全国のドクター8,873人の想いを取材
クリニック・病院 161,496件の情報を掲載(2020年1月24日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 横浜市港北区
  4. 新横浜駅
  5. ひろ矯正歯科クリニック
  6. 竹下 寛 院長

竹下 寛 院長の独自取材記事

ひろ矯正歯科クリニック

(横浜市港北区/新横浜駅)

最終更新日:2019/08/28

12549 %e3%81%b2%e3%82%8d%e7%9f%af%e6%ad%a3%e6%ad%af%e7%a7%91%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

JR新横浜駅から徒歩5分、横浜市営地下鉄新横浜駅の8番出口を出てすぐという場所にある「ひろ矯正歯科クリニック」。院長の竹下寛先生は、小児から成人、高齢者まで、幅広い年代の矯正歯科を手がけてきた矯正の専門家だ。米国の歯科医師ロナルド・ロス氏が考案した矯正法を学んだ竹下院長は、同院で歯並びと噛み合わせだけでなく、顎関節や顔貌、歯周組織まで考慮した矯正に力を入れ、審美性と機能性を兼ね備えた矯正を提供している。目立たない矯正を希望する患者には、歯の裏側に装置をつける裏側矯正や、透明なマウスピースを装着するマウスピース矯正で対応。自身も矯正治療の経験者だからこそ、患者の気持ちに寄り添う診療を心がけているという竹下院長に話を聞いた。
(再取材日2018年12月4日)

経験に裏打ちされた、精度にこだわった矯正を提供

まずは、クリニック開業の経緯をお聞かせください。

1

歯科医院を営んでいた父の影響で歯科医師をめざし、昭和大学歯学部卒業後は鶴見大学歯学部歯科矯正教室に入局しました。私の父は虫歯や歯周病など一般歯科を中心に診療していましたが、当時から「予防やメンテナンスの意識が広まるとともに、虫歯にかかる人は少なくなるだろう」と感じていたんですね。その反面、歯並びに関しては遺伝的な要素もありますから、悩みを抱える方はむしろ増えるのではないかと考え、そのお役に立てればという思いから矯正歯科を専門に選びました。鶴見大学には9年在籍し、臨床・研究・学生への指導の3つを並行して行いました。とても貴重な経験をさせていただきましたが、次第に臨床に専念したいという気持ちが強くなり、1993年に当院を開業しました。

新横浜で開業されたのはなぜですか?

鶴見大学に長く勤務していたこともあり、なじみのある横浜市内で開業したいと思っていました。新横浜を選んだのは、新幹線をはじめ複数の路線が交わっていて、遠方から通院される方にも便利な場所だと考えたからです。開業当初は同じ新横浜エリアにある別のビルで診療していたのですが、さらなる医療サービスの充実を図るため、2009年秋に現在の場所に移転しました。大通り沿いの角地に立つビルの3階にあり、2面から光が入る明るい雰囲気が気に入っています。また、近くには横浜労災病院があり、口腔外科の先生と連携して外科的矯正治療を進めることができるのでとても助かっています。内装には心落ち着く青を取り入れ、ユニットの間隔を広めに取ってガラスのパーティションで半個室にするなど、治療中も快適に過ごしていただける雰囲気をめざしました。

どのような患者さまが多いですか?

2

20~40代の女性を中心に、お子さんからご高齢の方まで、幅広く来院していただいています。一般的に矯正は小児の患者さまが多いのですが、当院は新横浜という場所柄、成人の方がやや多いですね。つい最近は80歳の女性の患者さまがおみえになりました。ご自分の歯が残っていて健康であれば、高齢の方でも基本的に矯正は可能です。当院では初診のカウンセリングを無料で実施していますので、まずはご相談ください。

