全国のドクター9,187人の想いを取材
クリニック・病院 160,565件の情報を掲載(2023年2月08日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 大阪市天王寺区
  4. 桃谷駅
  5. モリシタ歯科医院
  6. 患者の将来を考えて選択する不安に配慮したインプラント治療

患者の将来を考えて選択する
不安に配慮したインプラント治療

モリシタ歯科医院

(大阪市天王寺区/桃谷駅)

最終更新日:2021/10/12

Top Top
  • 自由診療

虫歯や歯周病、事故などで歯を失った際、その機能と審美性について天然歯に近い形で回復をめざすことのできるインプラント。顎の骨に固定されるため、食事もしやすいといわれている。だが、外科的処置が必要となるため、怖い、痛いというイメージがつきまとい、なかなか最初の一歩が踏み出せない人も多いのではないだろうか。そんなときに役立つのが静脈内鎮静法。点滴で鎮静剤を投与することで、患者は眠ったような状態に。意識がはっきりした時にはインプラント手術は終了しているという、不安に配慮したインプラント治療を行うのは「モリシタ歯科医院」の山縣聡介先生だ。すべては患者が笑顔で楽しく毎日を送るために、という考えのもと先進的な歯科医療に取り組む山縣先生に、インプラント治療について詳しく聞いた。

(取材日2020年10月8日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

Qインプラント治療は怖い印象がありますが……。
A

インプラントは一般的には歯茎をメスで切開して埋入するという、外科的な処置、手術が必要なので、そこが「怖い」というイメージなのですね。当院では、歯茎を切開せずにそのままインプラントを埋入する、サージカルガイドを使う手術も行っています。事前の診断で埋入する位置を決めてピンポイントに行いますので、骨内の血管などを傷つけにくいですし、施術時間も短くて済みます。どうしても怖いという方には、静脈内鎮静法も取り入れています。腕に点滴で鎮静剤を投与して、ややぼーっとして眠くなるような状態にしてから、手術をします。うとうととしているうちに手術が終わってしまうので、怖いという感覚は少ないと思います。

Q実際にかかる時間や費用はどうなっていますか?
A

インプラント本体とアバットメントという土台、さらにその上にかぶせるかぶせ物を含めて、1本27万5000円からの設定です。CTガイドを用いたデジタル式のインプラント治療ですと、アバットメントが変わることと、事前の検査や静脈内鎮静のための手数料などを含めて1本40万円ほどです。ですが、当院ではインプラントの本数が増えるごとに、倍となる設定にはしておりませんで、その分費用は抑えられると思います。私が治療を受けるならどのぐらいなら支払えるだろう?というところに立って考えております。治療期間は、患者さんの口内の状態で変わりますが、短期間で入れたい場合で条件が合えば、2ヵ月で終了させることも可能です。

Qインプラントと入れ歯の選択についてどのように考えていますか?
A

残存している歯を長く残そうと思うと、入れ歯よりもインプラントのほうが適することが多いです。患者さんのご年齢も気にしますね。入れ歯を入れることで「急に年をとった気がする」とおっしゃる方には、なるべく入れたくないなあとも思います。ただ、全身的な病気があって、インプラントを入れることは可能だけれど、リスクが高いという方にはお勧めしません。インプラントであれ、入れ歯であれ、おいしく食事ができて、健康で楽しい毎日が送れたほうがいいですよね。当院ではインプラント治療の前に、まずは一度、入れ歯を試していただいています。「この入れ歯なら」と、そのまま入れ歯を継続されることもありえますから。

検診・治療START!ステップで紹介します

1CT検査で状態を把握し、治療計画を相談する

インプラント治療を行うにあたり、まずはCT検査で状態を把握していく。治療計画の相談では、要望もじっくりと聞いてくれる。なぜインプラント治療をしたいのか、生活習慣なども伝えておくとよい。治療内容や期間、費用の相談は、次回来院時に。4種類のインプラントの中から、適切なものを勧めてくれる。

2口腔内に虫歯や歯周病がある場合は、その治療から

歯が抜けてしまった原因が口内に残っていると、インプラントを入れても長く持たせることは難しいという。そのため、虫歯や歯周病があれば治療を行い、口腔内の細菌環境を整えていく。治療期間が長くかかりそうな場合は、インプラント治療と並行して行うこともあるそうだ。歯の高低差、歯ぎしりなどの癖も考慮し、将来的に起きるであろう不具合までを考えて、治療してくれる。

3インプラント手術を行う

静脈内鎮静を行う場合、手術当日に麻酔科医師の問診がある。点滴をすると、うとうとした状態になり、その間にすべてが終了する。歯茎を切開する範囲は小さく、横4~6mmほどだそう。歯周基本治療の歯石を手作業で取る手技が少し進んだ程度、と考えていいぐらいなのだそう。かかる時間は、インプラント1本につきデジタル式の治療だと20~30分、アナログだと30~40分程度。どんなに長くとも2時間あれば完了するという。

4かぶせ物を装着する

アバットメントという土台にかぶせるかぶせ物を決定し、装着する。ゴールド、セラミック、樹脂などの素材があり、それぞれにメリット、デメリットがあるため、慎重に選ぶ必要があるそうだ。歯の硬さや汚れがつきやすいか、つきにくいか。癖なども考えながら、もとある入れ歯や仮歯、左右の技工物ともバランスのとれるかぶせ物を選んでくれる。

5定期的な来院も大切

インプラントにも歯石がつくため、汚れを落とすためにも3ヵ月から4ヵ月に1回のメンテナンスが望ましい。半年以上経過した歯石は硬くなり、落としづらい。また、歯ぎしりの強い人は特に注意が必要で、かぶせ物が欠けたらすぐに補修などを行うという。同院では噛み合わせと体調のチェックも重視していて、睡眠や食事に関する悩み、頭痛、肩こり、膝や関節の痛みなどがあれば何でも聞かせてほしいそう。

ドクターからのメッセージ

山縣 聡介 先生

インプラント治療をすることだけが、私の仕事ではありません。もしお体に不調をお持ちでしたら、何でも教えてほしいと思っています。頭痛があって痛み止めを毎日飲んでしまうとか、食べる物の好みが変わってしまった、などでも。その中の1つでも、サポートできることがあれば、と考えています。当院のインプラント治療のメリットは、静脈内鎮静法ができることと、デジタル、アナログの術式を選べることです。それぞれの患者さんに合ったものを選択していただける、ある意味オーダーメイドの治療が可能です。皆さんが満足のいく生活を送れるよう努力することが、私の目標です。どうぞ当院へお越しください。

Dr

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/1本27万5000円~、CTガイドを用いる場合のインプラント治療/1本40万円~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access