全国のドクター9,143人の想いを取材
クリニック・病院 161,367件の情報を掲載(2020年4月09日現在)

  1. TOP
  2. 愛媛県
  3. 伊予郡松前町
  4. 松前駅
  5. 医療法人 中矢歯科医院
  6. 治療精度の向上を追求サージカルガイドを用いたインプラント治療

治療精度の向上を追求
サージカルガイドを用いたインプラント治療

中矢歯科医院

(伊予郡松前町/松前駅)

最終更新日:2020/01/27

Main Main
  • 自由診療

見た目や噛み心地の良さが望める点が特徴に挙げられるインプラント治療。治療後、バランスよく噛める口元を実現するためには、治療精度が求められる。加えて治療では外科処置が伴うため、恐怖心などから二の足を踏む人は少なくない。一方で、近年は歯科医療におけるデジタル技術の進歩がめざましく、理想的な治療を安全に行うことをめざす上で役立つツールも登場している。「サージカル(手術用)ガイド」もその一つで、患者の口腔内や噛み合わせのバランスを考慮した、適切な埋入位置や角度、深さを治療で再現することに活用できるという。今回はインプラント治療を専門的に学んできた「中矢歯科医院」の中矢賢史院長に、インプラント治療の特徴やサージカルガイドを用いる利点、治療の流れを解説してもらった。 (取材日2019年11月29日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラント治療にはどのような特徴があるのでしょうか?
A

インプラント治療は歯を失った部分を補う方法の一つで、見た目にきれいで噛み心地の良さが期待でき、他の健康な歯への影響が少ないのが特徴です。例えばブリッジは、歯を削って補綴物を固定するのですが、支えとなる歯は削られたぶん通常と比べ強度が劣ってしまうため、将来的に新たなトラブルが起こる可能性も考えられます。その点インプラント治療は、顎の骨にインプラント体を埋め込んで人工歯を固定するため、他の歯に頼ることは基本的にありません。また、歯茎からの立ち上がりが天然の歯に近いので、前歯など人目につきやすい部分でも治療部分が違和感少なくなじみやすいのです。

Q近年におけるインプラント治療の新しい動きを教えてください。
A

歯科全体でデジタル化が進んでおり、治療精度が非常に向上していると感じます。インプラント治療においてもデジタル技術を取り入れることで、より精度の高さを追求した治療が可能となっています。例えばインプラント体を埋入する際、顎の骨周辺にある血管や神経を傷つけることがないように細心の注意を払う必要がありますが、歯科用CTの登場で血管、神経の状態を詳細に把握しやすくなりました。歯型の採取も口腔内3Dスキャナーを活用することで、簡便に精密な3Dデータの採取が可能となっています。最近ではCT画像と歯型の3Dデータをもとにマウスピース型のサージカルガイドを作製し、手術で活用するケースも増えています。

Q手術でサージカルガイドを用いるメリットとは何ですか?
A

サージカルガイドとは、インプラント体の埋入を補助する装置で、適切なインプラント体の埋入位置や角度、深さの実現をめざす上で役立つものです。埋入位置や角度、深さの理想形は患者さんごとに異なり、ほんの少しのずれが治療に大きく影響するともいわれています。一方、これまでインプラント体の埋入は歯科医師の手技によって精度が左右される側面がありました。サージカルガイドを用いることで理想的な治療の実現につなげやすくなりました。さらに歯茎や顎の骨への侵襲も最小限に抑えることが期待できるため、治療期間の短縮にもつながっています。

検診・治療START!ステップで紹介します

1問診と口腔内写真の撮影、歯科用CT検査を実施

患者が事前に記入した問診票の内容をもとに、歯科医師が全身の健康状態、既往歴などを確認。口腔内診査と口腔内写真の撮影が行われ、歯科用CTで顎周りの3D画像を撮影し、神経や血管の位置、骨量や骨質などの情報を確認する。初回のカウンセリングおよび検査にかかる時間は1時間程度で、得られた情報をもとに、治療計画が設計されていく。顎の骨がやせている場合は骨移植や骨造成を検討するそうだ。

2治療計画や治療の流れ、注意点などの説明を受ける

口腔内の現状と、治療計画の解説を受ける。併せて治療費用や治療期間、手術前後の日常生活における注意点などが詳しく説明されるので、疑問点があれば積極的に質問を。

3サージカルガイド作製のため歯列の3Dデータを採取

口腔内3Dスキャナーで口腔内を撮影し、歯型の3Dデータを採取。CT画像と歯型の3Dデータをもとに、歯科医師と歯科技工士が連携しながらサージカルガイドを作製する。同院では精度の高さにこだわったガイドを短期間のうちに作るため、3Dプリンターで成形。細かな調整も院内で技工士が適宜対応するという。

4サージカルガイドを用いてインプラント手術が行われる

同院では手術に際し、眠ったような状態で行うため静脈内鎮静法を用いて手術を進めることが多いという。全身状態の変化にもすぐさま気づけるように、手術中は血圧や心拍数をモニタリングしている。埋入から1ヵ月~1ヵ月半後、インプラント体と顎の骨の結合を専用装置で確認した後、人工歯の装着に進む。

5治療後は定期メンテナンスで良い状態の維持をめざす

治療の持ちを良くするため、人工歯を装着した後は3ヵ月から半年を目安にメンテナンスを行い、トラブルの予防に努める。メンテナンスでは口腔内全体のケアなどが行われ、セルフケアのアドバイスも受けられる。

ドクターからのメッセージ

中矢 賢史院長

歯がないことで、食べたいものが食べられない、食事を楽しめないといった悩みがある方にとって、再びしっかりと噛める口元をつくるインプラント治療は、多くのメリットが感じられると思います。しっかり噛めることは、人生の成功のお手伝いになると私は考えています。外科処置を伴うため怖いと感じる方も多いでしょうが、当院では静脈内鎮静法を用いて眠ったような状態での治療を取り入れるなど、患者さんの恐怖心や不安感を軽くする工夫を凝らして治療を進めていきます。また、サージカルガイドなど、先進的な技術を取り入れることで、より高精度で、より安全な治療を追求しています。歯の悩みや治療に関する疑問など、気軽にご相談ください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療(サージカルガイド作製費用含む)/30万円~、骨造成・骨移植/5万円、静脈内鎮静法/5万円

Access