全国のドクター9,295人の想いを取材
クリニック・病院 158,642件の情報を掲載(2024年4月22日現在)

  1. TOP
  2. 愛知県
  3. 名古屋市千種区
  4. 星ヶ丘駅
  5. 星ヶ丘矯正歯科
  6. 矯正治療専門の歯科医師に受ける目立たない矯正治療の本当の魅力

矯正治療専門の歯科医師に受ける
目立たない矯正治療の本当の魅力

星ヶ丘矯正歯科

(名古屋市千種区/星ヶ丘駅)

最終更新日:2022/06/24

星ヶ丘矯正歯科 矯正治療専門の歯科医師に受ける 目立たない矯正治療の本当の魅力 星ヶ丘矯正歯科 矯正治療専門の歯科医師に受ける 目立たない矯正治療の本当の魅力
  • 自由診療

すっきりと整った横顔に、誰もが憧れる美しい歯並び。その実現には矯正治療が有用だが、見た目が気になり二の足を踏む人は多いのではないだろうか。そんな人にうってつけなのが、歯の表側ではなく裏側(舌側)に装置をつける舌側矯正(リンガル矯正)治療だ。目立たず、審美的に優れていることから昨今関心が高まっている。「星ヶ丘矯正歯科」の亀山威一郎院長は舌側矯正治療の経験も豊富で、院内には治療を終えた患者の笑顔の写真が所狭しと貼られている。通院ごとに口内を撮影し、変化が目に見えてわかると患者のモチベーションアップにつながるだろう。今回は舌側矯正治療のメリットやデメリット、また一般的に費用が少し抑えられることの多いハーフリンガル矯正治療についても詳しく話を聞いた。

(取材日2017年8月1日)

患者ごとの精巧な歯型作製から、2~3年の矯正治療、保定まで、経過観察を重視し、患者のやる気をアップ

Q専門のクリニックで矯正治療を受けるメリットを教えてください。
A
星ヶ丘矯正歯科 矯正治療専門のクリニックとして患者の助けになりたいと語る院長

▲矯正治療専門のクリニックとして患者の助けになりたいと語る院長

矯正治療は、歯並びを整えていくとともに、口腔内の環境をきれいに保つことにも期待ができます。一般歯科での矯正治療となると、多くの場合、非常勤の専門の先生が決まった日に来院して矯正治療を行うという体制で、もし患者さんの都合が悪い場合は治療を受けられず、治療自体が滞ってしまいます。装置が痛い、外れたなど緊急の際にも困りますので、いつでもすぐに対応できる矯正治療の専門クリニックで治療を受けられることをお勧めします。当院では、表側に装置をつける矯正治療のほか、歯の裏側に装置をつける舌側矯正治療、マウスピース型装置を用いた矯正も行っており、患者さんが希望される方法を選んでいただいています。

Q舌側矯正のメリット、デメリットはどのようなことでしょうか?
A
星ヶ丘矯正歯科 舌側矯正だけでなく、さまざまな矯正治療を提供

▲舌側矯正だけでなく、さまざまな矯正治療を提供

メリットは他人から見えず、審美的に優れていること。デメリットは、表側に比べて技術面で難しい工程があり価格が高いことです。また、矯正治療において、装置をつけて「痛くない」と言われる方は正直いません。装置を気にされて舌でつい何度も触り、舌が痛くなることが多いようです。慣れるまでには個人差があり、長くて1ヵ月ほどでしょうか。しゃべりにくいという方もいらっしゃいますが、これも改善されてくると思います。食べ物が引っかかるのは、表側でも同じことで、歯磨きの仕方についてはアドバイスをさせていただきます。舌側矯正を始める時期は高校を卒業後あたりを目安にお勧めしています。

Q価格を抑えたハーフリンガルという治療法もよく聞きますが。
A
星ヶ丘矯正歯科 上下両方の裏側矯正を同一価格で提供してくれる

▲上下両方の裏側矯正を同一価格で提供してくれる

ハーフリンガルは半分、人から見えやすい上の歯は裏側に、下の歯は表側に矯正装置をつけるもので、価格を抑えて提供しているクリニックもあります。下の歯は表側につけても目立たないということですが、私の経験からするとやはり目立ちます。また、装置のつけ方が違うと、上下で歯の動かし方が違うことになるのです。簡単にいうと、裏側に装置をつけた上の歯は内側へ、表側につけた下の歯は外側へ引っ張られるように形が整えられていきます。その状態で噛み合わせのバランスを取ることは非常に困難で、上下同じ装着方法にすべきと私は考えています。当院では上下両方でもハーフでも同じ料金ですので、ハーフを希望される方はいらっしゃいません。

Q治療の流れや期間について教えてください。
A
星ヶ丘矯正歯科 矯正治療には重要なセファロ。正確な診断のために役立てる

▲矯正治療には重要なセファロ。正確な診断のために役立てる

初めに相談専門のコーディネーターである歯科衛生士がお話をお聞きします。表側、裏側それぞれの矯正装置のメリット、デメリットを説明し、各種検査、口腔写真の撮影、レントゲン撮影、頭部から顎の骨を含む撮影などで現状把握し、1ヵ月から1ヵ月半後に治療開始となります。舌側矯正の装置は、信頼できる歯科技工士の方と連携して精巧な歯型を採り、それに装置をつけてゴールの形を決め、その後、口腔内へ装置を入れて調整していきます。期間は大体2~3年。月1回の来院の際にお口の撮影をし、前回や最初の頃の写真と比べて変化を見ていただきます。矯正治療終了後は歯が元に戻るのを防ぐリテーナーという保定装置を1~2年間使用します。

Q歯科衛生士の方の存在も大きいですね。
A
星ヶ丘矯正歯科 歯科衛生士も拡大鏡を使用して精密なケアを心がける

▲歯科衛生士も拡大鏡を使用して精密なケアを心がける

噛み合わせや歯周病のチェック、お掃除、歯磨き指導などを行う中で、歯科衛生士は当院にとっては欠かせない重要な存在です。最初のカウンセリングも、私より歯科衛生士のほうが説得力があると思います。いつも患者さんとコミュニケーションをとっているので、患者さんも、私には聞きづらいことでも歯科衛生士には聞きやすいようです(笑)。当院では、精密にケアを行っていくためにスタッフ全員が拡大鏡を用いています。普段から講習会や勉強会に参加して勉強していることも自慢ですね。外の世界でレベルの高い人や技術に接することで自分自身のやる気や能力を高め、それを患者さんに還元してくれているので頼もしく思っています。

ドクターからのメッセージ

亀山 威一郎院長

舌側矯正治療は昔と比べ、装置も技術も格段に進歩しました。症例にもよりますが基本的には成人の方ならどなたでも対応可能で、妊娠、出産をされる方、された方でも問題ありません。当院では、結婚を控えた方、子どもの頃にワイヤー矯正が嫌だった方など、さまざまな理由で多くの方が舌側矯正治療をされています。矯正治療専門のクリニックでも舌側矯正は行っていないところもありますので、矯正治療を諦めていた方、舌側矯正に対して不安を持っていた方、どんな悩みやお考えをお持ちの方でも、私とスタッフ全員でお力になれればと思っていますので、ぜひお気軽にご相談していただければうれしいです。

自由診療費用の目安

自由診療とは

検査・診断料 4万6300円、表側矯正治療 75万〜85万円、裏側(リンガル)矯正治療 110万~120万円、マウスピース型装置を用いた矯正 80万〜900万円、保定装置費用 4万円

Access