全国のドクター9,191人の想いを取材
クリニック・病院 160,564件の情報を掲載(2023年2月09日現在)

  1. TOP
  2. 東京都
  3. 世田谷区
  4. 駒沢大学駅
  5. 高野デンタルクリニック
  6. 高野 裕爾 院長

高野 裕爾 院長の独自取材記事

高野デンタルクリニック

(世田谷区/駒沢大学駅)

最終更新日:2022/06/16

11728 top

東急田園都市線・駒沢大学駅近くで20年以上にわたり、根管治療やインプラント治療、審美歯科、矯正歯科に幅広く対応して、多くの患者に信頼されてきた「高野デンタルクリニック」高野裕爾(たかの・ゆうじ)院長。「患者のニーズに応えるためには、オールラウンドに治療できることが必要」と先進の設備を整え、勉強会やセミナーに積極的に参加して知識・技術の向上に努めている。治療にあたっては、患者の不安や疑問、要望を詳しく聞いて患者がどのぐらいのスピードやレベルの治療を求めているか、その「間合い」を読み取り、患者が納得し安心できる治療を心がけるという。「再発や再治療がない、とにかく長持ちする治療をめざしたい」と語る高野院長に、その診療の特徴や歯科医師としての想いを聞いた。

(取材日2022年5月6日)

根管治療や審美歯科など幅広く対応できる環境を整備

まず、開業の経緯や院内のこだわりを教えてください。

20220601 1

近隣の星野歯科に勤務していたのですが、そろそろ独立したいと言ったところ、院長に「近くで開業して担当していた患者さんは責任を持って診るように」と言ってもらい、この場所を見つけたのです。ただ開業準備はとてもハードでした。勤務が終わった後、深夜に打ち合わせですからね。内装業者さんにどんなイメージにしたいかと問われて、ふと業務用冷蔵庫と答えたのです(笑)。だから、ところどころメタリックなんですよ。壁の色なども思いつくままに答えた結果、おもちゃ箱をひっくり返したような雰囲気になりました。かなり派手だったので、数年後に、壁はシックなカラーにリニューアルしました。診療室は、患者さんに落ち着いて診療を受けていただけるように、最初から個室タイプにしていました。

どのようなご相談が多いのでしょうか?

患者さんは、若い世代から高齢の方まで幅広く、それに対して主訴もさまざまですが、悪くなった歯を残したいという根管治療を希望される方が多いですね。若い世代では、口元を気にされて歯列矯正を受けたい、セラミックなどを用いた治療で見た目をきれいにしたいという方も目立ちます。マスク生活の間に、矯正や審美歯科に対する相談は確実に増えました。

こちらは、豊富な機材がそろっているとのことですね。

2

虫歯や歯周病の治療から、根管治療、インプラント治療、矯正まで、保険診療、自由診療に関わらず対応できるよう、知識や設備を用意して患者さんに適した治療が選択できるようにと考えています。特に根管治療を希望される患者さんが多いので、精密で安全な治療ができるように歯科用CTやマイクロスコープ、レーザー機器などをそろえています。歯科医師2人体制ですので、どちらが担当しても精度の高い治療を受けていただけるようにマイクロスコープも2台用意して、うまく使いこなせるように専門的なトレーニングも受けました。

根管治療には、高度な設備が必要なのですね。

そうなんです。根管治療は、虫歯が悪化して歯の根の中にある根管まで進行した場合に、虫歯菌に冒された神経や血管を取り除き、内部をきれいに洗浄して薬剤を詰める治療です。根管はとても細かく複雑な構造になっていますから、歯科用CTで歯根の形や本数を把握して、マイクロスコープで患部を確認しながら治療を行います。さらに最近は、レーザー機器を用いて根管の中を徹底的にきれいにしています。歯を残せるかどうかは、この根管治療がどのぐらいできるかによるのです。根管まで達していない虫歯の場合も、悪いところだけを小さく削れば削るほど歯を守ることができますので、マイクロスコープで確認しながら、精密な治療を行っています。

患者の負担を軽減して、できるだけ歯を残す治療を実践

治療方針を教えてください。

3

何かに力を入れるというよりは、オールマイティーに対応していきたいと考えています。そしてどんな治療でも、患者さんの負担を軽減できるよう、できるだけ削らない、痛みの少ない、抜かない治療の実現に努めています。また患者さんに楽に治療を受けていただくことも重視しています。ただ丁寧な治療は、時間がかかるのが難しいところです。例えば、根管治療より、抜歯してインプラント治療を行うほうが手っ取り早いわけですね。悩ましいところですが、できるだけ歯を残す努力をする歯科があってもいいかなと思っています。

