咲江レディスクリニック

咲江レディスクリニック

丹羽咲江院長

医療トピックス

性行為(セックス)・挿入時の痛み
女性の性交痛と治療について

咲江レディスクリニック

自由診療

Main

男女共に、切実でありながら誰にも相談できない悩みの一つである「性交」。特に女性は痛みや苦痛を感じてもパートナーに言いにくく、病気ではないだろうかと不安も抱えながら一人で悩むことも多い。「咲江レディスクリニック」の丹羽咲江院長は、通常の婦人科の診療に加え、そうした性交時の悩みや苦痛を「性交痛」として受け止め、検査や心理カウンセリング、ローションでのケアなどで、原因をひも解きながら治療をしている。性交痛は体の病気が隠れている場合もあるほか、精神的な原因を抱えていることも多い。「女性が生き生きと、主体性をもって人生を歩めるように」という思いを抱く丹羽院長。痛みから解放され、「女性が本当に幸福なひと時を過ごす」ために、性交痛の症状や原因、治療について詳しく聞いた。 (取材日2017年8月30日)

痛みや恐怖、嫌悪感などの改善、幸せなセックスのためのカウンセリングを取り入れた治療

「性交痛」について教えてください。

1           ▲女性専門のクリニックでスタッフも全員女性。落ち着いた雰囲気だ 性交、つまりセックスの時に痛くて挿入できない、外陰部が切れる、また、その途中や後から痛くなった、などの症状があるもので、痛みを感じる場所は、膣の入り口付近とおなかの奥のほうとの主に2つに分けられます。膣の入り口付近の痛みは、粘膜や皮膚が荒れたり細菌に感染したりして膣炎や外陰炎の可能性があるほか、緊張感が強すぎて膣の筋肉が萎縮してしまったり、疲労やストレスによる免疫力の低下、また処女膜が通常より厚い処女膜強靭症の場合もあります。奥のほうの痛みは、子宮内膜症やクラミジア感染症など臓器の癒着や炎症、卵巣腫瘍の疑いもあります。これらは悪化すると不妊症の原因となることもありますので受診が必要です。

体だけでなく、精神的なことが原因となる場合もあるのだとか。

2 ▲女性の性体験や無意識的な記憶をひも解き、丁寧に診療してくれる はい。「セックスが恐怖」「触られるのが嫌」など心因性の痛みは人によって違います。例えば「セックスは悪い、汚いもの」と刷り込まれて育ち、恋愛にすら無意識に罪悪感を持つ方や、妊娠や出産に恐怖を抱く方、過去に性暴力被害に遭ったり、望まないセックスを強要されたりしてつらい思いをされた方などさまざまです。性教育の授業で中絶の器具を見て怖くなった方や、私が「内診しましょう」と言うだけで泣いてしまう方もいました。そうした患者さんには、外陰部に触れる前にまず太ももに触れることから始めていきます。当院では2017年10月より精神保健福祉士による心理カウンセリングを始めており、心の背景を丁寧にお聞きしていきます。

カウンセリング後はどのような治療を行うのですか?

3 ▲医療用の膣ダイレーター(左)とローション(右) おりものの検査をし、膣や外陰部の炎症の有無や処女膜の状態を診て、エコー検査で臓器の癒着や病変を確認します。外陰部の炎症ですと抗生剤やローションによって早く治せることが多いですが、心因的な要因で恐怖感や嫌悪感のある場合は治療にも時間が必要になります。程度によっては抗不安剤を処方することもあります。膣に挿入するトレーニングも指導しながら進めます。最初は指、その後「膣ダイレーター」という棒状の医療用器具を入れられるようにしていくもので、自宅でもトレーニングしていただきます。いわゆる「大人のおもちゃ」も有効に使うことができ、特に海外のものはスタイリッシュでそれほど抵抗感なく使っていただけると思います。

若い人だけでなく中高年女性にも性交痛があるのですか?

4 ▲幸せな性交渉を望む女性の繊細な悩み。多くの女性が救われている はい、患者さんの年齢は10~60代と幅広いです。閉経以降は女性ホルモンの分泌が減少して、膣粘膜や外陰部が委縮して薄くなり、それで痛みが起こるのです。男性には、そういった女性の体の変化を理解しにくいので、「今までできたのになぜできないのか」と考えることもあるかもしれませんね。女性ホルモンの補充療法や潤滑剤によって痛みは軽減できる場合がありますので、まずは受診していただければと思います。

こちらの治療の特徴としてどのようなものがありますか?

5 ▲個室診療室でじっくり相談できる。カウンセリングは毎週金曜日 性交痛の治療は、一般的には「潤滑剤を使いましょう」と言われることが多いと思いますが、当院では体と心の両方を積極的に治療しているところが特徴でしょうか。今は20~30代の女性の約7割が性交痛を経験しているといわれ、珍しくありません。患者さんは緊張感が強いので、治療も焦らず丁寧に行い、自宅でのトレーニングも「できた」「できない」など相談しながら、他のアプローチも試みつつ進めていきます。当院では現在、外陰部のケアのためのオリジナルのローションを開発中なんです。外陰部は汗をかくし細菌も付きやすく、顔の皮膚や粘膜より弱くてデリケートです。朝と夜にローションでお手入れしていただきたいと考えています。

料金の目安

性交痛含むセックスカウンセリング5000円/その他のカウンセリング5000円

ドクターからのメッセージ

丹羽咲江院長

性交痛は痛みの場所や原因によって治療法が違いますので、どの場所がどの程度痛いのか把握しておくことが大切です。きちんと治すことができるように体制を整えていますので、我慢せず、相談に来ていただきたいですね。そもそもセックスは怖さや痛さを我慢してするものではなく、女性も男性も幸せな気持ちでするものです。痛みを改善し、セックスを幸せなコミュニケーションの一つとして考えて、愛し合う二人がともに幸せな気持ちで行ってほしい。自宅でのトレーニングも大切で、回復を感じられる患者さんは次第に前向きになっていかれます。治療後の患者さんからうれしいご報告をいただけると、私もうれしくなります。

記事更新日:2017/09/27
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
Access
使い分けよう!「総合病院」と「クリニック」
Promotion landing
クチコミ&アンケート回答で毎月5名様に1,000円分のQuoカードプレゼント!!
外出先でもドクターズ・ファイル
Qr doctor

ドクターズ・ファイルの情報をスマートフォン・携帯からチェック!スマートフォン版では、GPS位置情報を利用した最寄りの病院探しができます。

書籍「頼れるドクター」のご案内

ドクターズ・ファイル特別編集ムック「頼れるドクター」を一覧で紹介します。 →全ラインアップを見る

Seta after
Minato after
S after
関連コンテンツ
採用情報『ドクターズ・ファイル』では編集部スタッフを募集しております。 詳細