全国のドクター9,007人の想いを取材
クリニック・病院 160,897件の情報を掲載(2021年5月13日現在)

  1. TOP
  2. 神奈川県
  3. 綾瀬市
  4. 長後駅
  5. 足立歯科医院
  6. 足立 雄太 院長

足立 雄太 院長の独自取材記事

足立歯科医院

(綾瀬市/長後駅)

最終更新日:2021/05/12

116106 top 1

「患者さんに歯を磨く目的を尋ねると、曖昧だったり知らなかったりする方が多いのです」と話すのは「足立歯科医院」の足立雄太院長だ。確かに歯を磨く目的と聞かれるととっさに答えられないが、そこを意識することで、健康な歯や歯茎をつくり、維持しやすくなるという。父から30年続いたクリニックを引き継いで6年。前院長とは違う自分なりの診療スタイルで患者に接してきた足立院長に、あらためて診療にかける思いや大切にしていることを聞いた。
(取材日2021年3月22日)

歯磨きをする意味を正しく理解してほしい

こちらに来院される患者さんについて教えてください。

1

若い方からご高齢の方まで幅広い年齢の方にご来院いただいていますが、地域柄ご高齢の方が多いです。歯周病や噛み合わせ、義歯などいろいろな主訴で来院されています。私がこのクリニックを父から引き継いだ当時は、予防歯科の重要性を知っている方はあまり多くありませんでした。しかし、最近では予防歯科を希望されて来院される方、検診を継続している方が増えています。日本の歯科は欧米と比べると治療メインでメンテナンスが少なく、予防歯科にあまり力を入れていないように感じていますが、そこを変えていかなくてはいけません。私はよく患者さんに、「何の目的で歯を磨くのか」と尋ねています。

あらためて聞かれると、とっさに答えられませんね。

皆さん漠然としています(笑)。虫歯にしたくない、口が臭くなってしまうから、何となく……。どれも間違っていませんが、プラークコントロールという言葉があるとおり、虫歯や歯周病はプラーク(歯垢)が原因です。何日か磨き残しがあるとたまるのがプラークで、食べかすとは違います。口の中の菌はプラークを餌に集まってきますから、歯磨きの目的はこのプラークを取ることです。そういう正しい知識や、正しく歯磨きできてない場合は改善する必要があることを患者さんにお伝えしています。これらの知識がありプラークを正しく取る歯磨きができていると、虫歯の発生率が圧倒的に抑えられます、また、歯周病も正しくブラッシングできていれば少ない回数で治療が終わりますが、間違ったブラッシングをしていると回数がかかります。正しくブラッシングできれば治療費も安く済みますから、患者さんにとってはメリットしかないのです。

歯周病のお話が出てきましたが、歯周病で来院される方は多いのでしょうか。

2

多いです。虫歯の治療と歯周病の治療の患者さんが半々ですが、歯周病が重症化してしまっている方がたくさいんます。もう少し早く定期的に来てくれていればと思うと悔しいです。歯周病はそれ単独で悪くなることはあまりなく、噛み合わせ、つまり全体のバランスが関連しています。例えばどこかの歯を欠損した場合、噛み合う反対側の歯がないと残った歯が乱れていき、歯が揺さぶられたり、顎の関節に異常を来したり、ひどくなると片頭痛が起こることもあります。そういった知識を知っていただくことも大切です。

歯周病の治療について教えてください。

まずはきちんと歯磨きができないと歯周病の治療をスタートできないので、最初にクリーニングして正しい歯磨き方法をお伝えし、噛み合わせを見直しつつ歯周病治療をします。歯周病治療では必要に応じて手術を行うこともありますが、手術も当院で受けていただけます。また、歯周組織の再生療法も数多く行っていますので、さまざまな方法でお力になれるよう尽力しています。歯が痛くないけどちょっと揺れるとか動く、硬いものが噛み切れないというのは危険な兆候です。最初のサインは出血や歯茎の腫れ。これらの症状があるようなら、早めに受診することをお勧めします。一番いいのは定期的に検診を受けることです。早期に発見できますから。

治療方法は患者が選択、そのほうが後悔がない

予防歯科の大切さを理解していただくために、どのような工夫をされていますか?

