全国のドクター9,285人の想いを取材
クリニック・病院 161,122件の情報を掲載(2020年10月21日現在)

  1. TOP
  2. 大阪府
  3. 堺市南区
  4. 光明池駅
  5. 医療法人佑絢会 C&Cナカイデンタルクリニック
  6. 中井 政徳 院長

中井 政徳 院長の独自取材記事

C&Cナカイデンタルクリニック

(堺市南区/光明池駅)

最終更新日:2020/04/01

141590 1

豊かな自然と住環境が調和する泉北ニュータウンにある「C&Cナカイデンタルクリニック」は、予防歯科をベースに、インプラント治療やマイクロスコープを使った根管治療、歯周病治療、矯正治療などの専門性の高い歯科医療の提供も行うクリニックだ。インプラント治療を得意とする中井政徳院長を含め6人の歯科医師が在籍。それぞれの専門性を生かしたチーム医療を実践する中井院長は、「泉北を予防先進地域に、泉北で歯科先進医療を」というビジョンを掲げ、常に新しい知識と技術の習得に励みつつ日々の診療に意気込む。安易に歯を削らないという姿勢を貫き、患者一人ひとりのかけがえのない歯を守る、使命に燃える中井院長に、クリニックの理念や治療への思いをたっぷり聞いた。
(取材日2019年6月3日)

予防歯科を基本に先進の歯科医療も提供していく

まずは、クリニックの名称の由来を教えていただけますか?

20190618 1

「C&C」はCare&Cure、つまり予防と治療の意味で、開業した時から予防をベースにしてきました。治療が終わった後も定期的に通って歯の健康状態を維持していただくのはもちろん、子どもたちには、虫歯をつくって歯を削ることがないようにと伝えています。2006年にクリニックを増設した際に、本格的に予防スペースと治療スペースを分けましたが、日によっては予防スペースのチェアが足りないくらい、予防の定期検診に通ってくださる方が増えました。

もともと予防への意識が高い地域なのでしょうか?

決してそうではないと思います。それも私自身が大事にしている部分で、患者さんが予防への意識を高めていくのは、地域の歯科医師の仕事だと考えています。患者さんには最初から治療の予約と、歯科衛生士の予約を並行してとっていただき、歯科衛生士から予防のやり方を具体的に説明させていただきます。単に予防のやり方を伝えるだけではなく、例えば、子どもが甘いものを欲しがって困っている方には、どうやってクリアできるかという話をしながら、患者さんの行動が変わるようにアドバイスやサポートをさせていただいています。これはヘルスプロモーションという考え方で、患者さんそれぞれが自ら健康行動を起こせるように、私たち医療従事者がサポートしていく、その実践を心がけています。今、予防で来院される方はどんどん増えていて、当院の実践が実を結んでいることを実感しています。

地域でどのような歯科医療を提供したいとお考えですか?

2

泉北を予防歯科の先進地域、そして歯科医療の先進地域にしたいと思っています。具体的にはインプラント治療ですね。当院ではインプラント治療を私が担当していますが、歯科医師の裁量によるところが大きく、術前の診断がとても大切です。当院ではコンピューターを使って精密に術前診断を行うことを心がけており、インプラントを埋入する際もガイドを使って精度を高めています。他院で不可能だったケースでも当院で行えるように、大学卒業後も大学の口腔インプラント科に所属して新しい知識と技術を得る努力を続けています。あとは、マイクロスコープを使って行う根管治療や歯周組織再生療法などの歯周病治療ですね。とにかく世界基準といわれるような歯科医療を提供していきたいと考えています。

専門分野を極めた歯科医師6人で行うチーム医療

そういった先進の歯科医療を実現するため、どのような工夫をされていらっしゃいますか?

