ほんべクリニック

ほんべクリニック

本部 千博院長

20180919 bana

名古屋駅から徒歩3分、好立地な「ほんべクリニック」(2018年に「ほんべ眼科」から名称変更)は開業10年を超える眼科医院で2016年にリニューアル移転している。院長の本部千博先生は、もともと内科医師だった知識と経験を眼科転向後にも生かし、西洋医学だけでなく鍼灸といった東洋医学も取り入れる勉強家。特に子どもの近視矯正に注力し、多くの書籍や親子教室の開催を通じて近視になりやすい行動や生活環境に警鐘を鳴らし、視力に関する情報を積極的に発信している。就寝中にコンタクトレンズを装着して近視を治療する角膜矯正療法(オルソケラトロジー)も、日本で紹介され始めた初期から導入。「近視は治らないものではない」と語る本部先生に、視力回復にかける思いや、理想とする医療について聞いた。
(取材日2018年9月3日)

「近視は治る可能性あり」。子どもの視力回復に注力

―どのような患者さんが多くいらっしゃいますか?

オフィス街ですので、この辺りで働いていらっしゃる方が多いです。目の使いすぎで疲れたり調子が悪い方、ストレスから来る目の病気の方が多いですね。土曜日も午後5時まで診察していますので、お子さんもよく来ています。特に私が視力回復に関する本を多数出していることもあって、本を見て子どもを連れてくる方が結構いらっしゃいます。小中学生は近隣から来る子どもが多いのですが、視力のことだけで東京や大阪から来るお子さんもいます。遠方から来た方の診察では、それだけの価値をちゃんと感じてもらえるように心がけています。

―近視の矯正に力を入れていらっしゃるのですね。

私は今61歳ですが、まったく眼鏡なしの裸眼で生活しています。学生時代に視力が0.1になったときもありましたが、それを克服して裸眼で過ごせるようになりました。多くの医師も目が悪い人が多く、自分の経験から近視は治るわけはないと考えていると思います。しかし、私は自分の経験から近視は治ることもあると知っています。当院には視力回復の方法がいろいろあり、その方法や結果に驚かれることも多々あります。最近、片頭痛は心臓の手術をすると治る場合もあるということがわかってきたように、世の中には大学で習ったこと以外でも、こういうふうにすれば治るということがあると思います。視力についても、まさにそうなのです。

―生活環境と近視には関係がありますか?

目の使い方が悪いから近視になる、ただそれだけだと思っています。子どもが急に視力が悪くなった場合は、絶対に生活の変化があります。本が好きになったとか、勉強をよくするようになったとか、塾に行きだしたとか。お母さんが「ゲームもしておらず、目を使っていない」と話していたお子さんのことをよく聞くと、細かいパズルブロックに夢中になっていたということもありました。海辺の漁師さんたちはいつも遠くを見ているから、ほとんどの人が裸眼でしょう。近視になるかどうかは、遺伝よりも環境で変わってくるのだと考えています。



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Setagaya after
Minato after
Saitama chu after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細