3

予防の大切さを知っていただくことで疾病率を下げたいという思いから、最初に、患者さん皆さんに予防歯科についてお話ししています。視覚的に見たほうがわかりやすいので、アニメーションを使って歯磨きの大切さを説明しています。アニメーションで説明すると理解してくださる方が多いですね。「丁寧に説明してもらえてうれしい」というお声をよくいただいています。患者さんに納得してもらい理解してもらった上で治療するのが効率も良く、患者さんにとっても有益だと考えています。ですから、時間がかかっても患者さんに理解していただくことを重視して診療を行っています。

予防歯科以外の、治療の部分についてはどうでしょうか。

せっかく歯科医院を受診されたのですから、何か得をして帰っていただきたいので、1つでも有益な情報を患者さんに提供できればと考えて接しています。それから、押しつけられるのではなく、ご自身で治療方法を選んでいただくために、複数の治療方法がある場合、それを提示してそれぞれのメリット・デメリットをお伝えしています。専門家として歯科医師に決めてほしいという方もいますが、ご自身で選ばれたほうが後悔せず、納得できるのではないかと思うのです。お一人の診療時間は長くなりますが、満足度は高くなるのではないかと思います。そういう意味もあり、お一人お一人にじっくり接しています。

じっくり対応してもらえるのは、患者からするとありがたくうれしいです。

4

歯科の治療は、自分が何をされているのかが、説明されてもイメージしにくいですよね。例えば根っこの治療と言われても、一般の人は実際に何をしているのかわかりません。これまで十数年診療してきて、そういったイメージしにくい部分で患者さんとすれ違いを起こしたことがあったことから、今何をしていて、どんな状態なんだというのをできるだけわかりやすく、写真やアニメーションを使って説明するようにしています。患者さんもそのほうが安心だと思うのです。そうすると、どうしても時間がかかってしまうので、一人あたりの診察時間を長めにしています。

院内の衛生管理についても教えてください。

口腔街バキュームを設置し、歯の削りカスや細菌、血液などが空気中に飛び散らないように吸引して空気を清潔に保っています。お口に入る治療器具はすべてお一人ずつ滅菌したものをパッキングして使用し、もちろん使い回しはしません。グローブは患者さんお1人ずつ取り換え、タービンも1回使ったらしっかり滅菌していますし、滅菌専用の機械も導入しています。院内感染を防ぐための取り組みはしっかり行っていますので、安心して受診していただけると思います。

歯や歯茎の疑問は専門家へ気軽に聞いてほしい

痛みの軽減に有用な治療機器を導入されたと伺いました。

5

超音波で骨を切る機械を導入し、インプラント治療や抜歯で使用しています。粘膜を傷つけず硬い組織だけを選択して削ることができるため、タービンより歯肉を傷つけるリスクが低く、損傷のリスクも抑えられ、その分、従来の治療より痛みの軽減につなげていけるのがメリットです。これがあれば患者さんも楽に治療を受けていただけるのではないかと思い導入しました。そのほか、5年前にクリニックをリニューアルした際に歯科用CTやデジタルエックス線撮影装置を導入しています。特に歯科用CTは情報量が多く、エックス線撮影ではわからない部分も確認できるため、重宝しています。

今後の展望を教えてください。

この地域の皆さんの歯に対する意識、関心を高めていきいたいです。歯を失うと、普通に噛める、食べられることの大切さに気づき、歯を失ったことを後悔します。予防の大切さをもっと啓発することで、歯を失わずに済むよう、少しでも虫歯、歯周病を減らして口の中の健康を保っていけるようにお力添えできればと思っています。

最後に、読者へのメッセージをお願いします。

6

口の中、歯への正しい知識を持っておくのが一番の予防になります。今はインターネットを使って自分で調べて情報を得ることもできますが、一番良いのは専門家に相談することです。そのためにも積極的に歯科の検診を受けていただきたいですし、かかりつけの歯科医院があるとちょっとしたことも聞きやすいでしょう。仮に何も気になるところがなくても、異常がないかの確認として気軽に歯科医院を受診することをお勧めします。

自由診療費用の目安

自由診療とは

インプラント治療
1次手術 22万円
2次手術、補綴 14万円〜18万円
GBR 5万円〜11万円
ソケットリフト 5万5000円

Access