさんによってご家族の負担を減らすなど工夫し、最期までご自宅で暮らされたケースは多かったですね。大抵のご家族は介護や看取りが初めてで、「こういう対応でいいのだろうか」「熱やむくみが出て大丈夫だろうか」と不安だらけ。診療で伺う時間帯にご家族に会えないときは手紙を残したり、連絡がつく時間帯にお電話したりとコンタクトを取り、注意点などの連絡と併せて「大丈夫ですよ、ちゃんとできてますよ」と励ましの言葉も添えています。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
Saitama nishi after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細