歯列と噛み合わせだけでなく顎関節も重視した矯正治療

こちらのクリニックの矯正の特徴をお聞かせください。

3

カウンセリングや、エックス線検査・歯科用CT・咬合器・MRIによる精密検査に基づいて治療方針をご説明した上で、患者さまのご希望に沿った治療を選択しています。当院では歯並びだけでなく、顎関節と噛み合わせを重視した矯正も行っており、これは検査の結果、顎関節に問題があると判断した方にお勧めしている矯正法です。顎関節に問題がある状態で矯正治療を行うと、噛む位置が安定せずに次第に歯がすり減ったり、顎関節の変形やズレが生じたりして、せっかくきれいに整えた歯並びが元に戻ってしまうこともあります。ですからこの矯正法では、最初にスプリントと呼ばれるマウスピース型の器具で顎の位置を安定させ、その後で歯列矯正に入るという方法を取っています。

顎関節と噛み合わせを重視する矯正のメリット・デメリットについて教えてください。

顎の位置を安定させるためにスプリントを装着する期間が半年から1年、平均すると10ヵ月ほどかかりますから、その分治療期間が長くなることがデメリットだと思います。一方、メリットは治療後も良い状態を長く維持できること。矯正では、歯並びを整えた後の「後戻り」という現象があり、後戻りを防ぐために一定期間リテーナーという装置を使用します。それでも多少は後戻りしてしまうことがあるのですが、顎の位置を安定させてから治療することで、後戻りが少なくなり、加えて歯ぎしりや顎関節症の症状の改善にもつながると考えています。一生の健康のため、スピードではなく仕上がりを重視して治療を選択していただきたいですね。

そのほか、力を入れている治療はありますか?

4

歯並びが気になるものの矯正装置に抵抗があるという方のために、透明のマウスピース型装置を使った矯正や、歯の裏側に装置をつける裏側矯正など、目立たない矯正にも力を入れています。特にマウスピース型装置による矯正は、装置が透明なので目立ちませんし、食事やブラッシングの時は装置を取り外せるため衛生的です。ただし、食事とブラッシングの時間を除いて、1日20〜22時間の装着が必要です。ただ、歯並びの状態によってはマウスピース型装置の矯正が行えない場合もありますので、まずはカウンセリングをお受けいただくとよいでしょう。このほか一般的な矯正治療でも、透明のブラケットや白いワイヤーを使用した目立ちにくい装置を採用していますので、こちらもご相談ください。

スピードではなく、仕上がりを重視した矯正

矯正を専門とする歯科医師としてのやりがいをお聞かせください。

5

歯並びがきれいになって、歯に対するコンプレックスがなくなると、患者さまの笑顔がより輝いてきますよね。最近では、噛み合わせの改善は全身の健康にも良い影響を及ぼす可能性があるという意見もあります。

お忙しい毎日ですが、どのようにリフレッシュされていますか?

子どもの頃からサッカーや野球などスポーツは何でも好きだったのですが、20歳の時に水上スキーを始めて以来、長年の趣味になりました。開業前は、水上スキーのために毎週のように山中湖へ通っていましたね。今は忙しくて頻繁にはできなくなりましたが、毎年夏に仲間と長野県の野尻湖へ水上スキーに行くのが恒例になっています。普段は、高校時代の友人と食事をしてリフレッシュしていますね。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

一般的に歯科領域では義歯やかぶせ物、詰め物など人工物を使って治療しますが、それらは経年劣化などが原因で数年ごとに作り直しが必要になることが多いのが実情です。その点、矯正は自分の歯を最大限に生かした治療法であり、歯並びと噛み合わせ、顎の位置を補正して、維持していくことを目的に矯正装置を使って歯を動していきます。一般の虫歯治療などと比べると、時間や費用はかかりますが、それでもやる価値はあると思います。矯正は患者さまの一生の健康を左右するもの。ですから私たちは、スピードではなく仕上がりを重視し、審美的にも機能的にもご満足いただけるよう、期間や費用、リスクまでをわかりやすく説明し、十分ご理解いただいた上で治療に移るようにしています。

自由診療費用の目安

自由診療とは

永久歯の歯列矯正施術料/68万円~、マウスピース型装置を使った矯正/60万円~、顎関節治療用マウスピース:75万円~、精密検査/3万円、診断料/2万円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access