全国のドクター9,156人の想いを取材
クリニック・病院 161,388件の情報を掲載(2020年5月29日現在)

  1. TOP
  2. 京都府
  3. 京都市上京区
  4. 出町柳駅
  5. 医療法人福耳会 耳鼻咽喉科 いぐちクリニック
  6. 専門の異なる耳鼻科医師が在籍チーム医療で幅広い疾患をカバー

専門の異なる耳鼻科医師が在籍
チーム医療で幅広い疾患をカバー

耳鼻咽喉科 いぐちクリニック

(京都市上京区/出町柳駅)

最終更新日:2020/05/14

20200511 top 20200511 top
  • 保険診療

出町柳駅より徒歩5分の場所にある「耳鼻咽喉科いぐちクリニック」。CTや頸部エコー、内視鏡画像などを用いた「見てわかる耳鼻科」を診療の柱としている同院では、院長の井口福一郎先生のほかに5人の医師が診療に携わっていることも大きな特徴である。治療にあたるのは異なる専門分野を持ち、経験豊富な医師ばかり。医療的なスキルはもちろんのこと、患者としっかり向き合い思いやりに満ちた診療を行う医師が集まっているのだとか。それぞれの専門性を生かしながら、クリニックを支える伊藤壽一先生、杉田公美先生、樋渡直先生、堀江理恵先生、小島憲先生に、得意とする領域や、診療で心がけていることなどについて聞いた。 (取材日2020年4月15日)

病院勤務をしながらクリニックの診療に携わる医師たちが、地域の患者に寄り添い、専門知識を発揮

Q診療モットーとご専門の人工内耳についてお聞かせください。
A
1

▲豊富な経験で診療にあたる伊藤先生

【伊藤先生】患者さんの話をしっかり聞くことですね。例えば、めまいの診断は視診だけでは難しく、患者さんが実際に感じている症状を把握することが重要です。「こんな症状はありませんか?」と形式的な質問をするのではなく、患者さんの言葉で伝えてもらえるような問診に努めています。クリニックの難聴治療では補聴器を希望される方が多いのですが、聞こえにくさが改善しない場合に人工内耳を提案することもあります。難聴は認知症と関係が深く、高齢化により増加が予想されます。また最近は、聴力検査では正常でも騒音下で難聴が起こる「隠された難聴」が若い方に増えています。聞こえにくさを感じている方は、年齢を問わずご相談ください。

Q小島先生は病院での経験をどのように診療へ生かされていますか?
A
20200511 2

▲クリニック開院時から診療に携わる小島先生

【小島先生】私は現在、京都逓信病院で部長を務めながら当院でも診療させていただいています。京都逓信病院は小規模病院でクリニックから紹介された患者さんを受け入れ、必要な場合は大規模病院に紹介するという橋渡し的な役割を担っています。そうした医療連携を通し、「患者さんがクリニックや病院に何を求めているか」、またその際に「どのような説明が必要か」ということに留意して診療にあたることを心がけるようになりました。耳鼻科全般を診ていますが、高齢化により増え続ける難聴、睡眠時無呼吸症候群、嚥下機能障害に対しては、今後さらに注力していく必要があると感じます。このクリニックを通して地域の医療に貢献できれば幸いです。

Q杉田先生は、気遣いが患者さんに喜ばれているそうですね。
A
20200511 3

▲女性ならではの心遣いで診療を行う杉田先生

【杉田先生】耳鼻科はお子さん連れのお母さんも多く来られますので、私自身の育児経験を診療に生かせればとも考えています。患者さんにはできるだけ丁寧に、その方の心と体に寄り添う診療を心がけるようにしています。治療に来られる方は、病気への不安を抱えて受診されますから、少しでも気持ちを楽にしてあげられるような雰囲気づくりに気を配っていますね。また、安心して治療を受けていただくためにも、わかりやすい説明を心がけるようにしています。最近は、自分と同世代の方の体調不良や悩みに共感できることも多くなりましたので、いろいろな面で安心感を与えられるような、温かい医療を提供していきたいですね。

Qご専門の小児難聴の知識が生かされるのはどのような場面ですか?
A
4

▲小児難聴を専門とする堀江先生

【堀江先生】耳鼻咽喉科全般の診療をしていますが、中でも耳疾患や小児難聴医療を専門にしています。近年、検査技術の進歩により、先天性、遺伝性の難聴が早期発見できるようになりました。多くの場合、小児難聴の治療はクリニックではなく病院で行いますが、まれに疾患に気づかず、一般的な症状で来院された際に見つかることもあります。小児難聴の治療では言葉の発達を促し、お子さまが社会に出て、自分らしい生活が送れるようサポートしていくことをめざしています。私自身2児の母として、お子さまを心配されるご家族の気持ちに寄り添った医療を心がけていきたいと思っています。ご不安な点がありましたら、いつでも気軽にお尋ねください。

Q樋渡先生は今年の4月から、診療に加わられたのだとか。
A
20200511 5

▲新たに診療に加わった樋渡先生

【樋渡先生】井口院長と講習会で偶然お会いしたのをきっかけに、こちらで診療させてもらうことになりました。私が診療で心がけていることは、その方のバックグラウンドを把握した上で治療を行うことです。時にはご家族の方を交えて話をしながら、その方に適した治療を選ぶようにしています。また「自分が患者さんの立場だったら、どんな診療をしてもらいたいか?」ということを常に意識しており、患者さんと対等なスタンス、同じ目線で接するようにしています。得意分野は、中耳の手術、鼻のアレルギー、頭頸部がんで、大学院では音声に関わる疾患の研究に携わっていました。専門性を生かしつつ、幅広い耳鼻科疾患に対応していきたいですね。

ドクターからのメッセージ

井口 福一郎院長

患者さんとしっかり向き合って診療するため二診制を採用している当院では、私のほか5人の耳鼻科医師が在籍し、交代で診療しています。京都大学大学院在籍中に私を指導してくれた先生や先輩、勤務医時代の同僚など、私が患者さんなら受診してみたいと思うような先生方ばかりで、たいへん心強く、安心してお任せしています。当院の「見てわかる耳鼻科」というポリシーにも共感し、検査結果や病気の原因をわかりやすく説明し、患者さんに理解していただいた上で治療を進めてもらっています。温かく、かつ丁寧な診療が持ち味の先生たちと力を合わせながら、これからも患者さんに喜ばれる医療を提供していきたいと考えています。

Access