予防歯科にも力を入れているそうですね。

開業から20年以上を経ていますから、メンテナンスに通ってくださる患者さんも多いです。当院には、セミナーのアシスタント講師も務める歯科衛生士が在籍しているんですよ。1時間ぐらいかけて丁寧なクリーニングと徹底的な歯磨き指導を行います。このメンテナンスを受けたいという患者さんが増えています。クリーニングは、歯科治療の基本だと僕は考えていて、お口の中がきれいな方も、まずはクリーニングと歯周病予防、歯磨き指導が必要なんです。しっかりブラッシングできない方にインプラント治療はできないですし、歯茎が炎症を起こしていたら詰め物の治療もできません。ですから、まずクリーニングと指導を受けてもらってから治療を始めています。また、軽度の歯肉炎の方のクリーニングは一回で治療を終えられるよう努めています。

先生の診療方針について聞かせてください。

4

早く治療を終えたい方、時間や費用はかかってもいいから丁寧な治療をしてほしい方など、患者さんの考え方もさまざまです。個々の患者さんが、どれぐらいのスピード感や治療費を想像しながら受診されたのか、という「間合い」を読むことに努めています。患者さんの要望をよくお聞きすることはもちろん、治療中の様子などにも注意して患者さんの気持ちを敏感に把握したいと思っています。そして、当然のことではありますが、保険診療、自由診療に関わらず、きちんとした治療を行うこと。自分が治療したところが悪くなるのが最もつらいので、再発、再治療にならないことを常に祈っています。

間合いを読み取り、患者の要望に応える治療を実践

セミナーなどに積極的に参加して、研鑽を積んでいるそうですね。

5

自分の中では、20年前も10年前も、その時々で100点の治療を行ってきたつもりですが、歯科医療も進化して、マイクロスコープやレーザー機器も登場して、100点のレベルがだんだん上がっているんですよね。ですから、新しい情報や知識を得て、自分の100点のレベルもアップデートして、患者さんに還元できればいいなと考えています。新しいもの好き、というところもありますが(笑)。新型コロナウイルス感染拡大の影響もあり、オンラインセミナーが増えて参加する機会が増えましたね。学ぶ領域は多岐にわたりますが、最近は、マウスピース型装置を用いた矯正についてのセミナーが多いですね。

開業から20年を経て、あらためて思うところを聞かせてください。

一人ひとりの患者さんの「間合い」を読み取るのは、何年診療していても難しいものだなと感じています。特に根管治療は時間がかかりますから、抜歯してインプラント治療をするほうが早いかもしれない。この患者さんの将来を考えると、どちらが良いのだろうと迷うことはありますね。徹底した治療には患者さんの協力も必要ですが、患者さんのほうが先に諦めてしまうこともありますから、その辺りが一番悩むところですね。でも、歯を残したいという想いには、できるだけ応えていきたいと思っています。大切にしているのは治療後の違和感がない治療。歯の寿命を延ばし、歯のクッションである歯根膜がある歯でおいしくご飯が食べられるように。また、根管治療に限らず、先輩の先生方が蓄積されてきたエビデンスを大切にしつつ、無理をせず、どんな治療でも丁寧に、とにかく長く保つ治療を行うということに尽きますね。

読者へのメッセージをお願いします。

6

当院は、歯科クリニックとして「歯を治すこと」「歯を守ること」に努めることはもちろん、患者さんが何を求められているのかを考えながら診療にあたってきました。虫歯治療や根管治療をはじめ、審美歯科や矯正、インプラント治療も「良い状態が長く保つ治療」「再治療しない治療」をご提供したいと考えています。そして、治療後のお口の健康を守るためには、患者さん自身の毎日の歯磨きや歯周病予防、定期検診も大切です。当院には、クリーニングやTCH(歯列接触癖)にも詳しい歯科衛生士も在籍していますから、クリーニングと正しい歯磨き指導を受けて、ご自身のお口の健康を守ってください。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/27万5000円、矯正歯科/55万円~、セラミック治療/10万4500円

※歯科分野の記事に関しては、歯科技工士法に基づき記事の作成・情報提供を行っております。
カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)については、効果・効能に関して個人差があるため、 カスタムメイド矯正装置(マウスピース矯正)を用いた治療を行う場合は、必ず歯科医師の十分な説明を受け同意のもと行うようにお願いいたします。

Access