3

インプラント治療、根管治療、歯周病治療、矯正治療、訪問歯科診療をそれぞれ専門の歯科医師が担当する、チーム医療を行っています。多くの勉強会は日曜日に行われることが多いため、1人の歯科医師がすべての治療を行うのではなく、担当制にして専門を分けることで、常にその分野の勉強をしていくことができ、それぞれが先進の治療を提供できるメリットがあります。また、例えばインプラント治療と矯正治療、矯正治療と歯周病治療など複合的な治療が必要な患者さんが結構いらっしゃるのですが、そういった患者さんの治療について、ディスカッションしながら最善の道を探っていけるというメリットもあります。当院では、歯科医師は朝、必ず集まってカンファレンスを行い、患者さんに対してどういうアプローチで治療していくのかを話し合っています。

クリニカルコーディネーターもいらっしゃいますね。

当院では、治療するわれわれと患者さんとの橋渡し役として、クリニカルコーディネーターという担当者を置いています。治療の計画や方法については、私たちが患者さんに直接話をしますが、面と向かって聞きにくいことや聞き忘れたこともあるかと思います。そういった時に相談できるとともに、費用についても説明させていただいています。歯科医師から費用の話は一切せず、クリニカルコーディネーターが患者さんの意向を伺い、その内容を歯科医師に伝えています。当院ではなくてはならないポジションですね。

患者さんと接する際に心がけていらっしゃることは?

傾聴です。具体的な症状から、本当にどうなりたいかという大きなところまで、とにかく患者さんが言いたいことを聞いて差し上げたい。患者さんと話す際の座る位置から気をつけますし、しっかりとお顔を見て患者さんのお話を聞くことは、スタッフにも口をすっぱくして言っています。

印象に残っている患者さんとのエピソードはありますか?

4

最初の治療が終わられてから、もう10年以上、予防で通い続けてくださっている患者さんが何人もいらっしゃるんですよ。長い期間、患者さんの口腔のサポートを行っていけるのは、私にとっては一番うれしいことですね。

「泉北を予防先進地域に、泉北で歯科先進医療を」

地域の患者さんが多いのでしょうか?

20190618 5

実は先ほどお話ししたビジョンに、「泉北」を掲げたのは最近です。近年、インターネットで調べて来られる患者さんが増えており、泉ヶ丘など南区全体から来られるようになったためです。ニュータウンとして50年前に開発された泉北は今、高齢化率がどんどん上がってきています。転入も少ない中でこれだけの患者さんが当院にいらっしゃっているのは、インターネットを見て遠方からも来院される患者さんが多いからだと思います。希望される治療で多いのは、インプラント治療と根管治療ですね。特にマイクロスコープを使った根管治療を行っているクリニックはまだまだ多くないですし、当院では、きちんとした根管治療を提案できているのではないかと思っています。

開業の際に、この場所を選ばれたのはなぜですか?

親が以前ここで電器店を開いていましたので、この場所で開業しました。大学卒業後の3年間、歯科医院で勤務した後に開業したのですが、当時としても早いほうでしたね。歯科医師は2代目、3代目の人が多いため、そうではない自分は早く開業しなければいけないと思い込んでおり、大学時代から歯科医院でアルバイトをして準備していました。そして、開業してからはさらに技術と知識の習得のため、週末はさまざまな研修に参加してずっと学び続けてきました。今もそんな生活で、だから本当に趣味がないんですよ。食べることが好きなので、食事に行くことと、体調管理のためにジムに行くくらいです。

最後に今後の展望と読者へのメッセージをお願いします。

20190618 6

治療については今までの姿勢を崩さず、常にスタッフ全員で勉強し続けて、世界のスタンダードを常に見失わないようにしたいです。予防にも引き続き力を入れ、さらなる充実も考えています。歯はかけがえのないものですから、安易に歯を削るようなことは考えないでほしいですね。かけがえのない歯を守るためには、やはり予防が大切です。全身の健康診断を受けるのと同じように、3ヵ月ごとの定期的な歯科医院でのチェックとクリーニングによって歯の健康を維持してほしいと思います。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント/25万円~、小児矯正/10万円~、成人矯正/60万円~、ホワイトニング/1万5000円~、セラミッククラウン/6万円~、歯周組織再生療法/5万円~、マウスピース型装置を用いた矯正/精密診断:8000円~、両顎:45万~、片顎:30万~

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access