全国のドクター9,208人の想いを取材
クリニック・病院 160,568件の情報を掲載(2023年2月02日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 伊勢原市
  4. 伊勢原駅
  5. はらだ歯科つきみの診療室
  6. 原田 青陽 院長

原田 青陽 院長の独自取材記事

はらだ歯科つきみの診療室

(伊勢原市/伊勢原駅)

最終更新日:2021/11/10

116193 top

伊勢原市の静かな住宅地にある「はらだ歯科つきみの診療室」は、40年にわたって地域住民の健康を支えてきた歯科クリニックだ。2021年10月に母である前院長・原田優子先生の後を継ぎ、院長に就任した原田青陽先生は、一般歯科診療からインプラント治療まで、あらゆる分野の研鑽を積んできた歯科医師。「予防」や「できるだけ歯を抜かない治療」を診療方針として掲げ、一人ひとりへの丁寧な説明を大切に、日々患者と向き合っている。優しげなまなざしの奥に、歯科医療に対する大きな情熱を秘める原田院長に、クリニックのコンセプトやめざすところを聞いた。

(取材日2021年10月12日)

100歳までしっかり噛んで食事を楽しむために

まずは、こちらのコンセプトを教えてください。

1

「歯のかかりつけ医として、地域の皆さんが100歳までしっかり噛んで食事を楽しめるようサポートする」が当院のコンセプトです。地域のかかりつけ医とは、何かに特化したスペシャリストである必要はなく、どんな悩みに対しても高いレベルで応えられるゼネラリストであるべき、というのが私の考え。ですから、虫歯や歯周病治療といった一般的な歯科診療から、予防歯科、入れ歯、インプラント治療、審美歯科まで広範な診療を提供し、かつ、すべての治療に対してとことん精度にこだわっています。そうした私の姿勢が伝わるのか、スタッフたちもおのずと真摯に取り組んでくれているのはありがたいですね。また、当院には小さなお子さんからご高齢の方まで幅広い年代の患者さんがお越しになり、お悩みの内容もさまざまです。一人ひとりに寄り添いそれぞれのご希望に応えるため、笑顔を第一に話しやすい環境をつくり、対話の時間を多く取るよう努めています。

予防歯科に力を入れていると伺いました。診療では、どのようなことを心がけていますか?

月に1回、歯科でクリーニングをしても、残りの29日の歯磨きをするのは患者さんご自身ですから、毎日の歯磨きの重要性や歯に対する考え方をよく説明してわかっていただくことが大切だと考えています。この地域は穏やかな土地柄で、「なるほど」と納得できたら、その日から正しい歯磨きを実践してくださるような方が多いんですよ。だからこそ、患者さん一人ひとりに納得していただける指導や提案ができるように努めています。当院はもともと予防歯科に重きを置くクリニックですが、今後も一層大事にしたいですね。

こちらの診療における特徴は何でしょう?

2

特徴と言われると難しいのですが、歯科医師の仕事とは、ただ治せばいいというものではないと私は考えています。患者さんは、皆さん一人ひとりが違う問題を持ち、違う悩みを持っているものです。その中で私がすべきことは、私だけが行える特殊な何かではなく、患者さん一人ひとりとよく話し、各々が持つ異なる悩みを聞き出して、望まれる治療をより高い精度で行うこと。常にそのように意識して診療に取り組んでいます。特に好きな治療を挙げるとすれば、白い詰め物の治療ですね。ただ虫歯を治すだけではなく、より美しく、より汚れのたまりにくい形にしていく。これは私が思う、「私の診療における特徴」と言えるかもしれません。

歯や口腔を守る観点から、矯正歯科にも取り組む

高齢の方の入れ歯治療にも精通されているそうですね。

3

歯を失った時には、入れ歯やインプラント治療が必要になります。その時に、入れ歯を入れたら噛めるようになるのは、ある意味当然と考えていて、その先をめざしたいと思っています。噛みやすさや審美性、快適さも追求していきたいのです。例えば、一般的な入れ歯の金属のばね(クラスプ)が嫌だという方には、金属のバネを使わないタイプの入れ歯もありますし、入れ歯を装着した時の上顎の違和感が気持ち悪いという方には、薄い金属を使った入れ歯という選択肢もあります。これは保険の範囲内であっても同じです。材料の問題で、できることとできないことがあるのは事実ですが、同じ保険の入れ歯であっても、より快適に過ごせるものを使っていただけるよう提案しています。

一方、子どもの診療については、どのようなお考えをお持ちですか?

