全国のドクター8,456人の想いを取材
クリニック・病院 161,439件の情報を掲載(2019年10月22日現在)


求人情報ON
医療法人士正会 栄エンゼルクリニック

医療法人士正会 栄エンゼルクリニック

水野 芳樹 院長

163525

消化器内科の専門家として妥協しない診療を行う

―先生は胃・腸だけでなく肝臓疾患のご専門でもあると伺いました。

はい。消化器内科の中でも私の場合、胃腸だけでなく肝臓系についても専門としており、他院からの紹介で肝臓疾患の方も多く来院されています。肝炎など、高度な治療が必要となる疾患への対応もここでは可能です。開院前、総合病院の消化器内科でさまざまな疾患の治療に関わり、がん患者の方も多く担当していました。また救急医療の現場経験も長かったのですが、開院時に妥協せず高度医療機器を導入したのは、クリニックであってもその当時の診療と同レベルでの対応ができるようにという思いもあってのことです。

―院長が医師をめざしたきっかけ、また消化器疾患に注力するようになったきっかけは何でしょうか。

小学生の頃に祖父と祖母が病気で亡くなり、その時に病気を治せるような仕事に就きたいと思ったことを覚えています。さまざまな診療科目から内科の、その中でも消化器疾患の分野に進みたいと思ったきっかけは、私が医師国家試験を受ける直前に父が大腸がんで亡くなったことでしょうか。「私が医師になるまで父が待っていてくれたら」と当時はよく考えました。胃がんや大腸がんといったがん疾患の多い消化器をより深く学びたいと思ったのは、父のことがあったからだと思います。その後国立がんセンター(現・国立がん研究センター)で内視鏡を用いた胃がんや大腸がんの治療について集中して学ぶことができ、実際に消化器の分野に大きなやりがいを感じました。

―救急医療やがん医療の現場において、何か印象深い経験はありますか?

救急医療において消化器内科の医師が行う処置は、吐血により救急車で運ばれた患者さんに対して迅速に内視鏡で止血することでした。今では薬も良いものがあり、胃潰瘍や食道静脈瘤などの疾患で吐血する人は少なくなりましたが、私が担当していた当時は、吐血して運ばれる人が大勢いました。吐血した人に胃カメラを入れるというのはとても困難なことで、経験を積んできた限られた医師にしかできないんです。私自身、長い期間処置の研鑽を積みました。がん医療については、どうしてもつらい告知をすることが頻繁にありましたが、その時には患者さんと一緒に涙を流しながら、話をさせてもらいましたね。「一緒に頑張りましょう」と声をかけた記憶が今でも心に残っています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Denentoshi after
Bunkyo after
Chiba after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細