医療法人 平井クリニック

医療法人 平井クリニック

平井 雅也院長

161508

JR関西本線蟹江駅から車で10分ほどの場所にある「平井クリニック」は、大きな通りに面していてわかりやすく、車や自転車で通う患者も多い。外から見て入りやすい内装にこだわったという院内は、アイボリーや薄いピンクで上品で柔らかい印象だ。心臓血管外科の医師として豊富な手術実績を持つ平井雅也院長は、総合病院の医師として勤務後、介護老人保健施設の施設長を勤め、ケアマネジャーの資格も取得。「心臓手術後の経過観察や介護保険、介護施設のアドバイスも行っています」と平井先生、患者の退院後の身の上を案じるやさしい人柄がうかがえた。名古屋からもクチコミで訪れる患者がいるという同院の魅力を聞いた。
(取材日2017年2月2日)

心臓手術後や介護保険、介護施設のアドバイスも行う

―開業のきっかけは何でしたか?

名古屋大学医学部卒業後、約25年間の勤務医時代は心臓血管外科の医師として手術を手がけていました。ただ、手術では「治る手助けをした」という実感は得られますが、手術後に患者さんを長期間診る機会があまりありませんでした。また、外科に回ってくる患者さんの多くが、まず循環器内科の先生が診て「手術したほうがいい」と判断された方ですので、手術前も診る機会があまりない。手術をしてその後状態が落ち着くまでを診るのが僕の主な仕事でしたが、手術の前後も診てみたいと思うようになったのがきっかけのひとつですかね。あと、長いと10時間にも及ぶ心臓手術は体力勝負的な部分があり、そろそろ後進に引き継いでいいかなと思うようにもなりました。

―もともと開業をめざしていたのですか?

いえ、開業直前の1年前くらいまではまったく考えていなかったですね(笑)。ただ開業した知人たちの話を聞いていると、患者さんを診られる範囲が広がる、つまり手術の前と後を診ることができて、他の病気を診る機会や患者さんの家族や生活に関わってくる部分も増えてくると聞いていて興味を持ち始めましたね。医者として今まで経験したことのない領域に手を広げられることに魅力を感じ、開業を決めた訳です。

―こちらのクリニックの特徴をお聞かせください。

超音波の検査や血管年齢を計る機械、CTなどで心臓や血管など循環器のことは大きな病院に行かなくてもある程度の診断をつけるようにはしたいと思っています。これらの機器は開業当初からそろえていますが、機器はあくまで正確な診断をつけるための補佐的なものと考えていて、普段から患者さんにきちんと触れて丁寧に診察することを心がけています。あと心臓に関していうと、やはり外科と内科の連携がどうしても必要で、どのタイミングで手術をするかの判断や手術後の患者さんを診ることなど大規模病院の先生との連携もうまくいっていると思います。あと手術後のお年寄りの方に向けては介護保険や介護施設のアドバイスも含めて行っています。

―どのような症状の患者さんが多いですか?

循環器が専門なので、健診で血圧やコレステロールが高かったり糖尿病の症状で来られる方が多いですね。あとは心臓の症状で胸の苦しさや動悸、腎臓などの症状の場合はご自身でネットで調べて来られる方も多いです。当院では漢方薬の処方も行っているのですが、最初から漢方薬を飲みたいという方もいて、こういう症状だからこの漢方薬を出してと指定される研究熱心な方もいますね。

記事更新日:2017/06/05


Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Dento a1
Toshima a1
Taito a1
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細