横浜山手デンタルクリニック

横浜山手デンタルクリニック

土肥健二院長

医療トピックス

さまざまな場面で重要な役割を担う
歯科治療で用いる歯科用顕微鏡

横浜山手デンタルクリニック

自由診療

Main

近年、導入する歯科医院が増えている歯科用顕微鏡。肉眼では見えない部分まで鮮明に見えることから、治療の精度が格段に上がるといわれている。その重要性が認識されるにつれ、歯科医療における使用場面も拡大。「今後の歯科医療に不可欠」と訴える歯科医師も決して少なくない。横浜山手デンタルクリニックの土肥健二院長も、その一人だ。すべての患者に対し、虫歯や歯周病などの治療はもちろん、予防やメンテナンスの場面でも歯科用顕微鏡を活用し、その性能を実感。「顕微鏡を使った治療は、患者さんが歯科との向き合い方を変えるきっかけにもなる」と熱く語る土肥院長に、肉眼と顕微鏡を使った治療との違い、顕微鏡を使うことで得られるメリットなどについて話してもらった。 (取材2018年4月9日)

予防やメンテナンス段階から顕微鏡を使用し、患者の意識をも変革。人生のすべてをサポートすることにも

肉眼、拡大鏡、歯科用顕微鏡の違いについて教えてください。

1 ▲西洋歯科医療発祥の地、横浜山手にあるクリニック 肉眼に比べ、拡大鏡は2.5~6倍に、歯科用顕微鏡は20倍以上に拡大して口腔内を診ることができますので、得られる情報量は、肉眼と顕微鏡では480~530倍も違うともいわれています。例えば、夜中の食いしばりなどが原因となって起こる歯のひび割れ、マイクロクラックは、顕微鏡でしか見ることができません。そうしたクラックに歯周病菌が入り込むと最終的に歯を失うことにもなりかねないので、実は早期発見がとても大切なんです。また、歯周ポケット内の歯周病菌除去を行う際、肉眼だけでは取り残しが70パーセントにも及ぶというデータも。歯科医療のあらゆる場面で、顕微鏡を使うのと使わないのとでは大きな違いがあると思いますね。

こちらではどんな場面で歯科用顕微鏡を使用されているのですか?

2 ▲初診時のカウンセリングに力を入れている 当院では、すべての患者さんに対し、幅広い治療の場面において顕微鏡を使用しています。虫歯や歯周病治療、根管治療はもちろん、目に見えないマイクロクラックを発見し、食いしばりをしているかどうかの診査診断にも不可欠。また、インプラント治療には歯肉や骨の再生が重要となりますが、当院では年齢とともに下がってしまった歯肉を元の位置に戻すための歯肉の再生治療にも使用しています。歯肉の質を見極め、よりよい質に変えてあげることで、インプラントが長持ちする結果につながるんです。そのほか、筋肉がどのように顎を動かしているか、歯と歯の接触状態を診ることで、噛み合わせ治療にも有効。顕微鏡なしでの歯科治療は考えられません。

歯科用顕微鏡を使うことで患者さんにはどのようなメリットが?

3 ▲院内は広く、清潔に保たれている より精密さや精度重視の治療をご提供できることに加え、当院では、顕微鏡で拡大した口腔内をビデオ撮影し、その映像を患者さんにご覧いただきながら説明しますので、ご自身の口腔内がどういった状態になっているのか、現状をしっかり認識いただくのにとても役立っていると思いますね。ブラッシングがおざなりだった方も、歯周病菌がたくさんいる様子に「こんなものが口の中にいるんだ」と驚かれ、何も言わなくても次の回には丁寧なブラッシングをしてきてくださるように。プラークコントロールの重要性をご理解いただくことで、患者さんの一生の習慣が変化します。それに気づくコミュニケーションツールとしても、顕微鏡は非常に大切ですね。

やはり歯科治療においてプラークコントロールは重要なのですね。

4 ▲歯科用顕微鏡を用い、肉眼では見えない部分も見落とさない その通りです。プラークが原因となって起こる歯周病は、認知症や糖尿病、心臓病、脳卒中など死に直結する重篤な病気と関係あるといわれており、実際、脳卒中で亡くなった方の脳には100パーセント、心筋梗塞で亡くなった方の冠動脈にもほぼ間違いなく歯周病菌がいるともいわれています。ですから、言わば下流にあたる目先の病気の治療だけでなく、上流に存在する歯周病治療が重要なんです。プラークコントロールをせず、早めの歯周病治療を怠ることで病気のドミノが広がり、体全体の健康に影響してきてしまうのです。歯科医療は、そうした医療の一番源で大きな役割を担っていると気づいていただきたいですね。

歯科用顕微鏡は今後の歯科治療でどんな役割を果たすのでしょう?

5 ▲外の緑も見え、落ち着いた雰囲気の治療室 人生100年となった今の時代の歯科治療に顕微鏡は欠くことができません。今後は顕微鏡を導入する歯科医院も増えるでしょうし、治療の精度も一層高まり、ミクロン単位で削ったり詰めたりという正確な治療が行われるようになるはず。となると、大事になってくるのは予防とメンテナンスです。さまざまな治療の場面だけでなく、目に見えないマイクロクラックを早期発見したり、歯周ポケット内の歯周病菌を見逃さないなど、予防やメンテナンスの段階から顕微鏡を使用することが非常に重要になってくると思いますね。患者さんにとっても、歯科との向き合い方を早期に改めることにつながり、その後の人生をより健康で豊かなものにすると信じています。

料金の目安

新患の方・初診時処置と咬み合せ調整/5000~7000円、虫歯の詰めものなど 1Dayトリートメント/1本4400円~、セカンドオピニオンの外来/6000円

ドクターからのメッセージ

土肥健二院長

40代以上の方は、顕微鏡で調べると、ほぼ全員の方の歯にマイクロクラックが入っているのが現状です。その原因となる夜中の食いしばりは、脳科学的に考えると昼間の疲れやストレス解消のため、実は人間にとって必要なもの。ですから、歯科医師は脳科学まで念頭に置いて治療を上手にコーディネートしなければいけないと思っています。僕が大切にしている言葉は「見えないものを大切に」。口の中の病原菌もそうですし、もちろん人と人との心のふれあいもその一つ。患者さんが健康で幸せになっていただくため、これからも人生に寄り添っていきたいです。口腔内の悩みや病気にならない環境づくりなど、お気軽にご相談いただけるとうれしいですね。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Shonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細