全国のドクター8,888人の想いを取材
クリニック・病院 160,972件の情報を掲載(2021年12月08日現在)

  1. TOP
  2. 兵庫県
  3. 西宮市
  4. 西宮名塩駅
  5. 芝辻歯科医院
  6. 審美性、機能性に強みのあるセラミック治療

審美性、機能性に強みのある
セラミック治療

芝辻歯科医院

(西宮市/西宮名塩駅)

最終更新日:2021/10/12

Main Main
  • 自由診療

自分の失った歯を補うために行う補綴治療。その材料にはさまざまなものがあるが、近年注目されているのはセラミック素材を用いた治療だ。金属を用いた治療に比べると、白いセラミックは見た目の違和感が少なく、審美的なメリットが大きくなる。そのため興味がある人が多いものではあるが、保険適用とならずに自費診療となるため、費用面を考えて諦めている人も多いのではないだろうか。そこで今回は、幅広い年代の患者へセラミックを使った補綴治療を行っている「芝辻歯科医院」の芝辻篤史院長に、セラミック治療のメリットについて詳しく教えてもらった。

(取材日2020年12月3日)

見た目や耐久性に強みがあり、健康面でもメリットが指摘されるセラミック治療

Qセラミック素材の特徴について教えてください。
A
1

▲清潔感のある院内

セラミックはお皿に使う陶器を歯科用に加工した素材で、最大の特徴は、審美性と機能性のどちらにも強みがあることです。歯は、噛むことでかかる強い力、飲食による熱さや冷たさ、唾液で常に濡れているという過酷な状況に耐えなくてはいけません。そのため、以前は耐久性の高い金属を治療に用いることが一般的でした。しかし、金属による治療は、目立ちやすく審美的な面での負担が大きいこと、天然歯との接着面に隙間が生まれやすくプラーク(歯垢)がつきやすいため虫歯が再発しやすいこと、また金属アレルギーの心配などデメリットもあります。それらの心配を少なくしていけるのがセラミック素材だと言われています。

Q保険診療で用いる補綴物との違いについて教えてください。
A
2

▲わかりやすい説明を心がける

保険診療では機能の回復を第一に考えますので、保険診療で修復した歯であっても、食事や日常生活に大きな支障はありません。ただし、使用できる材料には制限がありますので、機能的にも、審美的にも自費治療とは違いが出てきます。例えば差し歯の場合、保険診療の基本は金属です。しかし、前歯など目立つ場所の場合は、金属で補強された白いプラスチックの歯を使用することができます。一見するとセラミックと違いがないように感じますが、耐久性の高いセラミックとは特性が違い、保険の補綴物は使用していくにつれて変色や劣化が目立つようになっていきます。また、天然の歯のような微妙な色のニュアンスを出すことは難しくなります。

Q審美面でのメリットについて教えてください。
A
3

▲検査機器も充実

セラミックは歯の色調や透明感など、患者さんご自身の歯に合わせて細かく調整が可能です。そのため、治療していない歯と並べても違和感を感じる方はほぼいらっしゃらないと思います。鏡を見て確認するとわかるのですが、歯は光を通すため先の方が透明に見えます。この透明感を再現していくのが、セラミックの特徴。また、金属を使用した場合は時間が経過するにつれ、歯茎の色が黒ずんで見えたり、歯と歯ぐきの境目が黒く変色する場合もあり、「気になって笑えない」「ついつい手で隠してしまう」という人も。そういった方々に、セラミック素材へ変えていくことをお勧めしたいですね。

Q他にもメリットがあるのだとか。
A
4

▲完全個室の診察室も特徴だ

実はセラミック治療を希望される方の多くは審美面以外でのメリットを感じて選択していただけているように思います。例えば、銀歯と呼ばれる金属の歯には、ニッケル、スズ、パラジウム、銅などが含まれており、長く使用すると口の中でイオン化して溶け出してくることがあります。そのことが、金属アレルギーを引き起こすきっかけになったり、さまざまある体の不調の原因の一つとなる可能性もあります。一方、セラミックにはその心配はありません。人間の体との相性が良く、歯としっかり接着する特徴があるため、虫歯が再発する可能性も低く、取れにくい。なめらかな表面は歯石がつきにくいですし、メンテナンスもしやすいとされています。

Q治療後に大切なことはありますか?
A
5

▲患者の笑顔を守り続ける

治療が終了したら、せっかくきれいにした歯を守り、悪くならないように予防していくステップへ移っていただきたいです。歯は毎日使うものですから、お手入れをするのは当然のこと。車だって、長く使うためにはメンテナンスが必要ですよね。使いっぱなしではいずれどこかが壊れてきます。歯もそれと同じなんです。使ったら丁寧にメンテナンスし、時にはプロの手を借りて点検する。これを実行していただくことで、ご自分の歯を長く良い状態で使っていけるようにしていただきたいです。以前に比べると人の寿命も長くなり、食事やおしゃべりを楽しめる時間は沢山あります。笑顔の多い豊かな日々を過ごすためにも、メンテナンスを大切にしましょう。

ドクターからのメッセージ

芝辻 篤史院長

セラミック治療というと「高いんじゃないの?」と思っている人は多いと思います。もちろん、保険診療に比べると高額になることは間違いありません。しかし、金属の歯に比べて、審美面、健康面でのメリットが大きく、耐久面でも問題はないといえるでしょう。自分の人生の残りの時間、何度も再治療をすることになれば、結局は時間もお金も無駄にしてしまいます。一番良いのは最低限の治療で済ませ、いい状態を保って長く使っていくこと。そう考えるのであれば、ぜひ一度セラミック治療を視野に入れてほしいです。無理にお勧めすることはしませんので、わからないことがあれば気軽にご相談ください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

セラミックインレー/5万円~、セラミッククラウン/4万円~(税別)

Access