全国のドクター9,152人の想いを取材
クリニック・病院 161,369件の情報を掲載(2020年4月10日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 国立市
  4. 国立駅
  5. 国立リウマチ膠原病クリニック

国立リウマチ膠原病クリニック

171352 ma 1 1426056238
  • 東京都国立市中1丁目10-9 麒麟館ガーデン1F
    • 内科
    • 呼吸器内科
    • リウマチ科
171352 ma 1 1426056238

JR国立駅より徒歩3分の医療ビル1階にある

171352 ma 2 1426056238

広々とした待合室。ゆったりとしたソファで待つことができる

171352 ma 3 1426056238

清潔感あふれる診察室で、阿部院長の診療を受けることができる

171352 ma 4 1426056238

処置室にはベッド2台とリクライニングソファを完備

171352 ma 5 1426056238

院内感染の防止のため、感染症にかかった人専用の待合もある

171352 ma 1 1426056238
171352 ma 2 1426056238
171352 ma 3 1426056238
171352 ma 4 1426056238
171352 ma 5 1426056238

特徴

JR中央線国立駅から徒歩3分の「国立リウマチ膠原病クリニック」。院長を務める阿部治男先生は、長年大学病院でリウマチ・膠原病の臨床と研究を行ってきたベテランドクターだ。同院でも関節リウマチをはじめとしたリウマチ膠原病患者を数多く診ており、セカンドオピニオンを求める患者にも応えている。設備面も充実しており、精度が高い生化学検査機器を導入。肝機能、腎機能、電解質、炎症反応など主要な生化学15項目の測定が可能で、緊急で主要臓器障害の評価に耐えられる体制を整えている。また、阿部先生は開業前、長年にわたり呼吸器科の医師らとともに気管支鏡検査を数多く施行しており呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医の資格を持つ。リウマチ膠原病は疾患自体による肺病変が多い一方で治療中に呼吸器感染症のリスクが増え、それらの診断も自身でしっかり行いたいとの考えがあったからだ。その経験を生かして同院でも呼吸器内科を標榜している。「内科全般の診療を行っていますので、どのような症状でもお気軽にお越しいただければと思います。」一般内科だけでなく、専門的なリウマチ膠原病、呼吸器内科の治療についても相談できる同院は、国立の頼れるドクターだ。

  • 日本呼吸器内視鏡学会気管支鏡専門医
  • バリアフリー対応
  • 日本リウマチ学会リウマチ専門医
  • 駅徒歩5分圏内
  • 予約可

ドクターズファイル

171352 df 1 topimg 1428298209

質の高い診療とホスピタリティーの提供をめざす

阿部 治男 院長

国立リウマチ膠原病クリニック

対応できる検査内容

  • アレルギー検査
  • インフルエンザ抗原検出キット
  • ウイルス検査
  • ツベルクリン反応検査
  • レントゲン検査
  • 基礎体温測定
  • 骨密度検査
  • 細菌検査
  • 触診圧痛点検査
  • 心電図検査
  • 直腸診
  • 尿検査
  • 便検査

アクセス情報

交通手段
  • JR中央線(快速) 国立駅
  • 駐車場 無

診療時間

時間
09:00~12:30
15:00~18:30

施設情報

施設名 国立リウマチ膠原病クリニック
診療科目
  • 内科
  • 呼吸器内科
  • リウマチ科
責任者 阿部治男院長
[学歴] 1991年 東京医科大学卒業
[開業/勤務開始年] 2014年
電話番号 042-505-6780
所在地 〒186-0004 東京都国立市中1丁目10-9 麒麟館ガーデン1F
公式サイト http://kunitachi-riumachi.jp/
Access