求人情報ON
斉藤歯科クリニック

斉藤歯科クリニック

斉藤正徳院長

適切な治療とメンテナンスで
長持ちさせるインプラント治療

斉藤歯科クリニック

自由診療

Main

インプラント(implant)は「埋め込む」の意味で、インプラント治療とは人工歯根(インプラント体)としてチタンやチタン合金の軸を埋め込み、しっかりとした支えの上に人工歯を装着する治療法を指す。入れ歯やブリッジと同様、歯を失ったときの治療法の一つだが、インプラント治療の経験が豊富な「斉藤歯科クリニック」の斉藤正徳院長によれば、「手術は痛いのでは?」「治療に時間がかかるのでは?」といった問い合わせもまだ多いという。「治療に必要な条件に適応し、ご本人が希望されるなら、非常にいい選択肢になり得ると思います」という斉藤院長に、インプラント治療のさまざまな疑問に答えてもらった。 (取材日2019年1月18日)

検診・治療前の素朴な疑問を聞きました!

インプラント治療と、入れ歯やブリッジとはどう違いますか?

これらは虫歯や歯周病などによって歯を失った場合の代表的な治療法で、違いは「新たに装着する人工歯をどうやって支えるか」です。入れ歯は、失った歯に代わる人工歯を金具などで周囲の歯に引っかけて固定するもので、すべての歯を失ったときも総入れ歯で対応可能です。ブリッジは、失った歯の両側の歯を人工歯の支えとするもの。失った歯と両側の歯が一体となった人工歯を装着するので、入れ歯より安定的に固定できるものの、治療すべき歯以外に健康な歯を削ることもあります。インプラント治療は、なくなった歯の代わりにチタンやチタン合金製の人工歯根を埋め込み、その上に人工歯を装着するものです。

インプラント治療のメリット、デメリットは何でしょうか?

ほかの治療法に比べたメリットとして噛み心地の改善、装着した人工歯の耐久性向上などが期待できる点が挙げられます。また、入れ歯は金具で周囲の歯を傷める恐れや違和感が、ブリッジは健康な歯を削る場合もある点がデメリットですが、インプラント治療は埋め込んだ人工歯根だけで支える仕組みのため、周囲の歯への負担は考えにくいこともメリットです。デメリットは、ほとんどの場合で保険適用外となるため費用が全額自己負担になることです。また人工歯根を埋め込む外科手術をデメリットとして心配される患者さんも多いのですが、私が思うに、しっかりした歯科医院で治療を受ければ手術中も手術後もあまり痛みは感じないのではないでしょうか。

インプラント治療の前後で注意することはありますか?

まず治療前に、インプラント治療を受けられる状況なのかきちんと診断を受けることは大切です。人工歯根を埋め込む顎の骨の厚み・幅は十分かという技術的な部分に加え、その方の健康状態によってはインプラント治療が向かないケースもあるからです。喫煙習慣についても、血管や口腔内組織へのダメージが大きいとされるため検討が必要でしょう。また、インプラント治療は成功しても、人工歯根と歯茎との間に炎症が起きる「インプラント周囲炎」になることもあります。治療後に口腔内の汚れで「インプラント周囲炎」が起きないよう、丁寧な歯磨きと歯科医院での定期メンテナンスが欠かせません。

検診・治療START!ステップで紹介します

新たな人工歯が必要な患者と治療法の相談

本人の状況に加え、入れ歯、ブリッジ、インプラント治療のメリット・デメリットを紹介していく。「患者さんにとってはその後の生活が一変するかもしれない治療法選びですから、特に丁寧にお伝えしています」と斎藤院長。インプラント治療を選択した場合、今後の進め方などさらに詳しく説明を受ける。

エックス線診断で顎の骨の状況などを確認

治療計画を立てるためエックス線や歯科用CTで撮影し、口腔内の診断を行う。口腔全体の様子だけでなく、人工歯根を埋め込む部分の骨の厚みや幅がどのくらいあるかを知ることも重要なため、該当箇所を詳細に確認する。診断結果の説明を受けてから、実際に治療へと移行していく。

治療は2回に分けて実施。1回目は人工歯根の埋め込み

同院ではインプラント治療のスタンダードとなっている2回法を採用。1回目は歯茎を切開して顎の骨に人工歯根を埋め込む。手術は局所麻酔を施した状態で行うため、患者が痛みを感じることはほとんどないそう。また、同院のインプラント治療は1時間30分から2時間ほどを予定しているが、これは受付から手術後の患者の休憩時間も含んだもの。実際の手術は1本で約30分が目安だという。

数ヵ月後、精密な型採りをもとに人工歯を作って装着

1回目の手術後は、人工歯根と顎の骨をしっかり結合させるため時間を置く。定期的な通院で炎症などが起きていないかを確認しながら、上の歯で約3ヵ月後、下の歯で2ヵ月後に2回目の治療を実施。2回目は人工歯を作るための型採りをして、約1週間後にできたものを合わせ、調整後に実際に使用する人工歯を完成させる。噛み心地に直結するため、時間をかけて作り込んでいるとのこと。

治療後は4ヵ月に1度はプロのメンテナンスを受ける

インプラント治療で使う人工歯根や人工歯は丈夫でも、口腔内の衛生管理を怠ると、周囲の歯茎の炎症や歯周病が急速に進むので要注意と語る斉藤院長。治療後は歯磨きを丁寧にするなど、インプラントを長持ちさせるためには十分な口腔ケアを行うことが不可欠だという。ただ、自宅では汚れを取りきるのが難しい部分もあるため、同院では口腔内の健康状態の確認と徹底したクリーニングを目的に、4ヵ月に1回の定期受診を勧めている。

料金の目安

インプラント治療:1本40万円~

ドクターからのメッセージ

斉藤 正徳院長

インプラント治療に興味はあるが迷っている、という患者さんも多いでしょう。そうした方は「痛くないだろうか」「手術に時間がかかるのではないか」といった心配から躊躇されているようです。しかし、インプラント治療はきちんと局所麻酔をかけて行う外科手術で、手術中の痛みはほぼありません。治療後にやや腫れる可能性はありますが、これも一般の歯科治療後に起こる腫れとさほど違いはないといえます。もちろんご自分で情報を集めて判断するのは限界がありますから、一度当院の無料相談を利用されてはどうでしょうか。当院は相談された方に無理にインプラント治療をお勧めすることはありませんから、どうぞ安心してご利用ください。

Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
ドクターズ・ファイルをご活用いただく皆様へ
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Shinnaka after
Yokohama after
Syonan after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細