下馬デンタルクリニック

下馬デンタルクリニック

脇濱 由佳院長
頼れるドクター掲載中

12049 %e4%b8%8b%e9%a6%ac%e3%83%87%e3%83%b3%e3%82%bf%e3%83%ab%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%8b%e3%83%83%e3%82%af

噛み合わせの治療で、体全体のケアにも期待

―マウスピース型の装置を使った噛み合わせの治療を始めたそうですね。

私たちは日中は意識的に上下の顎が噛み合うように動かしていますが、就寝中は無意識に顎が動きます。その動きに干渉する歯や噛み癖などがあると噛み合わせが大きくずれてしまいます。それと連動して顎、首、肩、背骨、腰の位置もずれて、その過程で筋肉が凝って血液が滞り、さまざまな症状が引き起こされることがあるんです。そのため、患者さんお一人お一人に合わせて、オーダーメイドでマウスピースを作製して就寝中にはめていただきます。そのマウスピースで噛み合わせのずれを修正していくことで、顎周りの筋肉を整えたり、顎関節症の改善も期待できるようになったり、さらには原因がはっきりしない体の不調、不定愁訴の改善などに変化がある場合もあります。

―噛み合わせを治療することで得られるメリットは大きいようですね。

そうですね。噛み合わせの改善から呼吸の改善につながり、不眠症の方や、朝の目覚めが悪い方、睡眠不足で日中のパフォーマンスが落ちてしまっている方などにも改善がみられるかもしれません。ほかには、マウスピース型の装置に加えて、お口の周りの筋肉をマッサージしてさしあげることもあります。マッサージによって筋肉の緊張がほぐれお口が開きやすくなることで、顎関節症の方の場合、顎の痛みが軽減するかもしれません。そうやって噛み合わせの不調を改善していくことで、ほかにも、いびきや歯ぎしり、頭痛や肩こりなど、さまざまな体の不調の改善とつながっていけると考えています。

―子どもの口腔育成も始めたとお聞きしました。

現代のお子さんは顎が小さいことで噛み合わせがあまり良くなく、それに伴って体全体の発育が遅れたりと他の部分にも影響が出る可能性があります。そのため、幼児期からのマウスピース型の装置を利用して、口腔内の成長を促すことを行っています。「歯並びが良くない」「ずっと口を開けている」「舌足らずでうまく話せない」といったお子さんはご相談いただければと思います。適用年齢は3歳から10歳ぐらいまで。マウスピースはお好きな色を選んでいただけますので、お子さんも楽しんで取り組んでくれると思いますよ。

自由診療費用の目安 自由診療とは 自由診療とは

マウスピース型装置/7万円~



Access