全国のドクター9,653人の想いを取材
クリニック・病院 160,685件の情報を掲載(2022年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市東淀川区
  4. 瑞光四丁目駅
  5. 医療法人 たんぽぽ会歯科 東淀川院
  6. 吉岡 崇 院長

吉岡 崇 院長の独自取材記事

たんぽぽ会歯科 東淀川院

(大阪市東淀川区/瑞光四丁目駅)

最終更新日:2022/10/12

20221006 166110 top

瑞光四丁目駅から歩くこと約3分、住宅街の一角にピンク色の三角屋根の、かわいらしい建物が見えてくる。「たんぽぽ会歯科 東淀川院」の吉岡崇院長は2012年、同院開業と同時に院長に就任。「患者の気持ちに寄り添った診療」を心がけ、午前9時から午後10時まで年中無休で地域住民の歯の健康を見守り続けている。さぞ忙しいと思いきや、インタビュー中は終始穏やかな雰囲気で、気取りのない優しい人柄と、患者に対しても真摯に対応する姿が垣間見えた。サッカー好きだという2人の子どもや最近飼い始めたという愛犬の話になると笑みがこぼれ、子どもや動物への愛情あふれるまなざしも感じられる。そんな吉岡院長に、治療方針やクリニックの特徴、歯科医師をめざしたきっかけなどじっくりと話を聞いた。

(取材日2018年7月11日)

朝9時から夜10時まで年中無休で診療

「たんぽぽ会歯科 東淀川院」の特徴を教えてください。

20180828 1

「たんぽぽ会歯科」は大阪、兵庫、和歌山で8つのクリニックを展開する医療法人で、「東淀川院」は分院の1つです。「たんぽぽ会歯科」の一番の特徴は、全院で午前9時から午後10時まで年中無休で診療していることです。仕事や家事、育児、介護などでお忙しい方も、ご都合に合わせてお越しいただければと思います。初診の方も、常連の患者さんと同じように対応させていただきますので、安心してご来院ください。普段は別の歯科医院にかかっていても、何かあったときは「たんぽぽ会歯科があるから安心」と思っていただけるとうれしいですね。「東淀川院」の患者さんはお子さんからお年寄りまで幅広く、主訴は虫歯、歯周病を中心に、入れ歯、インプラント治療などが多いです。基本的には保険治療の範囲内でご相談に乗って、ご希望があれば自費治療もというスタンスで、患者さんのご希望を尊重しながら治療方針を考えて、適切な診療を提供するようにしています。

「東淀川院」の院長に就任された経緯を教えてください。

僕は佐賀出身で、鹿児島大学歯学部を卒業した後、宮崎の歯科医院に勤務していました。30代前半、ちょうど環境を変えたいなと考えていたとき、心斎橋のクリニックで院長の募集があって、思い切って大阪にやって来たんです。その後、「たんぽぽ会歯科」で働いていた大学時代の友人から紹介を受けて、こちらに入職させていただきました。いくつかの分院に勤めてから、2012年、東淀川院開業と同時に院長に就任しました。以来6年間、この地域の皆さんにお世話になっています。もともと大阪は縁もゆかりもなく、少しきついイメージがあったのですが、実際に過ごしてみると優しい方が多くて居心地も良く、僕に合っているみたいですね。

診療方針の一つとして「痛みを抑えた治療」を掲げていますね。

2

はい。「歯医者は痛いからあまり行きたくない」という方にも来ていただけるよう、痛みを抑えた治療を心がけています。例えば、麻酔については、表面麻酔をしたりゆっくりと麻酔液を入れていったりという基本的な方法に加えて、お子さんに対しては注射針に意識が向かないように「足の指をグー、パーって動かしてみて」などと話しかけている間にサッと麻酔を打つなど、僕なりの工夫をしています。お母さん方のクチコミでしょうか、「このクリニックでは歯医者を嫌がる子でも大丈夫って聞いたんですけど」と来院される方もいて、そんなときはとてもうれしいですし、やりがいを感じますね。ほかにも、お子さんの場合、最初のうちは治療せず、この環境に慣れるための練習、例えば、歯科衛生士が器具の説明をしたり、お子さんに実際に器具に触ってもらったりして、少しずつ恐怖心を取り除くということもしています。

