全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,973件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 西宮市
  4. 西宮名塩駅
  5. 芝辻歯科医院
  6. 幼少期に身につける「歯を守る習慣」予防歯科で虫歯ゼロをめざす

幼少期に身につける「歯を守る習慣」
予防歯科で虫歯ゼロをめざす

芝辻歯科医院

(西宮市/西宮名塩駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 保険診療

痛い虫歯や歯周病の不快な症状は、誰もが嫌だと思うもの。しかしその一方で「悪くなったら歯医者に行けばいい」と考えている人も、まだまだ少なくないのではないだろうか。そんな考えに対して警鐘を鳴らしているのは、西宮市名塩木之元にある「芝辻歯科医院」の芝辻篤史院長だ。3代にわたって地域住民の歯の健康を守ってきた同院が大切にしているのは「歯が悪くならないための予防」だと言う。特に幼少期から歯を守る習慣を身につけることが大切だと考える芝辻院長は、常日頃から患者に対して予防歯科の大切さを訴えているのだそう。ベビーカーをたたまず、そのまま移動できるバリアフリーの院内もその考えの表れの1つ。そこで今回は、芝辻院長に幼児から始める予防歯科の重要性について話してもらった。

(取材日2020年12月3日)

幼少期から、虫歯にならないようなメンテナンス習慣を

Q予防歯科と小児歯科に力を入れているのですね。
A
1

▲キッズスペースも充実

私は歯科治療で一番大切なのは「悪くならないように守っていくこと」だと考えています。なぜなら、歯は生きるために必要なものだからです。おいしく食べ、会話を楽しむことは人生そのものと言えるかもしれません。子どもたちには未来がいっぱいに広がっています。その未来をより明るく、良いものにするために、歯を守る習慣をつけてもらいたい。そんな思いから、予防歯科と小児歯科には特に注力しています。予防とは未来の病気や危険を予測して防ぐことです。子ども時代から自分で正しくメンテナンスする習慣をつけ、定期的に検診を受けることで、歯を失うような大きなトラブルから、自分の歯、健康を守っていけるようになるといいですね。

Q予防していくメリットを教えてください。
A
2

▲ベビーカーや車いすも入ることが可能な個室の診察室

虫歯や歯周病が原因で永久歯を失ったら、失った自分の歯が再び生えてくることはありません。そこで、機能面や審美面を補うため、人工の歯で補うことになります。技術も日々発展していますので、セラミックによる治療やインプラント治療など、機能的にも良い治療はあります。ただ生まれながらに持っている天然歯に勝る「使いやすく、壊れにくい歯」はありません。また良い治療を行うには時間も、費用もかかってしまいます。歯を失う前、悪くなる前に早く見つけることができれば、歯を失う確率を下げることもできますし、何より歯医者が怖いところから「歯を守る」行きたい場所へと心理的変化もあると思います。

Q何歳くらいから歯科に通えばいいんでしょうか?
A
3

▲子どもが大好きな芝辻院長

生後6ヵ月頃から乳歯が生え始め、1.5歳から3歳ですべての乳歯が生えそろいます。ですので、そのくらいの時期に歯医者に行く習慣、歯の手入れをする習慣をつけていただけたらなと思います。虫歯になる前であれば、痛いこともしませんし、もし嫌がって泣いてしまっても焦ることがありません。その子が環境に慣れて、安心して椅子に座って口の中を見せられるようになるまで、じっくりと付き合っていきます。もちろん、もっと小さい時に来ていただいても構いません。当院は診察室内までベビーカーで入れます。お子さんをベビーカーに乗せて、保護者の方の治療の様子を見せることから始めるのもお勧めです。

Q子どもには具体的にどのようなケアをしてくれるのでしょうか?
A
4

▲治療を頑張った後にはごほうびも

歯磨き自体を嫌がる子どもへの対応法からブラッシングの指導など子どもの歯に関したすべての相談にお答えします。各家庭の状況や歯の生え方や食習慣など人それぞれですので、汚れがたまりやすい場所もそれぞれです。そこで、その子にあったブラッシング指導を行い、正しい歯磨きの方法を身につけてもらいます。またお子さんが小さいうちは保護者の方に仕上げ磨きをしていただけるよう、その方法も指導しています。さらに、虫歯予防のためのフッ素塗布や、必要に応じて奥歯の溝を埋めるシーラントを行います。大切なのは、虫歯にならないようなメンテナンス習慣をつけることですので、受診したごほうびとして、カプセルトイも用意しています。

Q診察で心がけていることを教えてください。
A
5

▲未来を見据えた治療をしていく

子どもたちの「今」を見ることは大切ですが、「未来」を予測していくことも大切だと思っています。歯並びや体質、性格や家庭の習慣など、その子自身はもちろん、その子を取り巻く状況も含めて、総合的に考えながら診療することを心がけています。また、地域の歯科医院として、この地に根差し、患者さんとは生涯付き合っていく気持ちでお話をするようにしています。歯の専門家としてお伝えするべきことは誠実にお伝えし、患者さんと想いを共有しながら治療していきたいです。また、当院は完全個室になっておりプライバシーにも配慮しています。小さな悩みから大きな悩みまで、なんでも相談していただければうれしいです。

ドクターからのメッセージ

芝辻 篤史院長

歯は治療するものではなく、歯は守るもの。そんなふうに意識が変われば、歯のことで悩む人は少なくなっていくと思います。「歯医者は痛くて怖いもの」というイメージがありますが、きちんとメンテナンスをし歯を守っていければ、痛くて怖い治療になることはないでしょう。人生の中の痛いこと、嫌なことを減らすためにも、なんの症状もない子どもの頃から「歯を守る習慣」をつけてほしいです。気になる歯並びだって、歯が生えていく過程でできることもあります。まだきれいな歯を持っている成長過程の子ども時代だからこそできることがある。私はそう信じています。お子さんの大切な歯を守るために、ぜひわれわれ歯科医師と協力していきましょう。

Access