ながみね歯科クリニック

ながみね歯科クリニック

長峯 隆史院長

20190409 bana

JR神戸線・立花駅直結のフェスタ立花南館は近隣住民でにぎわう複合ビル。その1階で子どもたちがひときわ元気に走り回る姿が映るウインドーが見えれば、それが「ながみね歯科クリニック」だ。子ども心をくすぐるキッズルームに落ち着いた雰囲気の待合室、すべて個室型の診察室、先進の歯科設備など、院内の至る所にこだわりを感じる。院長の長峯隆史先生は、患者一人ひとりのQOL向上に取り組み、トータルバランスの取れた診療を提供するベテラン歯科医師。特に噛み合わせについては、遠く海外からも通う患者がいるという長峯院長に、クリニックの治療方針や口内環境改善のための取り組みなど、熱い思いを語ってもらった。
(取材日2019年3月19日)

幅広い診療でバランスの取れた治療をめざす

―クリニックの特徴を教えてください。

当院では、お口の健康を長期的に維持していくことをめざしています。患者さんお一人お一人が抱えている問題は異なるため、その方法には多様なアプローチが必要です。そこで、得意分野を持った複数の歯科医師がそれぞれの専門的知識を生かしながら、多彩なトータルコーディネートを提供し、それが当院の特徴にもなっています。歯科医院は虫歯の治療をするイメージが強いですが、私どもでは、虫歯の治療が終わってはじめて、ご自身の歯で将来的に噛めるようにするメンテナンスのスタート地点に立てたと思うことにしており、予防にも注力しています。定期的なメンテナンスをすることで、将来的に歯は残せることを知ってほしいのです。

―それぞれの専門を生かされているのは特徴的ですね。どのような治療に対応していますか?

虫歯などの一般歯科はもちろん、インプラント治療、ホワイトニング、歯列矯正から歯のクリーニング、小児歯科、義歯、歯周病の治療など、幅広く対応しております。当院は担当医制ですが、それぞれの分野において経験と知識が豊富な歯科医師と相談しながら治療に臨み、各歯科医師が診療領域を広げることで、患者さんにとってベストな治療を提供できると考えています。年に1~2度はハーバード大学やペンシルベニア大学などへ海外研修に行き、最新の治療メソッドなどの情報を収集しています。そこで得た知識は院内で定期的に情報交換を行うことで各スタッフに共有し、治療を通じて患者さんに還元したいと考えております。

―その中でも長峯院長の得意分野は何になりますか?

インプラントと噛み合わせです。インプラント治療は手術を要しますので、経験や技術によって手術に必要な時間や術後の腫れ、痛みに影響があります。それらを少しでも少なくすることで患者さんの体への負荷が軽減できますので、先ほどお伝えしました海外での研修や、治療メソッドの院内共有をもってハイクオリティな治療を心掛けております。噛み合わせですが、実はこの問題が姿勢や体へ影響を及ぼすことがあります。人は噛むことで、脳に伝達物質が送られ、認知症予防につながることや、重心バランスが悪いことで姿勢も悪くなり、転倒しやすくなるということの改善につながると言われています。患者さんのクチコミなどで、今では東京や鹿児島、海外からも患者さんがお見えになります。治療後に、笑顔で帰られる姿を見るとうれしくなり、この仕事に就いて良かったなと思いますね。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

インプラント治療/20万円~、部分矯正/10万円~、ホームホワイトニング/3万円~



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細