歯科技工士が常駐し、短時間で技巧物を作製

院内に歯科技工室が併設されているんですね。

3

そうですね。歯科技工士が常駐して、入れ歯や矯正装置、歯の詰め物などの作製や調整を行っています。技工室を併設するとさまざまなメリットがありますが、一番は技工物ができあがるまでの時間の短縮ですね。また、歯科医師と歯科技工士のコミュニケーションを早く、密に取ることができる上、歯科技工士が患者さんの歯の型採りや色合わせに同席することもできるので、より精度重視の物を提供することが可能です。難しい症例の場合は、歯科技工士に頻繁に診察室まで来てもらい、対応してもらいます。また、光学印象を導入しており、CAD/CAM冠作製システムを使っての金属の量を減らした補綴物の作製、金属アレルギーの少ない治療を心がけています。

訪問診療も行っているそうですね。

はい。クリニックから半径16キロ圏内で、寝たきりのお年寄りや体に障害がある方など、通院が困難な方を対象に行っています。口腔ケアや入れ歯の作製・調整、虫歯治療などが中心ですが、クリニックで行っている診療のほぼすべての診療が提供できます。ご本人が希望されるというよりもご家族が心配して依頼されたり、通院されている患者さんが「親の治療もしてほしい」とおっしゃったりするケースが多いですね。クリニックと同じように些細なお悩みにも対応しますので、お困りの方はお気軽にご相談いただければと思います。

スタッフの皆さんについて教えてください。

4

歯科医師11人、歯科衛生士18人、助手18人と、診療時間が長いので交代制で運営していますが、大所帯ですね。歯科医師は同世代が多いのでお互いに相談し合ったり刺激し合ったりしながら、それぞれ意欲的に取り組んでくれています。衛生士や助手は結婚、出産後も勤め続けてくれるスタッフがほとんどですね。人数が多い分休みが調整しやすい点など、働きやすいと思ってくれているようです。僕自身、無理なく長く勤めてもらえるように、そういった働きやすさは重視しています。スタッフに対しては厳しいことを言うこともありますが、何かあれば声をかけるようにして、雰囲気づくりにも気を配っています。

祖母の話に導かれるように歯科医師をめざした

歯科医師をめざしたきっかけを教えてください。

5

子どもの頃から医療系の仕事に就きたいなと思っていたんですが、ちょうど大学のセンター試験が終わったタイミングで、父から亡くなった祖母の話を聞いたんです。祖母は歯科関係の道に進みたくて佐賀から関東の学校に進学したけれども、関東大震災があって帰ってきたそうなんです。それまでまったく知らなかったのですが、その話をきっかけに祖母に導かれるように歯科医師の道に進もうと決意しました。おかげさまで夢がかなって、僕はおばあちゃん子だったので、空の上で喜んでくれるとうれしいなと思いますね。

毎日お忙しいと思いますが、リフレッシュ法を教えてください。

子どもたちと過ごすことですかね。男の子が2人いるのですが、サッカーをしているので、よく一緒にボールを蹴ったり、試合を見に行ったりしていますね。小さい頃はおむつを替えたりミルクを飲ませたりお風呂に入れたり、こう見えて意外と「イクメン」です(笑)。あとこの春トイプードルを飼い始めたんですが、これがもう癒やしですね。院内で犬好きなスタッフと盛り上がったり、夜帰ってから散歩したり、夜な夜な動画サイトで犬の動画を見たり、自分がこんなに犬好きになると思いませんでした。しつけをするのも楽しいですね。最近、「伏せ」ができるようになって泣きそうになりました(笑)。

今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

6

僕自身は、勉強会やセミナーなどに行き、歯周病やインプラント、歯根治療などの知識の習得、技術の向上に努めて、より質の高い診療を提供し続けていきたいと思っています。また、中高年の男性も含めて予防の意識が高まっているようで、定期検診に来られる方が増えているので、歯科衛生士の教育にも力を入れていきたいですね。クリニックとしては、患者さんの希望を尊重しながら治療を進めてまいりますので、「こんなこと聞いていいのかな」などと思わず、些細なことでもご相談いただけるとうれしいです。初診の方も含めて、皆さんに安心して通っていただけるクリニックをめざして、今後も頑張っていきたいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療30万円~

Access