医療法人社団泰成会 こんの眼科

医療法人社団泰成会 こんの眼科

今野 泰宏院長

頼れるドクター

99999

全世代の眼疾患に対応した検査・手術ができる環境

―専門的な手術にも対応していますね。

白内障や眼瞼下垂、黄斑前膜、網膜剥離などの手術を日帰りで行っています。特定の距離にピントを合わせる単焦点眼内レンズを用いた手術が一般的ですが、当院ではそれに加えて認定施設となっているため多焦点眼内レンズも選択することができます。また、設備についても力を入れていて、硝子体手術に使う機器や、眼瞼下垂の手術に使用する炭酸ガスレーザーなど充実しています。外来では網膜の断層写真をとれるOCT(光干渉断層計)、斜視の検査機器シノプトや斜視弱視訓練に使用する楽しい機器も積極的に導入しています。それらを駆使して幅広い眼疾患の検査や手術に対応できる体制を整えています。

―ほかに先生が特に力を入れている治療は何でしょうか?

中等度までの近視、それ以上進んでしまった近視の方にメガネから開放するための新しい近視矯正の治療です。今はアジアを中心に近視になる人たちが増加し、まるでビックバンと言われています。近視が進んで強度になると網膜剥離や緑内障のリスクが高くなりますから、近視が進むのを抑制しようという世界的な流れがあります。中等度までの近視の方には「オルソケラトロジー」。就寝時に特殊なコンタクトレンズを装着して角膜を矯正することで、昼間は裸眼で過ごせるようになります。オルソケラトロジーは近視の進行をも抑制するというデータが出ていて、これについての研究にも参加しており、学会での発表もしています。もう一つは、強度近視を矯正するICLと呼ばれる手術です。解像度がよく、術後の合併症が少ないこと、レンズを取り出せば元に戻るのが大きな特徴です。

―眼鏡の処方に関しては、ユニークな試みを行っているそうですね。

理想的な眼鏡の条件は、大きく2つあります。その人にしっかりとあった視力矯正ができること。自分に合わない眼鏡は、頭痛、肩こり、めまいなどの原因にもなります。短時間での眼鏡処方は過矯正などにつながりますので、当院では正確な眼鏡処方をするため、診察をしたあとに改めて眼鏡処方の予約をしてもらっています。もう一つの条件は、似合うこと。顔の真ん中にあるメガネはその方の印象を大きく左右します。そこで似合う眼鏡を作ってもらうために「パーソナルカラー」の提案をしています。パーソナルカラーとは、生まれながらに持っている肌や髪、目の色から分析する「似合う色」のグループのことで、似合うフレームとレンズの色は、その人の魅力をグッと引き出してくれます。日本カラリスト協会の認定講師が、時間をかけ顔にさまざまな色の布をあててパーソナルカラーを探していくのですが、このような処方をしているクリニックは数少ないと思います。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Yokohama a
Shonan a
Shinnakasugi a
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細