こう歯科クリニック

孔 祥忠院長

152258

大阪市営地下鉄中央線・大阪港駅の5番出口を出たすぐのビルに、ブルーの波の模様が描かれた「こう歯科クリニック」の看板がかかっている。1階の入り口から中に入ると、2階の待合室や診察室に通じるエレベーターが設置されている。孔祥忠院長は、各種マリンスポーツの経験が豊富で、スキューバダイビングや小型船舶の資格も持っている。爽やかな風貌で、何でも相談しやすい雰囲気だ。痛みを極力感じさせないよう配慮した治療や、丁寧な説明をして、患者が前向きな気持になった時に治療する、というポリシー。虫歯や歯周病治療に留まらず、患者の歯や口腔への健康意識を高める工夫もこらしている。ホワイトニングや矯正治療についても話を聞いた。
(取材日2017年6月24日)

歯や口腔の健康意識を高められるホワイトニング

―こちらに開業された理由をお聞かせください。

岐阜県の朝日大学歯学部を卒業し、大学院で歯周病について研究を重ねた後、大阪で開業しました。ここはもともと自宅で、地元で開業したいと思いがあったのです。看板や入り口、院内が海を思わせるデザインになっているのには理由があります。ここが海の近くということもあるのですが、学生の頃に水泳教室で子どもたちに水泳を教えていました。そのプールの支配人がダイビングなどマリンスポーツが好きな人で、次第に私も海に関する趣味が増えていったのです。スキューバダイビングの資格や2級小型船舶操縦士も取得しました。待合室の壁面にも薄型の水槽をしつらえて、カラフルな熱帯魚を飼育しています。患者さんにも楽しんでいただけるとうれしいです。

―どのような患者が多く来院されますか?

当初考えていたよりも女性の患者さんが非常に多いです。これには少し驚きました。このあたりにお住まいの方もいらっしゃいますが、近隣に運送会社がたくさんあるので、そちらでお勤めの方も来院されます。また、近くに大型テーマパークの寮があるので、そこにお住いになっているパフォーマーの方が来院されることもありますよ。私自身、英会話はあまり得意ではないので、日本語をある程度理解してくれる方の治療になりますね。来院される7割くらいの患者さんが虫歯や歯周病などによる痛みを感じていらっしゃいます。それ以外の方は、歯を白くしたいといった審美的な治療を求めて来られます。三番目に矯正の患者さんが多いという感じですね。

―ホワイトニングにも力を入れられているそうですが。

ほとんどの患者さんは、虫歯や歯周病の症状が現れてから来院されます。歯周病は自分でも気が付かないうちに進行するので、出血など慢性的な症状の方が多いです。また、すでに歯がぐらぐらするなど、症状が出てから慌てておみえになる方もいます。治療に来られた時には、歯周病はなかなか自覚症状が出にくいことや、自分の歯を残す意義についてもご説明いたします。当院で治療を受けてた後、そうした説明を受けた人は3ヵ月に一度の検診に来てくれるようになります。さらに予防歯科への意識を高めていただくためにも、ホワイトニングは有効だと思っています。ホワイトニングをすることで自信が持てて、前より笑えるようになったという方もいらっしゃいます。何より歯が白くなると、その白さを維持したいという気持ちになれるのです。歯の磨き方まで変わってきて、メンテナンスにも必ずといっていいほどいらっしゃるようになります。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

%e5%8d%83%e4%bb%a3%e7%94%b0 before
%e6%ad%a6%e8%94%b5%e9%87%8e before
%e5%b0%8f%e7%94%b0%e6%80%a5%e7%b7%9a before
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細