関内歯科クリニック

若井田 崇浩院長

16729 df 2 main 1451388242

噛み合わせの治療やレーザー治療にも積極的に取り組む

―インプラント以外ではどんな治療が多いのでしょうか。

虫歯など一般歯科が一番多いのですが、噛み合わせの治療も多いですね。当院では、まず、噛み合わせの状態を検査して咬合器で再現し、模型を作って患者さんに説明します。悪いところが複数ある場合も多いですから、口腔全体を診て包括的にバランスを取りながら、全体を良い状態にするように心がけています。最近ではネットで噛み合わせ治療の情報も出ていますし、私も機会があればお話していますから、治したいという人が増えてきました。患者さんの期待は顔貌を整えたいということですが、歯並びが整うと歯磨きが容易になり、虫歯や歯石が減って機能的にも改善されます。虫歯治療のときからそれを説明しています。また、口臭の外来もしています。口臭の原因はいろいろあり、歯周病なら治療しますし、ドライマウスでしたらそうなりにくい生活習慣をアドバイスしますし、胃の異常が疑われたら内科の受診を勧めます。

―先生はレーザー治療も取り入れていらっしゃいますね。

症状によってはどうしても外科的な手を加えないとならないケースがあります。そんな時に、見た目もきれいになりますし、患者さんのことを考えて行き着いたのがレーザー治療なんです。私は、レーザー治療は歯そのものよりも、むしろ歯茎やその周辺組織に適した手法だと考えています。そのため歯周病や口内炎などの治療にも積極的にレーザーを活用しています。たとえば、歯周病に対しては、患部に少しずつレーザーをあてて血流をよくし、治癒力を高めるという目的で使います。歯周病は糖尿病や脳血管疾患など全身的な病気とも関わっているんですが、血行をよくすることがとても大切なんですね。

―先生の治療に関する方針はございますか?

治療する際に心がけているのは、自分がいいと思ったこと、よくないと思ったことを、ブレずに最後まで通すということですね。意固地になるという意味ではなくて、最初によく考えて診断し、長期的な視点で治療方針を立てるということなんです。歯をなるべく保存するのはもちろん大切です。そのために、極力、抜かない、削らないという意識は持っていますが、それを前提、目的にはしていません。将来的に考えて抜歯した方がいいと判断したら、先延ばしにせず、最初から抜きます。その場しのぎで様子をみるといった、意味のない対処療法はしないというのが私のスタンスです。

―患者さんに対しての接し方はどのようにされていますか?

基本的にはあまりかしこまった雰囲気にはせず、フレンドリーにというのを基本にしています。話しやすい関係性を築きたいと思っていますので、私もマスクをとり、顔を見せながら話しますし、最初は名乗ったり、あいさつもきちんとするようにしています。ただ、単なるお友だちになるというのは違うと考えていますので、あくまで歯科医師と患者さんとして向き合えるよう、治療に必要なかぎり、壁は設けないといけませんね。患者さんにリラックスしていただいたら、手際よく治療に入っていくことにしています。

記事更新日:2016/06/21

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細