喜多見眼科

喜多見眼科

熊川美代子 院長

12074 %e5%96%9c%e5%a4%9a%e8%a6%8b%e7%9c%bc%e7%a7%91

小田急線喜多見駅からすぐ、整形外科や内科など、複数のクリニックが軒を連ねるメディカルビルの3階に、喜多見眼科がある。扉を開けて中に入ると、広々とした待合室があり、明るく丁寧な対応のスタッフが出迎えてくれた。1日の診療時間が終わった後、熊川院長に眼科の医師としての診療スタンスや、医院の特徴などを聞いた。
(取材日2009年11月6日)

一人ひとりの患者を最後まで自分で診たい

―医師をめざそうと思ったきっかけを教えてください。

幼い頃に母を病気で亡くしていまして。小学2年生の時ですね。それがきっかけになりました。母を助けてあげたいという気持ちが、医者になって病気で苦しんでいる人を治すんだという思いに変わって。もちろん小さい頃の話なので、その頃は漠然とした目標でしたが、高校に進んだ頃には、医学部をめざそうという具体的な進路になっていましたね。と言っても、結局は内科の医師ではなく、眼科の医師になりましたが(笑)。

―眼科医師になられた理由は?

大学を卒業する頃に、何科を選ぶか悩んだ末、自分で最初から最後まで完結する科がいいと思い、最終的には眼科を選択しました。内科だと手術が必要な場合は外科に患者さんをお願いすることになります。当時の私は、患者さんの診察から検査、治療、必要ならば手術まで、一通りを自分で担いたいと考えていました。ですが、大学病院での勤務の場合は特に、人事の配置や異動の関係もあって、自分が1人の患者さんをずっと担当できるとは限らないんですよね。ですので、一人ひとりの患者さんを、最後までずっと自分で診ていくことができないことにジレンマを感じることはありました。ただ、大学病院での経験は、自分にとってとてもプラスになりました。特殊な病気の方を診察したり、専門分野を深く研究し続けていくことは、大学病院でなければ難しいですからね。その中で多くの患者さんを診察したことで、眼科医師として成長させてもらえたんだなと思っています。

―大学病院時代には「白内障」の研究もされていたんですよね。

白内障という病気は、ある程度年齢がいくとよく見られる病気です。60歳以上の方であれば、程度の差こそあれ、ほとんどの人が白内障になっていると言われるほど一般的なもの。加齢によって起こってくるものですから、若い人にはあまりなじみのないものかもしれませんが、高齢になるほど誰でも発症するリスクは高まります。そして、その人によってその症状の出方に違いがあるというだけのことです。誰もがかかる可能性のある病気だけに、研究テーマとしてはやりがいのあるものでした。

標榜の診療科目を同じ行政区・駅で探す



Access