怖い、痛いという思いをさせないことを心がけています。小さい頃に歯医者嫌いになってしまうと、一生嫌いなままで、その人の人生にとってマイナスになってしまうと思うのです。ですから、親御さんだけではなく、お子さん自身ともきちんと向き合って話をして、理解し納得してもらった上で治療を行うことを大切にしています。幸い、私はお子さんに好かれるタイプなんですよ(笑)。ちょっと泣いてしまって時間がかかることはあっても、治療ができないということはまずありません。また、子どもの場合は特に、治療より、虫歯ができないように予防を徹底することが大事ですから、保護者の方と協力してお口の中を守っていきたいと考えています。理想としては、物心がつく前に歯磨きの習慣をつけて、その子にとってお口の中がきれいな状態が自然になるようにするのがベストだと思います。

これから特に力を入れていきたい治療はありますか?

4

基本的には、適切な治療とメンテナンスで歯を守ることをメインテーマとしたいと思っています。子どもと大人の矯正にも力を入れたいと考えており、近いうちにマウスピース型装置を用いた矯正も導入する予定です。矯正は歯並びを整えることも大きな目的ですが、歯周病や虫歯の予防につなげる側面もあります。歯を守っておいしく食べ続けていくためには矯正が必要な場合がありますし、患者さんの将来にも役立つという意味でやりがいのある診療だと思います。また、近年、若い方に顎関節の異常を訴える方が増えていると感じています。ストレスの多い社会の中で、歯ぎしりや食いしばりは生活習慣病のようになっているのかもしれません。歯ぎしり、食いしばりは、歯がすり減ってしまうだけではなく、歯肉にも強い力がかかるので歯周病につながったり、顎に影響して顎関節症になったりするケースもあります。歯科の万病のもとなので注意深く診ていきたいですね。

今から始める予防で、10年後の口腔をより良いものに

印象に残る患者さんとのエピソードはありますか?

5

「虫歯を診てほしい」と来られた方で、他院で治療を受けられた前歯の見え方をとても気にされて、歯を見せない笑い方をされる方がいらっしゃいました。他の歯の治療が終わって、前歯もかなり悪くなっていたので、「自費診療になりますが、白い材料で治されたほうがよいのではないですか?」とご提案したところ、納得されたので治療を行いました。そうすると、治療が進むにつれてだんだんと笑顔が増え、それもニコッと歯が見える明るい笑い方になったのです。歯科治療一つで、人生というと少し大げさですが、その後の生活や生き方が変わることもあるんだなと強く思いましたね。

確かに、生活の質にも大きく関わりますよね。そんな歯科医師の仕事に対して、どんな思いをお持ちですか?

母が診療する姿を見ながら育ち、幼い頃から歯科は何よりも身近な仕事でありましたし、憧れを持っていた仕事です。そんな憧れの仕事に就いた私は、これまで幅広く研鑽を積んで、新しい知見も深め、多種多様なご希望に沿った治療を提供できると自負しておりますので、「歯科診療」という意味ではぜひ任せていただきたいと思っています。ただ、当院の40年間の歴史の中で、患者さんとの信頼関係を築いてきたのは前院長です。前院長と話をするだけで安心される方も少なくないので、長い間地域で診療を続けてきた前院長の存在も大切にしたいと思っています。

最後に読者へのメッセージをお願いします。

6

当院に来てくださった患者さんには、前向きな気持ちで帰っていただきたいと常に思っています。例えば、30代、40代ぐらいになると歯周病が進んできたり、歯を1、2本失ったりということが少なくありません。そういう方に予防歯科の指導をさせていただくと、磨けていない場所がある、歯磨きがおろそかになっているなど、課題が出てくることがあります。患者さんは「もっと早くから予防しておけば良かった」とおっしゃるのですが、いくつからでも、気づいた時から正しい歯磨きやメンテナンスを始めれば、10年後には大きな差がつきます。今から始めて続けていけば、それだけお口の状態は良くなっていくので、「今気がついて、今変わることができたからこそ、10年後に同じ後悔をしなくて済んだのだ」と、ぜひ前向きな気持ちになってもらえるよう寄り添っていきたいですね。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療/33万円~、セラミックインレー/3万3000円~、矯正(成人)/55万円~、矯正(小児)/55万円~、ノンクラスプデンチャー/20万円~、薄い金属を使った入れ歯/27万5000円~

Access